中国地方で七五三参りにお勧めの神社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

 

七五三 で参拝する 神社 は、もう決めましたか?

目に見えないものが基準の場合、どのようにして決めれば良いのかよくわかりませんよね。

そこで今回はそんな悩みを解決すべく、由緒・歴史ある神社をご紹介したいと思います。

中国地方(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)各県1社ずつご紹介していますので、皆さんの神社選びの参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

中国地方(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)で七五三参りにお勧めの神社

鳥取県…宇部神社(うべじんじゃ)

創建は648年と伝えられており、延喜式(えんぎしき・平安時代にまとめられたもの)によれば、鳥取県唯一の明神大社とされていて、因幡の国の一ノ宮としても多くの方からの信仰をえている神社です。

こちらの神社と御祭神の武内宿彌命(たけのうちのすくねのみこと)は、明治時代の五円紙幣に載せられていました。

また武内宿彌命は360年という長い生涯を日本の国造りに貢献されたと言われています。

そのため商売繁盛や長寿、また幼少の頃の応神天皇(八幡神様)をお育てになったことからも子どもの神様とされています。

住所…鳥取県鳥取市国府町宮下651

アクセス…鳥取駅から路線バス 宮ノ下バス停下車

初穂料…お気持ちでお納めください

祈祷受付時間…9時~16時(予約不要)

駐車場完備

島根県…佐太神社(さだじんじゃ)

宍道湖に流れる佐陀川近くに佐太神社はあります。

出雲国三大社の一つとされ「佐太大社」とも呼ばれています。

御祭神の佐太大神は猿田彦大神(さるたひこおおかみ)で、出雲国で一番尊いとされている四大神の一柱です。

猿田彦大神は天孫降臨の際、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の道開き(道案内)をしたと伝えられており、その為開運や繁栄の神様として信仰されています。

また、無事に瓊瓊杵尊の道案内をしたことから先導を務める神様でもあります。

その御利益にあやかって、今後の人生を良い方向に導いてくださるようにと御祈願する方も多いそうです。

住所…島根県松江市鹿島町佐太宮内73

アクセス…JR松江駅からバス 佐太神社前バス停下車 徒歩すぐ

初穂料…5,000円~

祈祷受付時間…9時~17時(要予約)

駐車場完備

岡山県…吉備津神社(きびつじんじゃ)

昔話の桃太郎は誰もが知っているお話です。その桃太郎のモデルになったと言われている大吉備津彦命が、こちらの神社の主祭神です。

大吉備津彦命が退治したのは鬼はではなく、温羅(うら)という百済の御子で空を飛んでやってきた者で、その容姿はまるで鬼のようで数々の悪事をはたらきました。

そこで武勇に優れていた大吉備津彦命に命がくだり、温羅は退治されたということです。

吉備津神社周辺にはその戦いの遺跡といわれている物がたくさん現存しています。

桃太郎のような立派な神様に、お子様のこれからの成長を祈願してみてはいかがでしょう。

住所…岡山県岡山市北区吉備津931

アクセス…桃太郎線吉備津駅下車 徒歩約10分

初穂料…3,000円~

祈祷受付時間…平日8時30分~16時30分/祝日8時~17時

駐車場完備

広島県…広島東照宮(ひろしまとうしょうぐう)

東照宮というと日光東照宮が有名ですが、広島にもあります。

お祀りされているのはもちろん徳川家康公です。

広島に東照宮を建立したのは、家康公の孫・浅野光晟(あさのみつあきら)公です。

当時の広島藩主で浅野家第四代当主でした。家康公の御遺徳を敬慕し、城下町の平和を願い神霊をお祀りしたのが始まりです。

家康公の御遺徳は、人生がどんなに困難でもそれに負けず時期を待つという、その人生の実体験から生まれた言葉で処世の秘訣とも言われています。

辛抱強く耐え、どんな困難にも立ち向かった家康公の御利益にあやかりたいですね。

住所…広島県広島市東区二葉の里2-1-18

アクセス…JR広島駅下車 新幹線口から徒歩約8分

     東照宮入口バス停下車 徒歩約5分

初穂料…5,000円~

祈祷受付時間…9時~16時15分(七五三の時季は予約不要、日程は神社にお問合せください。)

駐車場完備

山口県…山口大神宮(やまぐちだいじんぐう)

山口大神宮は「西のお伊勢さま」と呼ばれています。

それは現代と違い伊勢神宮までとても行ける距離ではなかった西の地方の方々が参拝する神社として、1520年に伊勢神宮の御分霊を勧請したためです。

明治時代になるまで伊勢神宮からの直接の御分霊は、この山口大神宮だけでした。江戸時代はお伊勢様の信仰がとても盛んな時代でしたので、たくさんの人が参拝しにきたと言われています。

御祭神の天照大御神(あまてらすのおおみかみ)は、開運や招福の御利益があると言われていますので、七五三の参拝にはぴったりの神様ではないでしょうか。

住所…山口県山口市滝町4-4

アクセス…JR山口駅下車 徒歩約25分

     新山口駅からバス 県庁前バス停下車 徒歩約5分

初穂料…不明

祈祷受付時間…9時~16時30分(要予約)

駐車場…不明

最後にまとめ

七五三の参拝にお勧めする中国地方の神社をまとめてご紹介しました。

今回は各県1社ずつに激選したので、ご紹介できなかった神社もたくさんあります。

歴史や由緒がある神社に絞ってみましたが、もちろん近所に氏子の神社や産土神社があるのでしたら、そちらでも大丈夫です。

でも、お子さんの大切な行事ですから、大きな神社でご祈祷していただくのも良いものですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存