七夕のロマンチックではない話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

彦星と織姫が年に一度会うことを許された日が、七月七日の「七夕」と言われています。

ですが、実はこの彦星と織姫の話は日本の物ではないということを知っていますか?

また、日本だけの行事と思われがちですが、実は世界各国に七夕はあるのです。

そこで、今回は実は ロマンチック ではない七夕のお話や風習についてご紹介しましょう。


スポンサーリンク

七夕のロマンチックではない話

彦星と織姫の話はどんな話?

子どもの頃によく聞かされていた七夕の話は、「彦星と織姫」の話だと思います。簡単におさらいしましょう。

『昔々、天の川の東に織物をとても上手に折る織女がいました。

織女は毎日真面目に織物を織りますが、その様子を不憫に思った父・天帝は婿探しを始めます。

白羽の矢が立ったのは、天の川の西にいる牛飼いの青年・牽牛でした。身分の差がありましたが、天帝は牽牛に自分の娘と結婚してくれるよう頼みます。

そして二人は結婚することになりました。ところが、それまで真面目に働いていた二人でしたが結婚してからというもの、毎日のように天の川のほとりで過ごしてばかりで、全く働きません。

天帝に注意をされても、二人は聞く耳をもちません。その様子に激怒した天帝は二人を引き離します。

しかし、あまりにも落ち込む二人を見て「以前と同じように働くのであれば、年に一度会うのを許そう」と言いました。』

そう、その年に一度会うのを許されたのが七月七日の七夕というわけです。

川の反対側に住む恋人同士の話かと思いきや、実は夫婦の話だったのです。

ましてや、結婚後働かなくなり、天帝に「いつ働くのか?」と注意されても働かないなんて、怒られて当然ですね。

会えるのは年にたった一度の恋人同士の悲恋でロマンチックな話しではなく、結婚後遊んでばかりで揃って怠けてしまい、しまいには親に怒られた夫婦の話というわけです。

七夕のロマンチックさは微塵もありませんね。


彦星と織姫はどこの国の話?

では、このお話。

どこの国の話でしょう。

小さい頃によく聞いていたので「日本」と答える方が多いかと思いますが、実はこれ「中国」に伝わるお話なのです。

現代の日本の七夕は五節句の一つで、ひな祭りや端午の節句と同じく日本古来の風習の要素と、中国から伝わった風習が合わさり、それが日本独自の「七夕」として根付いたものです。


 日本の七夕の話「天稚彦物語」

日本に昔から伝わる「七夕伝説」は、このようなお話です。

『昔々、とある長者に3人の娘がいました。ある日、大蛇が突然現れて「娘を俺によこせ。そうじゃないと、家族全員殺してやる。」と言います。

困り果てた長者は娘たちに話をしましたが、上二人は拒否をします。

長者が一番かわいがっていた末の娘が「両親を殺させるなんて出来ません。」と、大蛇の元へ向かいます。

池の端に小屋を建て、そこで待っていると大蛇が現れました。

怖がる末娘に大蛇は話しかけます。

「怖がらないで良い。刀を持っていたら、私の頭を切り付けなさい。」末娘が言われた通りにすると、中からは立派な若者が出てきました。

若者は「私は天稚彦(あめのわかひこ)」と名乗りました。

末娘は天稚彦と結婚し幸せに暮らします。

ある日天稚彦は「用事があるので天へ行く。

もし私が三週間経っても帰ってこなかったら、西の京の外れに住んでいる女性から一夜瓢(いちやひさご)を貰って天に来なさい。」と言い、天へ昇って行きました。

その時に天稚彦が末娘に「絶対に開けてはいけない。」と手渡した唐びつが残されましたが、幸せに暮らしている末の妹を妬んだ姉二人がその箱を開けてしまいます。

しかし、中から出てきたのは白い煙だけで中は空っぽでした。

三週間が経ちましたが天稚彦は帰ってきません。末娘は言われた通り、西の京に行き女性から一夜瓢を貰い、天へと向かいます。

苦難を乗り越え再会を果たした二人は、以前にも増して絆を深め増した。

しかし天稚彦の父親は鬼で、二人の結婚を許していなかったのです。

天稚彦は父が部屋に来る度に、末娘の姿を枕やひじ掛け、扇などに変え父に気付かれないようにしていました。

ある日、昼寝をしているところへやってきた父親に、末娘の存在がばれてしまいます。父親は怒り、無理難題を娘に出しました。

その難しさに末娘は泣き崩れましたが、天稚彦がそっと袖を与えます。

末娘はそれを使うと、どんな難題も簡単にこなしてしまうのでした。

父親は二人の結婚を許し、「月に一度なら会っても良い。」と言います。

しかし、末娘は聞き間違い「年に一度」と思い込んでしまいました。

父親は手に持っていた瓜を投げると、そこから水が大量に溢れ「天の川」になりました。それ以降、天稚彦と末娘は年に一度七月七日だけ会えるのです。』

日本に古くから伝わる七夕伝説、いかがでしたか?

こちらもやはり二人の関係は夫婦ですし、年に一度だけ会えるというのは中国から伝わったものと共通しています。

しかし、年に一度しか会えない理由や結婚に関連する内容などは大きく違いがありますね。

またお話に出てくる「一夜瓢(いちやひさご)」ですが、これは分かりやすく言うと「ジャックと豆の木」に出てくる「豆の木」と同じような物です。

瓢(ひさご)とはひょうたんのことですが、実は「実」ではなく「植物本体=つる」のことをさしています。

つまり「一夜瓢」とは「一晩で天まで伸びる瓜のつる」という意味です。

また「ひさご」を「ひさぐ」と読み、天まで伸びるのは「柄杓(ひしゃく)」とする伝え本もあります。

因みに、天稚彦は神話に出てくる神様の名前で、海竜王の息子とも言われています。


棚機津女の伝説

では、中国から今の七夕伝説となる話が伝わる前はどのような風習があったのでしょう。

「棚機械津女(たなばたつめ)」という行事が古来の日本ではありました。

これは、お盆を迎える前に行っていた禊ぎ(みそぎ)の日に行われていたといわれています。

選ばれた女性が旧暦7月6日~7日に神様を祀るため水辺の機屋(はたや)に籠るというものです。

その選ばれた女性が「棚機津女」と呼ばれていたのです。

棚機津女は機屋の中で、7月6日の夜(=神様が訪れる日)に、神様に捧げる布を織り棚に置きます。

そして、神様が返った翌日の夕方に機屋から出て、笹竹、お供え物を海や川に流し、罪や穢れを祓う「七夕送り」という禊ぎを行っていたのです。

水辺に機屋を建てたのは、禊ぎを水辺で行う必要があった為です。

禊ぎを水辺で行うことで、災難との関わりを断ってくれると信じられていたからです。

また棚機津女はその後、神様に奉仕し、神様の妻となる巫女のことをさします。

その為、棚機津女も神様として祀られるのです。


「七夕」の風習

七夕の始まりは古墳時代にまで遡ります。

実は大陸(=中国)から伝わった彦星と織姫の話は、その頃渡来人によって日本に伝わったと言われているのです。

しかしその頃は「七夕」とは言いません。

「なぬかのよ」という祭でした。

宴を開催し、格闘技も一緒に行われていたと伝えられていますが、これが七夕の始まりです。

その後「七夕(たなばた)」という呼び方になったのは平安時代、笹に飾り付けをするようになったのは江戸時代のことでした。

短冊に願い事を書いて下げていたのではなく、詩歌や帳面、筆、算盤(そろばん)、硯(すずり)などを下げ、上達を祈願したそうです。もちろん、算盤や硯などは本物では笹が折れてしまうので、張り子を飾っていたそうです。

童謡のたなばたに「五色の短冊」という歌詞が出てきますが、これは五色の色紙に詩歌を書いて供えたと言われているもので、字の上達を込め七夕の夜に願うことだったのです。

また、和暦で七月のことを「文月(ふづき・ふみづき)」と言いますが、これは七夕の行事に詩歌をお供えすることから、そう呼ぶようになったという説があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存