出産後に困った出産前に準備しておけば良かったもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中に雑誌やインターネット、パンフレットなどでみなさん色々と 準備 されることでしょう。

主なものは赤ちゃんのものが多いですが、意外と自分のものも用意が増えます。

出産 後でも買いに行けるし大丈夫と思って忘れているものはありませんか。

産後は赤ちゃんのお世話や自分の体調などで思うように動けないことも多いです。

万全に準備していたつもりでも、出産後に困ったことになっては大変です。

そんなことにならないよう出産前に準備しておけば良かったものをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

出産後に困った 出産前に準備しておけば良かったもの

円座クッション

円座クッション、あるいはドーナツクッションと呼ばれるとおり、丸い穴があいたドーナツのようなクッションです。

病院に準備している場合もあって大丈夫だと思いきや、他の人が使っていてないと言われて大ショック。

病院に置いてあるのも数量限定です。

そんなに置いてないので、ないと思って持参したほうが良いです。

なぜ必要かというと、帝王切開ではなく、普通分娩をされた方は会陰切開をした場合はなおさら、おしもが痛くて座るのも大変だからです。

このクッションを使うと、座るのがとても楽になります。

出産後すぐに必要なため、自分で買いにいくこともできないので、出産前に準備しておくことをお勧めします。

お勧めの記事↓↓↓↓

【ママ達の体験談】出産後の準備で困った新生児のための用意


授乳クッション

赤ちゃんにおっぱいやミルクを飲ませる時にもあると楽で、赤ちゃんのお昼寝のときにも使えるクッションです。

こちらも病院にあるときもありますがない場合もあります。

ないと、とにかく授乳がしにくいです。

枕でも代用できないこともないですが難しいです。

授乳クッションはいろいろ種類がありますが、私の経験からは高さがあってしっかりとクッション性があるものが良いです。

安いものをと思いがちですが安いものはすぐにクッションがへたってしまったり高さが出なくて授乳しにくかったりします。

私が使って良かったものはトコちゃんベルト(骨盤ベルト)で有名な、青葉の「べビはぐ授乳クッション」です。

インターネットで検索すると色んなところで買えるようなので一度見てみてください。


骨盤ベルト

出産後、骨盤がゆるむので姿勢や歩行が安定しにくくなります。

出産後のがたがた骨盤やたるんだお腹を引き締めるために、骨盤ベルトの使用をお勧めします。

私は犬印のものを使用していましたが、他にもピジョンやトコちゃんベルトなど色々なメーカーから出ているので、出産前に使いやすいと思うものを購入しましょう。

これも、出産後すぐ使用するほうが効果的なので、出産後に買っていては間に合いません。


粉ミルク

母乳だけでいけるお母さんは要らないかもしれませんが、混合や粉ミルク育児をされるお母さんにはないと困るものです。

出産後、私は必要で主人に買いに行ってもらったのですが、大缶ではなく小缶を買ってきました。

小缶だと割高なのです。

それをいくつも買って来て泣きそうになりました。

やはり粉ミルクは自分で選んで自分で買っておきたかったと
思ったものです。

混合(母乳と粉ミルクの混合)かミルク育児と決めているお母さんはぜひ出産前に購入されておくことをお勧めします。


哺乳瓶と哺乳瓶消毒ケース

出産後、入院中は哺乳瓶も貸してもらえるし消毒もしてくれるので必要ないものですが退院後はすぐに必要になってきます。

母乳育児の方も、母乳をストックしていてそれをあげる時には使うでしょう。

哺乳瓶の消毒方法はミルトンなどの洗浄液につける方法と煮沸消毒電子レンジで消毒できるケースなどがありますが私には消毒ケースのほうが便利でした。

出産後すぐに必要になるためゆっくり買いにいけるものではないのであわてないよう出産前に準備しておきましょう。


生理ナプキン

産後すぐに使う産褥パッドやナプキンのいくつかは病院から支給されましたが産後しばらくは出血が続きます。

そのため、生理ナプキンは昼用夜用含めて多めに用意しておかないと大変でした。

病院から支給された分では到底足りなかったです。

自分が使い慣れているものこれというものがあると思うので出産後困ったことにならないよう多めに準備しておきましょう。


自分の着替えの準備~特に予備を~

出産後、産褥ショーツ3枚、授乳ブラ3枚、前開きのパジャマ3枚は必要でした。

2枚あれば良いかなと思っていたのですが自分が必要と思う数の1つ多めを用意していて正解でした。

入院中に赤ちゃんが吐き戻したり自分の血がついたりして結構汚れるし洗濯も毎日できないので間に合わないです。

あと追加ですが忘れがちなのがスリッパです。

私の場合、病院の中はあたたかいので靴下は案外必要がなくはだしにサンダルでぶらぶらしていることが多かったです。

シャワー許可が出たらシャワーも浴びられるのでそういう時ために濡れても安心なサンダルが良いです。


抱っこひも&ベビーカー

退院時と1ヵ月検診までに必要でなければ出産前に買う必要はないですがそうでなければ購入したほうが良いです。

産後1ヵ月は赤ちゃんと一緒にほぼベッドやお布団での生活です。


最後に

お母さん自身も体を休めなければならないので買いに行く余裕も時間もありません。

抱っこひもは、新生児対応のパッドが付いたものもありますしベビーカーも新生児から使えるものがありますので妊娠中の落ち着いた時期にゆっくり探してみるのがお勧めです。

以上、出産後すぐに買うとなると大変なものをご紹介しました。

出産後は忙しくなるのでそれまでに体調の落ち着いている時期にゆっくり準備の時間をかけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存