白湯にはデトックス効果がある!?白湯の効能を知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

白湯にはデトックス効果がある!?白湯の効能を知ろう!

sayu-kounou

白湯 を普段飲むことはありますか?

ただのお湯でしょ?と思ってる方も多いと思いますが、白湯っていろんな 効能 があるのをご存知ですか?

芸能人やモデルさんの間でも、白湯の効能に注目が集まっています。

今回は、「白湯」の効能と作り方をご紹介します♪


白湯ってどんなもの?

白湯は、普通のお湯のことです。

沸騰したお湯を冷ましたものを指します。

いったん沸騰することにより、カルキなどの不純物がとんで口当たりが柔らかくなります。

インド古来の伝承医学「アーユルヴェーダ」では、白湯は内臓の機能を高めたり、血液循環を高めるものと考えられています。


白湯の効能

白湯の効能をいくつか挙げてみましょう。

冷え性の改善

冷え性の方は、血行が悪いことが主な原因です。

そのせいで内臓が上手く機能せず、熱を作りだすことが出来なくなります。

水の代わりに白湯を飲むことで内側から身体を温め、代謝を上げます。

代謝が上がることで、内臓機能を活発化させ、熱を作りだします。

デトックス効果

内臓機能が活発になることにより血液循環もよくなると、不要な老廃物を排出する機能も高まります。

滞っていた血液やリンパ液が身体中を巡り、溜まっていた毒素を排出!

毒素が排出されることでお肌のターンオーバーも促進されて、美肌効果も期待できます♪

ダイエット効果

身体が1度上がると基礎代謝が10~15%上がります。

基礎代謝が高い人と低い人では、同じカロリーを摂取しても消費量が違います。

基礎代謝が高い人ほど消費カロリーは増え、ダイエットに繋がります。

「白湯ダイエット」は手軽に生活に取り入れられるため、女性の間で注目を集めています。

便秘の改善

白湯を飲むことで、胃腸が温められて消化機能が高まり、腸の動きも活発になります。

腸を刺激することでぜん動運動を促し、便通を良くしてくれます。


白湯の作り方

やかんに水を入れ、10分以上沸騰させます。

10分以上沸騰させることによって、不純物を取り除くことができます。

火を止めてお湯の温度が50~60度になるまで冷まします。

お手軽に作る方法として、電子レンジを活用される方も。

短時間に少量作りたい時には便利ですね♪


白湯はどれぐらい飲めばいい?

1日3~4杯…700~800mlが目安です。

あまり飲み過ぎると胃液が薄まって消化機能が落ちたり、むくみやすくなったりすることも。

飲むタイミングでおすすめなのは、起床時。

人は寝ている時にもコップ1杯分の汗をかきます。

乾いた身体に水分補給として白湯を1杯ゆっくりと飲みましょう。

水と違って白湯は、身体を内側から温めて代謝を促します。

また、消化器官を刺激することで便秘解消・肌荒れの改善などの効果も発揮します。

また寝る前に飲むことで、副交感神経が優位になり、リラックスすることができます。

そのため、質の良い眠りが期待できます。


白湯のアレンジで効果UP♪

bikini

白湯そのままだと飲みにくく感じる方や、白湯の効能をさらにUPさせたい方は白湯をアレンジしてみましょう♪

白湯+はちみつ

白湯に甘みをプラスすることによって、飲みやすくなります。

はちみつの主成分「ブドウ糖」は素早くエネルギーを循環させる働きがあるので、目覚めを良くしてくれます。

また、はちみつには美容効果もたくさん!

ビタミンB2、B6やビタミンC、酵素やアミノ酸など美肌作りに欠かせない栄養素が多く含まれています。

保湿効果やピーリング効果もあり、古い角質を落として、つるつるのお肌をもちもちにしてくれます♪

白湯+しょうが

しょうがは身体を温める効果があります。

白湯と一緒に摂取することで、代謝効果をさらにUP!

脂肪を燃やして冷え性改善やダイエット効果が期待できます♪

いかかでしたか?

白湯っていろんな効能があってびっくりした方もいるのでは?

手軽に作れるので試しやすいのもいいですね♪

生活にぜひ白湯を取り入れて、白湯の持つ効能を体感してみてください。


まとめ

白湯にはデトックス効果がある!?白湯の効能を知ろう!
白湯ってどんなもの?
白湯の効能
白湯の作り方
白湯はどれぐらい飲めばいい?
白湯のアレンジで効果UP♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存