知っていた!?おせち料理の食材の意味と作り方!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

知っていた!?おせち料理の食材の意味と作り方!!

oseti

毎年お正月を迎えるときには、おせち料理 を何となく用意していませんか?

伊達巻、黒豆、かまぼこ、海老、昆布巻きなどあり、色合いもとても鮮やかですよね。

これらの食材には、無病息災・子孫繁栄・五穀豊穣などの人々の願いが込められているのです。

今回は、それぞれの食材の意味と、簡単な作り方をいくつかお教えしたいと思います。


おせち料理は何で重箱に入れるの?

そもそも、おせち料理はお重に入れるのが一般的ですが、これは「おめでたい事が積み重なりますように」という、願いが込められています。

その為、当然重箱に詰められる食材一つ一つにも、人々の願いが込められているのです。

重箱の段数は地域にもよりますが、重箱は五段か三段が主流です。四は死を連想させるので、昔から忌み嫌われている為、使いません。

最近主流となってきている三段の重箱を例にし、どの段にどのような食材を入れるのが良いのか、まとめてみました。

一の重…祝肴、口取り

二の重…酢の物、焼き物

三の重…煮物

一般的にはこのようになっていますが、こちらも昔からの風習や地域性があります。

では、それぞれの詳細を見ていきましょう。



一の重

主に祝肴(田作り、黒豆、数の子、たたき牛蒡)、口取り(伊達巻、栗きんとん、かまぼこ)などを入れます。

祝肴

祝肴とは、お祝い膳で出される酒の肴のことを言います。関西では「数の子、黒豆、たたき牛蒡」関東では「数の子、黒豆、田作り」が主流です。

数の子

ニシンの卵です。ニシンは、卵を多く産むので「子宝」や「子孫繁栄」を願う縁起物なのです。

黒豆

道教では、魔除けの色として使われている黒色です。その為、邪気を払ってくれるとして「無病息災」を願う為の食材なのです。

《作り方》
  1.      鍋に水6カップ、砂糖1と1/2カップ、醤油大さじ1、重曹小さじ1と1/2、塩小さじ1、ガーゼに包んだ釘を5本、入れる。火にかけ煮汁を作って冷ます。
  2.      1の煮汁に洗った黒豆を入れ、一晩置く。その後、そのまま火にかけて、沸騰したら弱火にする。
  3.      アクを取りながら5時間ぐらい煮て、出来上がり。

田作り

昔は田植えの肥料に、乾燥したいわしを使っていたのですが、いわしを使う田んぼが豊作だったという話から「豊作」を祈る食べ物となりました。

《作り方》
  1.      ごまめ50gをフライパンで炒る。ポキっと折れるようになったら、取り出す。
  2.      フライパンをさっと拭き、しょうゆ大さじ4、砂糖大さじ3、みりん大さじ1を入れ煮詰める。
  3.      1のごまめを戻し入れ、からめて出来上がり。

たたき牛蒡

牛蒡は、畑で地中深くまで根を張る野菜です。その為「家(家族や家業などの意味)が、その土地にしっかりと根を張る」という願いが込められているのです。

また、たたき牛蒡は別名「開きごぼう」とも呼ばれているのですが、「運が開く」という意味も込められています。

《作り方》
  1.      牛蒡は皮をこそげ、あく抜きをしてから、熱湯に入れて柔らかくなるまで茹でる。
  2.      すりこぎで軽く叩いて5cm幅に切り、更に縦6等分にする。
  3.      すり鉢に白胡麻大さじ4を入れすり、更に酢大さじ1と1/2、うす口醤油小さじ1、砂糖小さじ2/3を入れて混ぜ、1の牛蒡を和えたら出来上がり。

口取り

伊達巻

伊達巻の渦巻き状の形状が、巻物に似ているので「文化の発展」や「学問や習い事の成就」の願いが込められています。

《作り方》
  1. 段ボールにアルミホイルを巻き、蓋を作る。
  2. はんぺん1/4枚を、フードプロセッサー、もしくはザルで裏ごしをする。塩1g、砂糖大さじ4を加えて混ぜる。
  3. 溶いた卵を少しずつ入れて、更に混ぜる。
  4. 熱した卵焼きフライパンに油を薄くしき、2の卵液を流し込む。1の蓋をして、極弱火で10分間焼き、火を止めてそのまま5分余熱で蒸らす。
  5. 表面が固まったら、油を塗った蓋をかぶせ、卵焼きフライパンごとひっくり返して、取り出す。
  6. 蓋の上を滑らせるようにして、裏返した状態でフライパンに戻して、4分焼く。
  7. あついうちに巻きすでゆるめに巻き、形がついたらしっかりと巻く。
  8. 輪ゴムでとめて、粗熱が取れるまで置いておく。冷めたら、好みの幅で切り分けて出来上がり。

栗金団

「金団」は、その字の如く「金の団子」という意味ですが、これは金銀財宝に繋がるということから「金運」を呼ぶ縁起物の食べ物なのです。

かまぼこ

赤は魔除け、白は清浄や神聖を表していると言われています。




二の重

主に酢の物や焼き物をいれますが、一の重に入りきれなかった物や三の重の煮物を入れても、大丈夫です。

酢の物

紅白なます

細く切った大根と人参を、縁起が良いと言われている紅白の水引を表していると言われていて「平和」を願う縁起物とされています。

《作り方》
  1.      大根400g、人参50gの皮を剥き、5cmの長さで千切りにする。
  2.      1の大根と人参に塩をまぶし、しんなりしたら水気を切る。
  3.      水1/3カップ、酢1/2カップ、砂糖大さじ2を合わせ、2を入れ絡め出来上がり。

菊花かぶ

かぶは冬が旬です。旬を迎えたかぶを、菊の花に飾り切りをして、紅白の酢に漬け込んだ物をいいます。こちらは「長寿」を願う縁起物として、食べられています。

焼き物

海老

腰が曲がるまで長生きできるようにと、長寿を願う食材です。

「おめでたい(鯛)」の語呂合わせで、縁起が良いと言われています。

ぶり

ぶりは、稚魚から成魚になるまで、成長段階によって名前が変わる出世魚で知られています。その為「出世」を願う食材とされています。


三の重

主に煮物を入れます。

昆布巻き

「昆布(こぶ)」を「子生(こぶ)」と字をあて「子孫繁栄」を祈願する食材です。

また、他にも昆布は「養老昆布」で「よろこぶ」とし、「不老長寿」を願う縁起物としても扱われます。

お煮しめ

一つの鍋でたくさんの野菜や鶏肉などを煮ることから「家族が仲良く過ごせる」という意味合いも含まれています。

お煮しめの材料として主に使われる食材の意味はこちらです。

にんじん…梅の花に飾り切りをします。梅の花は、咲けば必ず実を結ぶので縁起物とされているのです。

れんこん…穴が開いているので「将来を見通す」となり、縁起物とされています。

たけのこ…子どもが「健康に育つように」、また真っ直ぐ天に向かって伸びることから「立身出世」を祈願したなど、諸説あります。

さといも…親芋から子芋、孫芋と増えていく野菜なので「子孫繁栄」を祈願する食材です。

ごぼう…「細長く、また、慎ましく生きる」ことを願う縁起物です。

干し椎茸…亀甲に見立て、六角形に切ります。亀甲は長寿を願う縁起物。

昆布…「喜ぶ(よろこぶ)」の語呂合わせで、めでたい食材です。

おせち料理は、その全てに人々の願いが込められた特別な物です。お正月に家族揃って、美味しくいただきたいですね。


まとめ

知っていた!?おせち料理の食材の意味と作り方!!
おせち料理は何で重箱に入れるの?
一の重
二の重
三の重

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存