お食い初めの豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お食い初めの豆知識

okuizome

お子さんが生まれて100日頃に行う儀式、お食い初め。

今日はお食い初めのあれこれを見ていきたいと思います。


お食い初めとは

お食い初めとはお子さんが生まれて100日目(地域によっては110日目、120日目)に行う儀式です。

どうしてお食い初めをするのかと言うと『一生涯食べるものに困らないように。』と祈願するためだと言われています。

この儀式は平安時代から行われてきたそうです。

他にも様々な呼び方があり『食べ初め』、『真魚初め(まなはじめ)』『歯がため』、祝う時期が100日前後であることから『百日の祝い(ももかのいわい)』、箸を初めて使うので『箸初め』『箸揃え』とも言われます。


祝い膳

伝統的な祝い膳は『一汁三菜』の祝い膳をお膳に盛って用意します。

鯛などの尾頭つきの魚。

お赤飯。

焚き物。

香の物。

吸う力が強くなるようにとの願いからお吸い物。

他には紅白餅。

歯が強く丈夫になるように「歯固め石」を用意するところもあります。

歯固め石は地元の神社の境内で拾った小石を使用し儀式が終わったら神社に返納します。

石の代わりに栗の実を供する地域もあります。

この歯固め石は関西地方では同じ意味でタコを供して儀式を行うそうです。


儀式のやり方

お食い初めの儀式は大抵両親と祖父母などで行われることが多いでしょう。

もちろん両親とお子さんだけでも大丈夫です。

祝い膳は新しい食器に盛って用意した方が良いでしょう。

昔は男の子なら朱塗りの膳、女の子なら外側が黒色で内側が朱塗りの膳を用意していましたが現在はあまりこだわる必要はなく長く使える食器を用意することが多いようです。

お膳は母方の実家から送られることが一般的でしたが現在は出産祝いなどでベビー食器をいただくこともあるのでそれらを利用する方が増えています。

祝い膳を前に出席者の中で一番年上の、男の子なら男性の左ひざに、女の子なら女性の右ひざに座らせてその大人が箸を持って儀式を進めます。

祝い膳の食べさせ方(実際には食べさせる真似をするだけ)はご飯、汁物、魚、ご飯…の順番で口元に食べ物を運んであげます。

この時少しでも口にすると縁起がよいとの事でお米一粒でもいいのでお子さんの口に入れてあげましょう。

その後歯固めの儀式として歯固め石に箸先をチョンとつけ、その箸をお子さんの歯茎にそっとつけるしぐさをします。

これはその子の歯が石のように丈夫で頑丈なものになりますように。との意味があります。

またお食い初めの日には「色直し式」を行うところもあります。

これは今まで白い産着を身につけていたお子さんに色のついた衣類を着せる風習で、地域によっては実家から着物が贈られるところもあるようです。

儀式としてはこれで終わりですがせっかくのご馳走とお祝いで家族や親戚がそろう機会ですのでご馳走と一緒に写真に残しておくことをお薦めします。


お食い初めの準備など

昔は結婚すると旦那さんの実家に入ったりして同居が多かったですが現在は核家族化が進んで1世帯だけで暮らしていることが多いでしょう。

祖父母と同居の場合祝い膳の準備などは祖父母や親戚などがやってくれて賑やかに豪華にお食い初めの儀式をする事が可能だったと思います。

ですが核家族の状態ではお子さんの面倒を見ながら大人数の祝い膳を準備するのも大変なことと思います。

なれない祝い膳に来客にお母さんが疲れてしまってはいけないですね。

そこで今はケータリングサービスがあったり、仕出し屋さんに配達をお願いする。

また、インターネット通販では銀座割烹からお届け【正直屋の宅配お食い初め】
のような温めるだけで立派な御膳になる商品が売られていたりします。

もちろん近くのお店に予約してお願いするのも良いと思います。外食なら片付けの心配も必要ないですね。


お食い初めをお祝いする場合

一般的にお食い初めは家族と祖父母で行う場合が多いですがこの時期を一緒にお祝いしてあげたい。と思うようでしたら贈り物をすると良いかもしれません。

ベビー食器やベビー服などは出産祝いと被って余ってしまう可能性も考えられますのでこの時期はおむつやおしりふきなどの消耗品かおもちゃや絵本などが喜ばれるでしょう。

現金を包む場合紅白の蝶結びの熨斗袋に、表書きは「祝御食初」「御初御膳祝」とし現金を包む場合の目安は5000円から10000円くらいです。


お祝いをもらった場合のお返しは?

お食い初めのお祝いでいただいたものには基本的にはお返しは必要ありません。

儀式の前にお祝いをいただいた場合は儀式に招待して一緒に祝っていただくと良いかもしれません。

招待して先方の都合が合わず来ていただけなかった場合などはお礼状と共にその時の写真などを添えると気持ちが伝わって良いかと思います。

これからのお子さんの健康と幸せを祝って行う行事ですので心がこもっていれば形式にこだわる必要はないと思います。

良いお食い初めになると良いですね。


まとめ

お食い初めの豆知識
お食い初めとは
祝い膳
儀式のやり方
お食い初めの準備など
お食い初めをお祝いする場合
お祝いをもらった場合のお返しは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存