【ママ達の体験談】妊娠初期の吐き気はいつから始まりいつ頃まで続いた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠初期 から中期にかけて現れると言われる つわり

症状の軽い、重いはありますがほとんどの妊婦さんが経験します。

なぜつわりが起こるのか、はっきりとした原因はまだわかっていません。

赤ちゃんが成長している証とはいえ人によってはかなり苦しい体験です。

数あるつわりの症状の中でも食事や水を満足に摂ることができなくなる吐きづわりは最もつらい症状の一つです。

吐き気から妊娠に気がつく人もいるようにかなり早い段階から始まる人もいます。

育児書などでは胎盤が完成する16週頃には治まるとされていますが実際にはどうなのでしょうか。


スポンサーリンク

【ママ達の体験談】妊娠初期の吐き気はいつから始まりいつ頃まで続いた?

ほぼ育児書通り

一般的につわりは6~12週でピークを迎え、だいたい16週頃には治まるとされています。妊娠を確信する5~6週目頃につわりが始まる妊婦さんが多いようです。

体験談】第一子の時は妊娠6週目からつわりが始まり15週ころに治まりました。

起きている間は常に吐き気があり、一日10回は吐いていて体力もなくなるのでほぼ寝たきりの生活でした。

第二子妊娠中はやはり5週目ころから軽い吐き気があり7週目には動けなくなりましたね。

でも上の子の世話があるのでどうしようもなくなり実家にお世話になりました。

結局つわりは16週目まで続きました。

体験談】私は今まで、4回妊娠しましたが、一番目と三番目の子では、つわりらしいつわりはほとんどありませんでした。

二番目と、4番目が、吐き気がひどかったです。

始まったのは、妊娠がわかった5週目くらいから、12週目くらいまでがピークでした。吐き気がひどいわりに、吐く事はあまりなかったのと、この時期は、妊婦なのがはた目じゃわからないのもあって、なかなかこの辛さを周りに理解して貰えずに辛かったです。

安定期に入って、それまで見るのも嫌だった肉類をたくさん食べられたときは幸せでした。

体験談】私が長男を妊娠したと自覚したのは、かなり早くまだ妊娠5週くらいだったのです。

あまりにも早く産婦人科へ行ったので赤ちゃんの入っている袋すら確認できなかったのですが、正常な妊娠と分かりました。そのすぐ後から、つまり6週目くらいから吐き気は始まりました。

7週目には結婚式があったのですが、その間もずっと吐き気が治らず辛い記憶です。

ようやくその乗り物酔いのような吐き気が治ったのは6ヶ月目に入った頃のことでした。

少し楽な時もあるなあと思っていた頃、気づいたら吐き気がないという感じでした。

安定期に入っていたので、つわりが終わったのだと確信してとても嬉しかったですね。

体験談】妊娠初期の吐き気は5週目に始まりました。

朝起きて直ぐに吐き気がしました。

幸い夫は仕事が休みで家に居て、私の背中をさすったりお水を持ってきてくれたりしました。

勿論、食事を作ったり食べたりすることはできず、着替えもせずに布団から出たり入ったりしていました。

吐き気と言っても出る物が無くて、ただ苦しいだけでした。

こんな事が毎日のように続きましたが、6週間位(11週目)で治まりました。

体験談】私は、現在妊娠5ヶ月です。

妊娠5週から12週過ぎまで吐き気が続きました。

その後治まりましたが、妊娠5ヶ月に入っても、たまに少し気分が悪い日があります。

5週目頃は、少し気持ち悪いなという程度でしたが、だんだんと吐き気が増していき、6週目からは、朝起き抜けや食後に嘔吐するようになりました。

その後、8週目頃からは少しずつ吐き気がなくなり、嘔吐しなくなりました。

しかし、10週目頃からまた激しい吐き気と嘔吐に悩むようになりました。水を飲んでも嘔吐し、睡眠中でも嘔吐で目が覚めるようになりました。

12週目にはそれもなくなり、その後軽い吐き気はあっても、嘔吐することはなくなりました。

体験談】妊娠5週目から微熱が続き風邪のような状態でした。

6週目に入ってからは起きていても寝ていても何をしても気持ちが悪くてずっと家にこもっていました。

それでも食べると吐き気がよくなるようになり、何か口にするようにしていました。

その日は大丈夫な食品でも、次の日にはその食品を食べると吐いてしまうという状態だったので、これを食べると吐き気が良くなると言えるものがなく、その都度主人に食べ物を買ってきてもらっていました。

それが16週目まで続いて辛かったです。

体験談】吐き気が出始めたのは6週目の頃でした。

初めは胃もたれがするような感じだったので、油っぽいものを食べすぎたかなと思っていた程度でした。

その後、日に日に体調が悪くなり、吐きづわりだったため5キロ程痩せてしまいました。

トイレから出られずに、トイレで寝てしまったこともありました。

少しずつ食べられるようになったのは妊娠5ヶ月に入ってから、収まったのは5ヶ月の終わり頃でした。


5週目頃自覚症状が出てその後徐々に重くなる人が多いようです。

胸やけや吐き気程度で済む人もいれば実際に嘔吐を繰返し、栄養失調や脱水になってしまう人もいます。

安定期に入る16週頃にはほとんどの人のつわりは治まってきますから赤ちゃんと自分を信じて頑張りましょう。


妊娠発覚以前からスタート

敏感な人では着床と同時につわりが始まることがあります。

そこまで早くなくても、次の生理予定日の頃、むかむかして風邪かな?と思ったら妊娠していたということも珍しくありません。

体験談】私は妊娠中4週を過ぎた頃からつわりが始まりました。

とにかく吐き気がすごくて、1日何十回と吐いていました。

最終的に水分も摂れなくなり3ヶ月間の入院を要しました。

入院中は24時間点滴で本当に辛かったです。

つわりは個人差があるものの、安定期には治る方が多いと看護師の方に言われ、それを励みに頑張りました。

でも結局、つわりは出産するまで続きました。

体験談】妊娠後3週目から弱いつわりが始まり、安定期に入るまでは強い吐き気に毎日襲われていました。

特に、魚などの生ものや匂い、スーパーのチラシを見ただけでも気持ちが悪くなっていました。

食事は優しい味付けであれば食べられましたが、急に脂っこいものが食べたくなったりすることもあり、食べては吐いてを繰り返していました。

安定期に入ってからは食事が楽にとれるようになりましたが、逆に食べ過ぎてこまっていました。

体験談】つわりがかなりひどい体質なので妊娠が分かった時点ですでに気持ちが悪くなる日があり妊娠7週くらいから22週くらいまでずっとつわりが続いていました。

最初は食事の支度をしていたりご飯を食べていたりすると急に気持ちが悪くなることから始まりその後はほとんど何も食べられないくらい、一日中、何もできないほど気持ちが悪く吐き気を感じているような状態でかなり辛かったのですが妊娠中期の妊娠20週あたりからつわりがだいぶ楽になり22週くらいになってひどかったつわりもやっと収まりました。

体験談】私の吐き気が始まったのは妊娠に気がつく前でした。

妊娠5週目から尋常じゃない吐き気があり、最初は別の病気を疑うほどでした。

水を飲んでも吐き気がして、ほとんどご飯も食べられず3ヶ月で5キロ近く痩せてしまいました。

みかんともそもそしたパンだけは少し食べられたのでそればかり食べていました。

5ヶ月くらいで少し食欲は出てきましたが、産むまで吐き気はおさまることはありませんでした。

体験談】妊娠後すぐに始まる辛い日々

妊娠して2〜3ヶ月目くらいから、徐々に気持ちが悪くなってくる。

あれ?なんか気持ち悪い気がする…というくらいの軽い感じから始まり、徐々に匂いに敏感になる。特にダメだったのはご飯。

ピークは4〜5ヶ月で、気持ち悪さで家事も手につかなくなり、寝たきりの状態が続いた。解消されたのは安定化を過ぎた6〜7ヶ月。

体験談】妊娠に気づいたきっかけが、食事をすると胸やけをおこす日が数日続き、体調がすぐれない日も続いたことでした。

もしかして妊娠?と思ったけれど生理の予定日がまだ先だったため検査せずすごしていました。

予定日を1日過ぎたころ検査薬を使うと陽性でした。吐く程ではなかったけれど7か月頃まで胸焼けが続きました。

人の匂いとニンニク、スーパーのお惣菜コーナーの匂いが駄目で辛かったです。


つわりが始まるのが早かった人は症状が重く期間も長い傾向があるようです。

体調の変化に敏感なのかもしれませんね。

中には妊娠期間中ずっと吐き気に悩まされ続けたという人もいて大変です。


ややゆっくり始まる人もいます

妊娠がちゃんとわかってからつわりが始まる人もいます。

私はつわりがないのかしら?と安心していたら唐突につわりが始まってふらふらになったという人もいますから油断大敵です。

体験談】第一子を妊娠した際、だいたい妊娠8週目の頃からムカムカとした吐き気がでてきました。

始めのうちは気のせいかな?ちょっと食べ過ぎたかな?と思うような程度でしたが、10週くらいに入ると強い吐き気に変わりひどい時には動けないほどでした。

吐き気に加えて味覚異常もあって、何か食べると後味がすごく苦くまずく感じました。

そんな悪阻も12週を過ぎた頃から徐々に落ち着いて、気づいたら吐き気も味覚異常もなくなっていました。

体験談】妊娠10週あたりから始まって、15週くらいには治りました。

最初は「少し気分が悪いな」という程度でしたが、だんだんと船酔いみたいな感じになって、横になっていても気分が悪い状態が続きました。

ただ、私は実際に吐くことはなく、どちらかと言えば「食べづわり」というやつで、辛いものが無性に食べたくなっていました。

体験談】12週目頃から吐き気を感じるようになりました。

仕事に集中している時はいいのですが、気を抜いた時の男性の整髪料の匂いや女性の香水の匂い、スーパーのお惣菜コーナーで吐き気をよく感じました。

とにかく匂いに敏感になってしまったので、マスクをつけたり、ハンカチを鼻にあてたりしていました。

25週目を過ぎる頃には平気になり、吐き気も感じなくなりました。

体験談】私は妊娠が分かって4ヶ月くらいから出産するまでずっと吐き気がありました。

後期の方は治まってはきましたが、なくなることはなく食べたら吐いていました。

吐くことでお腹の子に栄養が行くか心配でしたが、食べたものは最初に子供のところに行くみたいで栄養不足にはならなくて安心しました。

出産したら驚くほど吐き気はなくなりました。

体験談】妊娠7週目あたりから食事をすると吐き気がするようになり20週目あたりまで続きました。

特に味の濃いものやスナック菓子などは食べるのはもちろん見るだけでもと気持ち悪くなっていたので食事は和食で味の薄いものを作るようにしていました。

また乗り物酔いもひどかったので車に乗ったときには梅干しや昆布など酸っぱいものを食べて乗り物酔いを防いでいました。


始まるのが遅かったから治まるのも遅いというわけでもなさそうで、安定期には治まり短期間で回復した人もいます。

始まる時期と終わる時期の相関関係はなさそうですね。


おわりに

効果のあるつわり軽減法は幾つかありますが残念ながら完全に解消する方法はありません。

つわりの中でも吐きづわりは心身ともに消耗が激しく赤ちゃんの成長も心配になりますよね。

でもどんなにつらいつわりでもいつかは必ず終わります。

赤ちゃんの誕生を楽しみに乗り切りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存