妊娠7か月の過ごし方~マイナートラブルへの対応~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠7か月の過ごし方~マイナートラブルへの対応~

ninnsinn7kagetu

妊娠7か月 おなかがぐっと重くなってくる頃。

赤ちゃんは、温かいママのお腹の中で大きくなってきています。

ママはお腹が大きくなり、歩くのが大変になったり、夜、寝苦しいことがあるかもしれませんね。

お腹が大きくなると、妊娠中よく起こる不快症状、マイナートラブルに悩まされるママが増えてきます。

さぁ、ママの体の変化に対応できるようにいくつかのマイナートラブルの対処方法を見ていきましょう。


妊娠7か月の頃の体の様子

子宮がおへその上まで大きくなります。

子宮が体内の臓器をあちこち圧迫するため、胃が苦しく感じたり、便秘や、動機、息切れを経験するママもが増えてきます。

胃が苦しくなったら、1度にたくさんの食事をとるのではなく、回数を増やして食べると良いでしょう。

便秘は、繊維の多い食事で予防すると良いでしょう。

つらい場合は、産科や産婦人科の医師に相談し、薬を処方してもらいましょう。

外出時は、できるだけ急な階段や長い階段を避け、エレベーターやエスカレーターを利用し、ゆっくりした動作を心がけましょう

家事も立ちっぱなしはやめて座るようにするなど、休憩しながら行いましょう。

お腹が大きくなると、静脈瘤(じょうみゃくりゅう)や妊娠線に悩まされるママもいます。

静脈瘤とは、ふくらはぎや太ももの内側などの血管がこぶのように膨らむことです。長時間同じ姿勢にならないように心掛け、足の血行をよくしましょう。

無理のない程度に体を動かしたり、横になる時にクッションなどを使って足を心臓より高く保つようにすると良いでしょう。

妊娠線は、専用クリームなどでしっかり保湿し、マッサージなどでケアをしましょう。

夜中に寝苦しくて何度も目が覚めるママも増えてきます。苦しくなったら、まずは四つん這いの姿勢になってみましょう。

体が少しラクになります。さらに体の左を下にした横向きで寝ると、だいぶラクになります。

上になる足を軽く曲げるとさらにラクに。起き上がる時は、まず横向きに手をついて体を起こします。

次に上半身を起こしながら、両手、両ひざをついて上半身を持ち上げます。

ゆっくりと上半身を起こして起き上がります。ベッドから降りる場合は、腰をかけて足から降りましょう。


【こちらの記事も参考にしてくださいね】

妊娠6か月の過ごし方~性別がわかるころ~

妊娠8か月の過ごし方~おなかの張りに注意して~


赤ちゃんの様子

皮膚はまだしわしわですが、皮下脂肪が体につき始め、少しずつふっくらしてきます。

脳が発達するため、今までは子宮壁にぶつかったはずみで回転していた動きを、自分の意思でコントロールするなど、体の動きも徐々にコントロールできるようになってきます。

胴や手足が長くなるので、赤ちゃんの動きはかなり活発になります。

ときどき手を握ることや、まぶたを開いて、目を動かすことも。体が大きくなるにつれ、赤ちゃんは子宮の中が窮屈になってきます。

そのため頭の位置を下に向け、位置が定まり始める子もいます。

また、明暗を認識できる程度に視覚も発達しています。

子宮が大きくなりママのお腹の壁が薄くなってくることの他、赤ちゃんの聴覚がますます発達してくるので、ママの声や外の音がよく聞こえるようになります。

顔立ちもはっきりしてくるので、健診時に3Dで赤ちゃんをみてみると、赤ちゃんの表情がわかることもあるようです。


妊娠7か月のママの過ごし方と注意点

お腹がおおきくなると、ママは体が重苦しく感じるようになり、動作もゆっくりになります。

時間に余裕を持って行動しましょう。

休息を十分にとり、疲れをためないように心掛けましょう。

胎動の影響もあり、頻繁にお腹が張ることがあります。

1日数回のおなかの張りで、休めば落ち着くようなら心配いりませんが、休んでも張りが続いたり、1時間に何度も続くようなら、切迫早産の可能性があります。

切迫早産とは、早産(妊娠22週0日~36週6日の間の出産)しそうな状態になることです。

そのような症状がある場合は、必ず受診して下さい。職場の人に理解を求め、お腹がはったら休める態勢を整えるようにしましょう。


妊娠7か月のママ&これから迎えるママたちへ

お腹も随分大きくなり、マイナートラブルに悩まされるママも多くいることでしょう。

中には、大きくなったお腹や、体重が増える体の変化に戸惑うママもいるかもしれませんね。

以前、夕方の電車の中で、お腹の大きな妊婦さんをみかけたことがあります。

仕事帰りなのでしょう。書類が入っているようなバックを持っていました。

しかし、車内は混雑していて妊婦さんの座る席がありません。

すると、優先席に座っていた30代ぐらいの男性が妊婦さんに気付き、すぐに席を譲っていました。

譲ってもらった席で妊婦さんは「ありがとうございます。ありがとうございます。」と温かい涙を流されていました。

混雑した車内がほんのり優しい気持ちに包まれたそんな光景でした。

妊娠前と変化した体つきになったことや、マイナートラブルなどでつらい思いをしているママもいるかもしれません。

でも、なんの面識がない人も、ママとお腹の赤ちゃんのことを応援しています。

支えになろうとしています。

つらいこともあるかもしれませんが、一緒にのりこえていきましょうね。


まとめ

妊娠7か月の過ごし方~マイナートラブルへの対応~
妊娠7か月の頃の体の様子
赤ちゃんの様子
妊娠7か月のママの過ごし方と注意点
妊娠7か月のママ&これから迎えるママたちへ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存