妊娠5か月の過ごし方~胎動を感じる!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠5か月の過ごし方~胎動を感じる!~

ninnsinn5kagetsu

妊娠5か月 小さくポコ、ポコとお腹が動いた感じ。もしかして、これって胎動?妊娠5か月になり、ようやく安定期に入りました。

体調もより落ち着いてくる人が多いでしょう。

この頃から、お腹の赤ちゃんの動きを感じ始める人も。

初めは「これが胎動かな?」と思う程度の小さなお腹の動き。

赤ちゃんが大きくなるにつれ、大きな胎動を感じる人もいることでしょう。

赤ちゃんもママに栄養をもらいながら着実に成長していますよ。

これからいろいろな赤ちゃんの動き(胎動)を感じながら安産祈願もしていかないといけませんね。


妊娠5か月の頃の体の様子

胎盤が安定し、安定期を迎えました。大変だったつわりも落ち着き、心身ともに最も安定する時期です。

そして、この頃から赤ちゃんの動き、いわゆる「胎動」を感じ始めます。胎動の動きは、「ピクピク」とお腹が少し痙攣するようなものや、「ポコ、ポコ」とお腹の中から何かあたるような感覚、「ぐる~」とお腹の中が動くような感覚などさまざまなものがあります。

胎動は

赤ちゃんが手足を動かしたり、ひゃっくりをしたり、お腹の中で移動したり…と元気に動いている証拠です。

また胎動を感じ始めるころから、赤ちゃんの脳や五感も発達してくるので、赤ちゃんに話しかけると良いでしょう。

母子手帳などに胎動の様子などを記録してみると良い思い出になるかもしれませんね。

子宮は大人の頭くらいの大きさになり、周りの臓器を圧迫するようになります

そのため、胃がもたれたり、横になるときなど胸が圧迫されることもあります。

お腹が大きくなるため、腰痛に苦しむママも。無理のない適度な運動やストレッチをしたり、長い時間同じ姿勢にならないようにするなどして予防しましょう。

お腹がポッコリと大きくなるだけでなく、乳腺も発達し、乳房も大きくなります。そのためまわりからも妊婦さんとわかるようになります。

乳首や外陰部の色がさらに濃くなったり、正中線の色が濃くなり目立ってくることもあります

正中線とは、おへその上や下にできる茶色っぽい線のことです。これは妊婦さんに自然に起こる現象です。

正中線を目立たなくするには、妊娠線用のクリームやオイルなどで保湿すると良いでしょう。


オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア140ml(オーガニック95%配合・妊娠線クリーム)


赤ちゃんの様子

赤ちゃんは身長約20㎝、体重約200gになります。体は4頭身になり、バランスの良い体つきになってきます。

骨格や筋肉が発達し、羊水の中でぐるっと回転したり、子宮の内側から蹴ったりするなどますます活発に動くようになります。

この赤ちゃんの骨格や筋肉などの発達により、ママはお腹の胎動を感じ始めるようになるのです。

また耳や鼻、口の形も完成し、うぶ毛が全身に生える他、爪や髪の毛も生え始めます。

赤ちゃんが指を口に持っていき指しゃぶりをすることも。

健診時のエコーでは、赤ちゃんの耳の形がみられたり、指しゃぶりをしようとする姿がみられるかもしれませんね。


【こちらの記事も参考にしてくださいね】

妊娠4か月の過ごし方~食べ過ぎに注意~

妊娠6か月の過ごし方~性別がわかるころ~


妊娠5か月のママの過ごし方と注意点

安定期は、趣味や外出をするのにも絶好の時期。体と相談しながらお産に向けた体力づくりを始めると良いでしょう。

体力づくりや気分転換などのために、妊婦さん向けのエクササイズ、ヨガ、スイミングなどに参加するママもいるようです。



Yoga Design Lab (ヨガデザインラボ) エコヨガマット / ファンテッサ 厚さ3.5mm ストラップ付き

ウォーキングをするのも体力づくりの1つです。

医師と相談し、体に考慮しながら、お産にむけた体力づくりをしていきましょう。

ここで知っておいた方がよいのは、安定期とはいえ後期流産になる場合もあること

後期流産とは、妊娠12週以降22週未満の流産のことです。

子宮のトラブルや細菌感染によるものなど原因はさまざま。

頻繁におなかの張りや痛みを感じたり、出血がおこったらすぐに病院へ受診しましょう。

さぁ、妊娠5か月に入り、体調や経過が良好なら安産祈願をしに行きましょう。

日本には、今まで無事に過ごせたことを祝い、またこれからの無事を祈るため、妊娠5か月の戌の日に腹帯をまいて神社にお参りをしに行く風習があります。

腹帯は、おなかを支えて腰痛を予防したり、お腹を温める効果があります。

腹帯の種類はさまざまで、マジックテープでとめるものや腹巻タイプなどたくさんあります。

使いやすいものやつけ心地のよいものを選ぶと良いでしょう。

日常にも使用できます。

戌の日はカレンダーやインターネットなどで調べることができます。しかし戌の日でなくても、体調の良いときにお参りをしにいくママもいるようです。


妊娠5か月のママ&これから迎えるママたちへ

さて、胎動を感じ始める5か月に入りましたね。赤ちゃんは、ママのお腹の中で活発に動いていることでしょう。

まだ小さな胎動ですが、胎動がわかるとなんだか嬉しくなりますよね。赤ちゃんの脳や五感も成長しています。

「おはよう」「元気?」「おやすみ」などお腹に触れながら赤ちゃんに話しかけてみてください。

ママのお腹の温もりだけでなく、声の温もりも赤ちゃんは感じているのかもしれませんね。


まとめ

妊娠5か月の過ごし方~胎動を感じる!~
妊娠5か月の頃の体の様子
赤ちゃんの様子
妊娠5か月のママの過ごし方と注意点
妊娠5か月のママ&これから迎えるママたちへ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存