読めば日本史が楽しくなるオススメ4選「歴史嫌い」なんてもったいない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

歴史なんて興味ない、日本史 なんて学校でやったっきり、という人も多いのではないでしょうか?

年号のごろ合わせは覚えているけれど、その内容はすっかり忘れてしまったという人もたくさんいるはず。歴史なんて嫌い!と言いきってしまう人もいるかもしれませんが、それはちょっと勿体無いかもしれませんよ。

今の日本を取り巻く環境を知るには、今までの日本の成り立ちや世界との関わりを知るのが一番。

歴史に苦手意識を持っている人にも楽しく読める本を4冊ピックアップしてみましたよ。


スポンサーリンク

読めば日本史が楽しくなるオススメ4選「歴史嫌い」なんてもったいない!

1.「京大芸人式日本史」 菅広文/著 幻冬舎 



「日本史は物語のように読めば、絶対に忘れない」。

京大芸人として名を馳せるお笑い芸人ロザン宇治原さんの指導の元、相方である菅さんが日本史を「物語にしちゃいました!」という異色の1冊。これがまた面白くってためになるんです!

日本の長い歴史を物語として1冊にまとめているので、内容そのものはおおまかに流れていっており、そもそも歴史に詳しい人には少し物足らない部分もあるかもしれませんが、歴史嫌いや歴史に苦手感を抱いている人には目からうろこの1冊になるのではないでしょうか。

日本の歴史をこれから勉強する人、もう一度勉強し直そうと思っている人、むしろ歴史なんか好きじゃないと思っている人にこそおススメしたい1冊です。


2「Story 日本の歴史 –古代・中世・近世史編」 

日本史教育研究会/編 山川出版社


山川出版、という名前に覚えが無くても、山川出版が発行している歴史の教科書にはお世話になった人も多いのではないでしょうか。

「詳説日本史」を発行する出版社から出されたこの本の制作に携わったのは、いずれも学校で歴史の教師を経験した「先生」達。中学生や高校生が、歴史を学ぶにはもってこいの1冊とも言えます。

この本を読んだ後に教科書を眺めてみると、驚くほどに物事の繋がりが見えてくることでしょう。

古代・中世・近世からピックアップされた事柄や人物にまつわる出来事が日本をどう変えていったのか、具体的で分かりやすい1冊です。


3.「読むだけですっきりわかる日本史」 後藤武士/著 宝島社文庫



 気軽に歴史を学べるこのシリーズは、歴史を流れで掴みたい学生さんにも人気。小学生から大人まで、驚くほどとっつきやすい内容で日本史の流れを把握できる1冊です。

歴史は様々な要因が複雑に絡み合って成り立っているもの、一つ一つの事項を覚えるだけではなかなかその全体像を把握することは難しくなります。

「流れ」にこだわり、歴史を系統だてて呑みこめるように工夫された、まさに日本史の入門書。戦国史や現代史など、より複雑な部分は個別に冊子化もされていますので合わせて読んでみるのも楽しいかもしれませんよ。


4.「そうだったのか!現代史」 池上彰/著 集英社文庫



 中学校でも高校でも、古代から近代まではしっかり授業で習ったけれど、現代史については時間の関係ではしょられてしまった経験がある人も多いのでは。

近現代史については、自国のものでも個人やその思想によって捉え方が大きく異なってしまう印象が強い分野でもあります。ですが、今の私達の生活を考える上でも近年の日本に何が起こったのかを知ることはとても重要なキーとなります。

時事問題についてその名を知らない人はいないと言われるまでになった池上彰さんが、第二次世界大戦後の歴史について大学生や新社会人に向けて分かりやすく解説したこのシリーズでは、イスラエルをめぐる長い戦争の歴史やEU発足の道のりなどについても詳しく触れています。

目まぐるしく変わる、私達を取り巻く世情。目の前で繰り広げられる現実の根幹に触れ、それを学ぶことこそ日本の行く末と自分の未来を考える上では大切ではないかと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存