高温期はいつから?平均期間と短い場合の改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

kouonnki-mijikai

高温期 は女性の体において、健康のバロメーターとも言えるものです。高温期を知る方法や平均期間、短い 場合の改善方法について詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

高温期はいつから?平均期間と短い場合の改善方法

高温期とは?

女性の生理周期は、低温期・排卵期・高温期・月経期の4つに分けられます。

低温期には卵胞刺激ホルモンが分泌され、卵巣にある原子卵胞の1つが発育を始めます。

卵胞の成長に伴い卵胞ホルモンが分泌されて、子宮内膜の厚みが増します。

卵胞ホルモンの分泌量がピークを迎えると、黄体化ホルモンが分泌されて、卵胞から卵子が排卵されます。

これが排卵期です

排卵期が過ぎると高温期になります。

卵子を排卵した後の卵胞(黄体)から黄体ホルモンが分泌され、子宮内膜は柔らかくなります。

この期間に受精・着床が起きると妊娠が成立します。

妊娠しなかった場合は、黄体ホルモン・卵胞ホルモンの分泌量が減少し、子宮内膜が剥がれ落ちて月経期を迎えます。

高温期とは、受精・着床という、妊娠の成立において重要な役割を果たす期間です。

ホルモンバランスの乱れなどで正常な高温期が訪れないと、不妊などのトラブルが引き起こされる恐れがあります。


高温期を知る方法

高温期を知るには、日ごろから基礎体温を測る習慣を身につけることが大切です。

毎朝基礎体温を測っていると、自分の体のリズムが何となく分かってきます。

正常な生理周期では、体温の低い期間(低温期)が約2週間あった後に、さらに体温ががくっと下がり(排卵期)、それから体温の高い期間(高温期)が約2週間あって月経期を迎えるという流れになります。

では、高温期の体温は何度くらいになるのが一般的なのでしょう?

現代の日本人女性の平均体温は約36.2~36.3度と言われています。

そして、低温期と高温期の理想的な温度差は0.3~0.5度とされています。

つまり、平均体温が36.2度、低温期の体温が36.0度の人であれば、高温期は36.3度~36.5度であるのが理想といえます。

基礎体温を測り、0.3~0.5度の差で体温が二層に分かれていれば、高温の期間を「高温期」として把握することができます。

ただし、0.3~0.5度の範疇に収まっていなくても、体温が二層に分かれているのであれば、体温の高い期間=高温期と考えられます。

低温期と高温期の体温の違いには個人差があるため、平均値にとらわれすぎないようにしましょう。


高温期の平均期間

高温期の平均期間は、先にも述べたように約2週間といわれています。

高温期が2週間に満たない場合は、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。

ホルモンバランスが乱れると、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌量が減少し、排卵が行われなかったり、黄体期が短くなったりする場合があります。

ホルモンバランスは、ストレスや風邪などでもすぐに乱れてしまうため、今の周期だけ高温期が短く、次の周期では正常な長さに戻る場合はさほど心配はありません。

ただし、毎回高温期が短い・高温期がないという状態が続くと、不妊につながる恐れがあります。

基礎体温を測っていて、いつも高温期が平均期間に満たない・体温の上昇が少ない(0.3度未満)というような症状が見られる場合は、早めに対策をとることをおすすめします。


短い高温期を改善するための方法

短い高温期を改善するための方法としては、以下のようなものがあります。

1.バランスの良い食事をする

栄養状態の偏りは、ホルモンバランスの乱れにつながります。

ジャンクフードなどの食べ過ぎはもちろんのこと、無理なダイエットもホルモンバランスに悪影響を及ぼすので注意しましょう。

女性ホルモンを整える効果のあるイソフラボンを多く含む、納豆・豆腐・投入などの大豆食品は、短い高温期の改善に効果的です。

気軽に試せるものばかりですので、ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてください。

2.ストレスを溜め込まない

ストレスは自律神経の働きを失調させ、ホルモンバランスを狂わせる大きな要因の1つです。

ストレスを溜め込むと、高温期が短くなるだけでなく、免疫力が低下して様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

ストレスをまったく感じずに生活をするのは難しいかもしれませんが、できるだけ溜め込まず、趣味などで適度に発散するよう心がけましょう。

3.サプリメントや漢方を利用する

サプリメントや漢方を利用するのも、短い高温期の改善には効果的です。

ドラッグストアに行くと、女性ホルモンを整える効果のあるサプリメント・漢方が数多く売られています。

そういったものの中から、自分に合いそうなサプリメント・漢方を試してみるのも良いでしょう。

どれを選べば良いか分からないという場合は、産婦人科を受診して、医師の処方を受けるのが最も安全な方法です。

産婦人科の受診には抵抗があるという人もいるかもしれませんが、不妊などのトラブルを引き起こさないためにも、早めの対策をおすすめします。


まとめ

高温期はいつから?平均期間と短い場合の改善方法
高温期とは?
高温期を知る方法
高温期の平均期間
短い高温期を改善するための方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存