子供が自転車事故?自動車保険の日常生活個人賠償責任保障

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険 日常生活個人賠償責任保障

jiko

子供が自転車で人をひいた時、損害賠償は誰がはらうか。


子供の自己責任の曖昧さ

子供が自転車で交通事故を起こすと、基本的な子供の過失の考え方は、次の2通りの考え方です。

①5歳以下の幼児(幼稚園児や保育園児)は過失責任は問われません。

②5歳以上12歳(小学生)までを親の2つの責任としています。(最高裁裁判判例)

民事裁判移行にすると賠償問題では、親の管理責任が問われる場合もあります。

監督責任は親、保護者にある

基本的には、親または、保護者の監督責任が問われます。しかし、監督責任の定義がはっきりできていないので(最高裁でも別れる)中学生、高校生や大学生が自転車で人身、物損事故を起こした場合は、基本的に親や保護者が賠償に応じるケースが多いのが現状のようです。


高額の賠償判決

平成20年9月22日神戸で当時5年生だった少年が乗った自転車と歩行者(女性67歳)の衝突事故がありました。女性は寝たきりになり意識が戻らず亡くなられました。

神戸高等裁判所は、母親の監督責任を問い9500万円の賠償命令を出しました。

事故の多さにびっくり1日65件

交通事故センター(国土交通省資料)によると平成24年の自転車による人身事故の統計が公表されています。

平成24年年間自転車の人身事故件数

7歳~12歳まで11.652件(小学生)

13歳~15歳まで12.283件の事故件数。(中学生)

年間の義務教育までの児童の事故件数は、全国(年間)で、合計23.935件になります。

これは、1日あたり65件の事故が発生していることになります。

ケガの程度も高齢者が、重症化にあります。自転車事故の被害者の特徴として、交通事故センター(国土交通省資料)は、次の指摘をしています。

『若者は負傷。高齢者は、死亡するケースが多い』

事故件数は10年で1.5倍に増加

① 2000年 自転車対歩行者事故件数は、 1827件です。

② 2010年 自転車対歩行者事故件数は、 2760件です。

自転車対歩行者事故件数の関係性を、10年間で約1.5倍と増加傾向にあると指摘されています。


事故に遭遇するキャパの増大化

人身事故の主な被害者の高齢者です。

高齢者はご承知の通り、増加の一方で、衝突事故が発生しやすい環境になっています。

被害者になりやすい高齢者は(65歳以上)国内で、3000万人以上とキャパも大きくなっています。即ち、事故に遭遇するケースが高い時代です。

重症化するケースも

4人に1人は、高齢者の時代の社会環境で、自転車で接触し、高齢者が転倒した場合、

大半の高齢者は、転倒します。この場合、打撲による、ケガにつながります。

頭を打撲すると、くも膜出血などにつながる死亡事故、転倒次第では、骨折などの重傷化する方向に進みます。決して軽症では終わりません。

びっくり!死亡事故は、1日1人

平成26年度警視庁の発表によると1日1件の自転車による死亡事故が発生していると公表されました。

年間自転車による死亡事故件数は628人で70歳以上は、318人です。

年間自転車による負傷者は、143.110人です。

リスクマネジメントの一つとして、自転車障害保障特約があります。(個人賠償保険)

例え、子供が、自転車で人身事故を起こした場合にも、対応できます。

人身事故を起こして、賠償が発生しないケースは、ありません。

また、自転車障害保障特約は、自転車転倒等で自損した場合保険も適応させるので相手にも自分にも安心な保険プランです。

万一のリスクに備えることが保険になります。環境の変化は、便利をもたらしますが、アスファルトとコンクリートの社会。万が一、自転車で転倒した時の事故の大きさも示します。

子供達の起こすリスクも回避できる特約の(自転車傷害補償)保険を設定しましょう。


まとめ

子供が自転車事故?自動車保険の日常生活個人賠償責任保障
子供の自己責任の曖昧さ
高額の賠償判決
事故に遭遇するキャパの増大化

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存