イヤイヤ期の子供に私の超絶テクニックシチュエーションと共に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

イヤイヤ期 は親にとっては「イライラ期」ともいえるほど大変な時期です。しかし、イヤイヤ期をどう乗り越えるかは、その後の子供の成長に大きな影響を及ぼします。ここでは、イヤイヤ期の特徴や乗り越え方のテクニックについてご紹介します。


スポンサーリンク

イヤイヤ期の子供に私の超絶テクニックシチュエーションと共に

イヤイヤ期とは?

イヤイヤ期とは、何かにつけて子供が「アレもいや! これもイヤ!」と反抗する時期のことをいいます。

親から見るとただのワガママのようにも感じられますが、実はイヤイヤ期は自我や主体性の芽生えという、大切な成長過程の1つなのです。


イヤイヤ期はいつから始まる?

イヤイヤ期が始まる時期には個人差がありますが、一般的には1歳半~2歳頃といわれています。

イヤイヤ期に突入すると、それまではママの言うことを素直に聞いていた子供が突然泣きわめいたり、癇癪を起したりするようになります。

子供のあまりの変化に戸惑うママも少なくはありません。


イヤイヤ期が終わる時期は?

イヤイヤ期は、言葉を使ったコミュニケーションが十分にとれるようになると、自然とおさまってきます。

大抵の場合は、3~4歳頃には落ち着きます。

ただし、イヤイヤ期がおさまる時期にも個人差はあり、中には4歳を過ぎてもなかなか落ち着かない子もいます。


“魔の2歳児”と呼ばれるイヤイヤ期の特徴

イヤイヤ期は“魔の2歳児”とも呼ばれています。

それぐらい、ママにとっては子供の扱いに手を焼く、大変な時期です。

この時期の大きな特徴としては、イヤイヤをすることが多くなる(自我の芽生え)・色々なことを自分でやりたがる(主体性の芽生え)の2つが挙げられます。


子供が「イヤ!」という理由

イヤイヤ期の子供が、何に対しても「イヤ!」という主な理由は以下の通りです。

自分の気持ちを言葉でうまく伝えられない

1歳半~2歳頃の子供は、まだ自分の気持ちを言葉でうまく伝えられません。そのジレンマが「イヤ!」という行動となって表れているのです。そのため、使える語彙が増えて言葉のコミュニケーションがとれるようになってくると、ただひたすら「イヤ!」と訴えるだけの行動は自然とおさまってきます。

やりたくないことをやらされる

自我や主体性の芽生えによって「自分はこうしたい」という気持ちが強くなると同時に、自分の意に沿わないことはやりたくない、という感情も生まれてきます。そのため、やりたくないと思っていることをやらされると、イヤイヤをしてしまうのです。

パパやママに甘えたい

イヤイヤ期の子供は、まだまだパパやママに甘えたい盛りです。抱っこをしてもらいたい・遊んでもらいたい・パパやママに見ていてほしい……そんな「構ってほしい」という気持ちからイヤイヤをしてしまう子供も少なくはありません。

指示をされたくない

「手を洗いなさい」「お片付けをしなさい」などの指示をされると、途端にイヤイヤを起こす子供もいます。自我や主体性が芽生えたばかりの子供は、他人に指示をされることが大嫌い。なにかをやれと言われれば言われるほど、反抗をしてやらなくなる子供も多いようです。

まだできないことでもやりたがる

成長と共に自分で出来ることも増えてくると、子供の中には「もっと自分でやりたい!」という気持ちが芽生えます。でも、服は自分で着られるけれどボタンは閉められない・折り紙を切りたいけれどハサミが上手く使えないなど、気持ちと体がうまく噛み合わない場面も多々あります。そんな時、ストレスがたまってイライラを起こしてしまうことも珍しくありません。


イヤイヤ期の対処法をシチュエーションごとにご紹介!

子供がイヤイヤを起こしたら、どう対処すれば良いのでしょうか。

自分自身の体験をもとに、効果的な方法をご紹介します。

泣いて嫌がる場合

子供が泣いて嫌がる場合は、まずは泣き叫ぶ子供を落ち着かせる必要があります。そんな時は、抱っこをする・歌をうたう・お気に入りのおもちゃで気を引くなど、子供の気持ちを泣いている原因からそらしてあげることが大切です。ママが落ち着いて優しく対処をすることで子供は安心感を覚え、親子の信頼関係を築くことができます。

聞き分けが悪い場合

子供の聞き分けが悪いと、ママもついイライラしてしまいますよね。でもそんな時こそ頭ごなしに叱るのではなく、子供の気持ちを尊重した上で、きちんと理由を伝えて言い聞かせるようにしましょう。「これは~だからやめようね」というようにしっかり話せば、小さな子供であっても理解できるものです。

子供が怒っている場合

子供が怒っていて手がつけられない、というシチュエーションもイヤイヤ期では珍しくありません。そんな時は、子供が自分で落ち着くまでしばらくの間見守るというのも1つの対処法です。子供の怒りに同調して自分まで怒ってしまうと、まったくの逆効果となってしまうため気をつけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存