引越し業者のしつこい勧誘の断り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

引越し業者のしつこい勧誘の断り方

hikkosi

一斉見積もりを依頼したら、引越し業者から勧誘の電話がひっきりなしにかかってくる…そんなことはありませんか?

多くの競合他社がある引越し業者も、やはり顧客を確保したくて必死です。そのため、どうしてもしつこいと感じてしまう勧誘も起きます。

それでは、しつこい勧誘を受けた際の断り方について紹介したいと思います。

特に、女性はグイグイ来られるとハッキリ断ることができなく悪化するケースも多いです。柔らかく断る方法もお伝えしようと思います。


引越し業者からの勧誘パターン

引越し業者からの勧誘パターンとしては「ウチで引越しをしてくれ!」というのが9割以上です。引越しを決めた業者からオプション等の勧誘があることはほとんどありません。

つまり、一斉見積もりを出した後などに「どこの業者に決めますか?」という営業電話がほとんどになります。

電話で勧誘をされる際の断り方をお伝えします。


勧誘される前に、自分から断ること

見積もりをとって、しばらく時間がたってから相手は勧誘をしかけてきます。その期間に見積もりの他に値下げをしたり、ノベルティを渡したりなど、「恩を与える」行動を各業者さんもしてきます。

そこまでの期間で恩を感じてしまってますます断りづらくなるので、早い段階で「断りを入れる」ことが重要になってきます。

こちらから一本電話を入れて、「他業者さんに決めた」という旨だけでよいので言っておくことをお勧めします。そうすれば「どこの業者になったのか?」「ウチが駄目だった理由はあるか?」等質問を受けると思いますが、なかなか断りの電話を入れる人は多くないので、あっさりを勧誘も引き下がってくれます。


断りの電話を入れる際は、日中がお勧め

断りの電話を入れる際は、日中の時間をお勧めします。会社をイメージしてもらったら伝わると思いますが、日中に電話をとる方は事務職の女性がオペレーターになることが多いです。

しかし、18:00以降の業務終了後となると、各営業担当者が電話を取り次いだり、電話に出られることが多いので最後の粘りをしてくる可能性が高いです。

なかなか押しに弱かったり、強気でいけないタイプの方は日中にお電話をされることをお勧めします。


勧誘を断る際には「御社もとてもよかったのですが・・・」と相手の良いところを混ぜる

勧誘を断る際には、相手を若干たてることも重要になります。(たてすぎると不自然になるので、注意が必要です)

「見積もりの内容は御社が1番良かったのですが…」や少し嘘になってしまいますが「引っ越し自体が延期になった…」など、「あなたが悪いわけではない」ということを主張することも大切です。

特に引越す側が女性の方であれば、柔らかく伝えると勧誘もストップすると思います。


それでも勧誘がしつこい場合は…

woman-1006100_640

こちらが丁寧に対応をしてもしつこく勧誘をしてくる場合もあります。

その場合は、「仕事が立て込んでいるので…」や先述した「引越しが見直しになった、時期延長をした」などどいって、「私に勧誘をしてもメリットはない」ということを相手にハッキリ伝える対策もあります。

できれば円満に勧誘は断りたいものですが、それでもしつこいケースもあるので、その場合は強行突破する手段もあると思います。


まとめ

引越す側もできるだけ安く、良いサービスで引越しをしたいと思うのと同じで、引越し業者側も自社で引越しをしてほしいという思いは、同じくらい強くあります。しつこい勧誘は不快ですが、ある程度割り切って話を聞いて、ハッキリ断る。という方法をとった場合、早くしつこい勧誘を断ることができるのではないでしょうか。嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】と言うサイトもありますので参考にしてみてください。

なかなか人に断るのは労力もいりますが、早く円満に話を終わらせる方法をお伝えしました。

ぜひやってみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存