長距離の引っ越しは大変?業者選びは一括選定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長距離の引っ越しは大変?業者選びは一括選定

hikkosi

引っ越しを行う先は、様々な土地へ移っていくわけですが、中でも遠隔地へ移住する場合はかかる費用も含めて検討しなければならないことが多々あります。

まず最初に必要なことは引っ越し業者を決めなければならないということになります。しかしながら、近隣の引っ越しであるならばともかく、他府県などの遠隔地になるとその費用がいったいいくらになるのか、一番の不安要素になってきますので、具体的に業者選びからおおよその金額、その他注意事項など検証していきたいと思います。


引っ越し業者を選ぶ基準

ここでは、引っ越し業者を選ぶ方法または、その基準などについて考えていきます。

1. 一括見積サイトを利用する

 インターネットにて引っ越し関連のページを検索してみますと、引っ越し業者の紹介に関する記事多数ありますが、なにを基準に選べばいいか迷ってしまいますので、あらゆる企業を対象にした一括で検索できるサイトがあります。

アリさん、サカイなど大手多数。100社以上から10社一括お見積りできます。

・引越しっていくらかかるの?超簡単!無料一括見積り比較!引越し屋です

[トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積までできます

サイト上では現在お住まいの住所及び転居先、所帯数などを入力することで、自分にあった業者を選択することが出来ます。

各社、距離に応じた費用やそのサービス内容、プランなど様々ですので、比較検討し自身に最適と思われる業者を抽出すると良いでしょう。

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】
 引越し達人セレクト
 アリさん、サカイなど大手多数。100社以上から10社一括お見積り
 
・引越しっていくらかかるの?
 超簡単!無料一括見積り比較!
 引越し屋
 [トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積
 HOME'S引越し見積もり
 

選び終えましたら、サイト上にて登録を済ませれば、後日打ち合わせ及び具体的な見積りに関しての作業を行います。

2. 業者選びのポイント

一般的に引っ越しをする場合、何かしらお金が必要になってきますので、少しでもかかる出費をおさえていきたいと思うものです。

とくに遠隔地となれば一体いくらの費用がかかってしまうものかと考えてしまいます。

費用を抑える意味合いでいくつかの方法があるようですが、その一つとして中小業者における「混載便」の利用が上げられます。

極力一台のトラックでいくつかの引っ越しを合わせて行うため一回での輸送経費が抑えられる分費用が割安になっています。

ただし日時や時間の指定などが出来ない可能性があるので、タイトな時間での引っ越しには不向きなようです。

では大手業者になりますと基本的に距離に応じて料金は高くなってくるのですが、一部業者のなかには、遠隔地でもさほど料金が変わらない、それほど急激に金額が上がったりしないところもあるようなので、比較検討する材料にはなると思われます。


引っ越し荷物の選別

引っ越し業者が見積もりに来ますと、そのお住まいの状況に応じての金額を提示するわけですが、荷物の中には別途費用が発生してしまうようなピアノ、動植物や特殊な絵画、専門の業者でなければ運搬ができないものなど思いがけないものもあったりします。

荷物になるものや引越し先では使えない物等は引越と不用品買取なら[トレファク引越]お引越しで整理したいモノの買い取りならスピード買取.jpような不用品の買取もしてくれる業者で処分してしまって、新しく購入したほうが割安であったりするものもありますのでよく考えてから、見積を提示してもらうべきです。
また引っ越し後すぐに必要になるものや自身でもは運び込むことができるもの、個別の宅配で依頼した方が良いものなど引っ越しの一つのパックにすべて納めることも出来ますが、あらゆる方法を試してみるのもいいかもしれませんね。


引っ越しにおけるサービス内容もチェックしておきましょう

ほとんどの引っ越し業者、中でも大手業者では、作業における様々なサービスを展開していると思いますが、何か付加価値が付いてくるとか、万が一の荷物事故などのアフターフォロー、接客応対の仕方、そういった費用以外の部分でも業者を選ぶ基準の一つになりますので、よく検討してみましょう。


まとめ

長距離の引っ越しは大変?業者選びは一括選定
引っ越し業者を選ぶ基準
引っ越し荷物の選別
引っ越しにおけるサービス内容もチェックしておきましょう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存