子育て中に旦那にしてもらいたい家事5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

子育ても一つの仕事みたいなもので、始まったら忙しいし大変ですよね。1人でも大変だし、子供が増えたらもっと、、、。そんな子育ての上に家事までするのって重労働です。昔は子育て家事は女性の仕事だと言われていましたが、今はそんな時代じゃない!旦那も家事をして当たり前の時代ですよね。
ここでは、子育て中に旦那にしてもらいたい家事を、自分の経験をもとに、5つ選んでまとめました。


スポンサーリンク

子育て中に旦那にしてもらいたい家事 5つをピックアップ!

ゴミ出し

赤ちゃんのオムツや日用品などのゴミ、毎日結構な量です。ゴミ袋に入れてみたら結構な重さ、、、と思ったことはありませんか。うちでは、毎日ゴミ出しは旦那の担当です。ゴミ出しって、家事の1つとはいえ、力仕事みたいなものです。

うちの近所でも、女性がゴミ袋を持ってゴミ置き場まで運んでいる姿を毎日見かけます。少量なら良いですが、子育て中って、なぜかゴミが増えていて、これが重たいです。女性は一般的に男性よりも力がないですから、力仕事と思って旦那に頼んでしまいましょう。これで毎日の家事が1つ減ります。


風呂掃除

家庭にもよりますが、うちは週1回お風呂掃除をしています。お風呂掃除って、しっかりやろうとすると、結構大変ですよね。スポンジなどでこするにも力がいるし、バスタ/ブの中を洗おうものならかがむので、腰を痛めてしまったりします。

お風呂掃除をする時には、すぐ出たり入ったりが難しいです。しばらくお風呂にこもってお掃除したいのですが、子供がそんな時にぐずってしまってろくに掃除ができないまま終了、っていうことがしばしばありました。

そういう時に、上手に子供の相手をしてくれる旦那なら良いのですが、うちはそういうタイプの旦那じゃないので、、、これも旦那に頼んでしまいました。
風呂掃除は始めると時間がかかる家事の1つ。子育てが大変な時は旦那にやってもらいたいですね。


トイレ掃除

風呂掃除と同様、トイレ掃除もスタートすると時間がかかります。トイレの中だけでなくトイレの部屋自体を掃除しようとすると、もっと時間がかかりますよね

洗剤も色々使うので、そんな時、「ママー。」と子供が寄ってくると、「あっちいって。」なんて突き放してしまうこともあるかもしれません。風呂掃除もそうですが、トイレ掃除の洗剤も子供が触ると大変なので。
スポンジなどでごしごしこするのも力がいるし、旦那にやってもらったら楽できますよ。


皿洗い

毎食後の皿洗い、結構大変です。手が荒れることもありますしね。我が家では、旦那が帰宅して自分が食べた分は、自分で洗ってもらうようにしています。子育て中、子供や自分の食器や皿洗いだけでも大変なのに、ほっと一息ついた後に、旦那が帰ってきてまた皿洗いなんて正直やってられません。せめて自分の分だけでも洗ってもらえるとだいぶ助かりますよ。

また、平日は皿洗いを頑張っているのだから、休hs日には旦那さんにやってもらう、という家事分担もありかもしれません。毎日のことだから、たまには休みたいですね。


洗濯もの干し&たたみ

洗濯ものを洗うのは洗濯機がしてくれますが、乾燥機がない場合は、自分で干すしかありません。
家庭にもよりますが、我が家では毎日洗濯するのと、子供が多いのとで洗濯物の量がすごいです。となると、これも結構重労働。平日は仕方なくしていますが、土日など休日は旦那にやってもらうことが多いです。

また、干した洗濯ものを取り込んでたたむのも結構面倒な家事です。うちでは、だいたい夕方に取り込むのですが、夕方は結構子供がぐずることが多くて、それだけで大変です。そんな時、旦那がさっと取り込んでたたんでくれると楽できます。


以上、子育て中に旦那に頼みたい家事を5つ紹介しました。特に毎日しなければならない家事というのは、さぼるわけにもいかないので、旦那にしてもらえたらかなり楽になります。「俺は仕事が忙しいんだ。」と言って断る旦那には、「子育てだって立派な仕事だ!」と主張して、やってもらえる家事はやってもらいましょう。子育ても家事も、スマートに。ストレスにならないよう、上手に分担していきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存