戌の日には安産祈願!初穂料の相場や正しい納め方って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

プレママは初めての出産に不安が尽きませんよね。

妊娠5ヶ月目に入って最初の戌の日に行く安産祈願

赤ちゃんの健康と無事を祈ることで、夫婦ともに命を育てるという気持ちがぐっと高まります。

ここでは、日本に古くから伝わる安産祈願の 初穂料 の納め方について詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

戌の日には安産祈願!初穂料の相場や正しい納め方って?

安産祈願って?

安産祈願とは、子宝に恵まれたことに感謝し、胎児の成長と母子の健康、出産後も健やかに成長することを願って神社にご祈祷やお祓いをお願いすることです。

日本では古くから妊娠5カ月目の最初の戌の日に安産祈願をする風習があります。


戌の日って?

戌の日は、十二支の戌に当たる日のことです。

「犬」は一度にたくさんの赤ちゃんを産み、安産であるといわれているため、その「犬」にあやかって戌の日に安産祈願を行います。

戌の日は暦で決まっていて、戌の日は12日に1度巡ってきます。

そのため1ヶ月に2・3回、戌の日が訪れます。

妊娠5ヶ月目の最初の戌の日がいつなのかチェックしておきましょう。


安産祈願は戌の日でなければダメ?

妊娠後も働きに出ていたり、夫婦の都合が合わなかったりと戌の日にお参りするのが難しいこともありますよね。

また、戌の日や大安、土日祝は大勢の参拝客が予想されます。

妊娠5ヶ月目の戌の日はひとつの目安として、体調の良い日や都合が良い日にお参りしましょう。


安産祈願は誰と行く?

安産祈願は誰と行けばいいのか迷いますよね。

ほとんどの神社では家族同席がOKです。

安産祈願で人気のある神社などは、妊婦さん本人または代理人のみだったり、同席の人数を制限していたりする場合もあります。

私は1人目の妊娠時には夫と二人で近所の神社で安産祈願を行いました。

その時は夫も同席してご祈祷を受けました。

2人目の妊娠時は、夫が多忙だったこともあり、夫の両親と上の子と一緒にお参りしました。

そこは県内でも有名な安産祈願・厄払いの神社だったので、ご祈祷を受けるのは妊婦本人、または代理人のみと制限がありました。

他の家族は、近くの待機場所でご祈祷の様子を見ることは出来ました。

初めての妊娠であれば、やはりパパと一緒に行きたいですよね。

パパと一緒に安産祈願をすることで、より一層お腹の赤ちゃんへの愛情が膨らむと思います。


初穂料の相場は?

安産祈願をお願いするには、神社に「初穂料」を納めなくてはいけません。

初穂料の相場は5000~10000円くらいです。

神社によって初穂料が違いますので、事前に問い合わせするのが確実です。

初穂料の額に応じて授与品の内容が変わる場合もあります。


初穂料はどう納める?

神社に行くと、ご祈祷の申込書を記入し、一緒に初穂料を納めることが多いです。

このような場合は、特にのし袋に入れず、財布から直接現金を納めても問題ありません。

しかし、神様に奉納するお金としてちゃんとのし袋に入れて納めてほしいという神社もありますので、事前に確認しておくのをおススメします。


何を持っていけばいい?

安産祈願では腹帯を持参して、お祓いをしていただくこともできます。

神社によっては腹帯や妊婦用ガードルなど、神社で直接購入することも出来ます。

その場合、初穂料とは別にお金を用意しておく必要があります。

私は、事前に腹帯をいろいろ試着し、購入したものを持参しました。

腹帯は大きくなったお腹を固定することで身体が安定し、楽になります。

また、妊婦はホルモンが崩れやすく、冷えは大敵です。

腹帯をすることによって、腹部を温め、冷えの予防になります。

今はガードルタイプやサポートベルトタイプなど、さまざまな種類の腹帯があるので、自分の身体に合った腹帯を選んで、お祓いしてもらいましょう。


かしこまった服装がいいの?

神社にお参りというと、かしこまった服を着なければならないと考える方もいますが、安産祈願を行う頃にはお腹もすでに大きくなっている頃です。

ご祈祷の際には、じっと座っている時間もあるので、身体の締め付けが少ない、普段通りの楽な格好で行きましょう。

とはいえ、あまりに華美な服や肌の露出が多いものは避けましょうね。


安産祈願で夫婦の絆を深める

安産祈願は、これからの出産に向けて気持ちを新たに出来る行事です。

お腹の中の赤ちゃんがすくすくと元気に成長することを願い、また、夫婦二人の時間を大切にしようと思えるでしょう。

ぜひ、夫婦揃って安産祈願のお参りに行ってみてください♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存