赤ちゃんのハイハイ練習方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

haihairensyuu

赤ちゃん の一年間はパパママにとって初めてだらけ。

寝ているだけだった赤ちゃんが首が座りお座りをするようになり、寝返りを打てるようになると、つぎはいよいよ行動範囲がぐんと広がる ハイハイ の始まりです。

ひとたびハイハイが始まると、昨日はここまでは来れなかったはずなのに、あれ?届いてる!ってことも増え、目が離せなくなります。

でも中にはマイペースな性格でハイハイしそうなのになかなか距離が伸びなかったり、すぐしりもちをついてしまったり。

そんな赤ちゃんもいますね。

ハイハイの 練習法 はあるのでしょうか?

どうしたらハイハイするようになるのでしょうか?

まとめてみました。


スポンサーリンク

赤ちゃんのハイハイ練習方法は?

ハイハイとには段階があります

cute

一口にハイハイと言ってもその種類は数多く、赤ちゃん一人一人によって違います。

まだお座りからハイハイを初めた第一歩の頃は、お腹をつけたまま進む、いわゆる「ずりばい」状態です

まだ手の力が無くて体を持ち上げられず足もうまく使えません。

前に進むつもりがなぜか後ろに下がっていく子もいます。でも今まで動けなかった赤、ちゃんが自分んの意思で前に進もうと必死になる様子は思わず「がんばれ~」と声をかけてしまいますね。

「ずりばい」が上手になり、手足の力もついてくると、いよいよお腹が上がってハイハイのスタイルになります。

これも赤ちゃんの個性が良く現れます。

比較的身軽で、好奇心旺盛な子は、膝をつくのももどかしく、足の裏がついて今にも立ちあがりそうな勢いでハイハイをします。

マイペースでのんびりした赤ちゃんは、移動もゆっくり、自分の興味のむくままハイハイをします。

お友達が先に上手にハイハイをしている様子をみると「うちの子大丈夫かしら」と心配になる気持ちもわかりますが、こればかりはその子の個性次第。

早くても遅くても、ドンと構えて見守ってあげましょう。


ハイハイの練習法は?

baby

うつぶせにした時に、顔が上がって前を見て、目の前にあるものに興味を示しているようならハイハイの練習が出来るタイミングでしょう。

もし、まだ顔が上がらず、嫌がるようなら無理強いは禁物です。

目の前に好きなおもちゃなどを置いてみて、興味がありそうなら、少しずつその距離を離してみましょう。

赤ちゃんは気になっておもちゃを取りたくて、ずりばいを始めるかもしれません。

後ろから軽く支えてあげるのも効果的ですね。

ずりばいを卒業して、ハイハイスタイルになっているものの、なかなか動く距離が伸びないという赤ちゃんは、まだ手足の力が十分に発達していないのかもしれません。

無理強いはせず、昨日より少し距離が伸びればいいくらいに考えていましょう。

また、だっこの時に膝の上に載せて、手をもって立たせたときに、ピョンピョン飛び跳ねるしぐさをしたり、両足でしっかり立っていることが出来るようになるのも、足の筋肉の発達を見るポイントになりますよ。


焦りは禁物 ハイハイしない子もいます

son

ハイハイは赤ちゃんの発育の一つのステップですが、中にはハイハイをせず、いきなりお座りからつかまり立ちをして歩き出す子もいます。

運動能力に特に問題がないのであれば、他の子どもと比べて一喜一憂することなく、その子の発育のペースに合わせて育児を成長を見守っていきましょう。

ちなみに3人の子の母である筆者の経験ですが、ハイハイを早くから始めてとても行動的に動き回っていた赤ちゃん時代を過ごした子どもが、今は一番体を動かさないインドア派になり、1歳3か月を過ぎてもお座りしか出来ず、非常に心配した子どもが、今は運動部でアクティブに活動しています。

赤ちゃんもそれぞれの個性があるので、それに合わせて楽死んでみてくださいね。


まとめ

赤ちゃんのハイハイ練習方法は?
ハイハイとには段階があります
ハイハイの練習法は?
焦りは禁物 ハイハイしない子もいます

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存