七五三で男の子の着物をレンタルする場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

七五三で男の子の着物をレンタルする場合

kimono

3歳と5歳に行われることが多い 男の子 の 七五三

羽織袴姿の 男の子 はいつも走り回っている子どもの姿より何となく大人っぽく、凛々しく見えますよね。

男の子の着物の レンタル する時に知っておきたいことをまとめてみました。


男の子が袴を着るわけは?

七五三が始まったのは、室町時代と言われ、江戸時代になり武士の子供を祝う行事として関東地方から全国へこの風習が広がったと言われています。

その頃の子どもは、3歳になるまでの生存率が低く、乳幼児期に死亡する例が多くありました。

そのために生まれてから無事に3年を迎えられたその時に、神様に感謝とこれからの末長い健康を願って祝われたそうです。

また、七五三は、3歳は男女とも、5歳は男の子、7歳は女の子とされています。これは3歳が男女とも髪を伸ばし始める時期だったから、5歳は男性の衣服である袴を着始める時期だから、7歳は女の子が着物の帯を締め始める時期だからといわれています。

こう言った歴史的な流れの七五三の意味を知ると、ますます着物を着てお祝いをしてあげたくなりますね。


七五三の男の子の着物とは

最近では3歳と5歳の両方で男の子の七五三のお祝いをする方も増えているようです。

3歳には3歳の、5歳には5歳のそれぞれの男の子のかわいらしさがあります。

3歳はまだまだ小さくて、抱っこも必要な時期ですので、参拝と撮影と両方行う場合などは、着崩れしないように気をつけましょう。

5歳になるとやんちゃ盛りになり、動きもさらに活発になります。

着なれない、動きづらい羽織袴を着たままで長時間おとなしく座っていることは不可能に近いので、着ている時間を最小限にし、もし動き回るなら汚れたりしない場所を選んでリフレッシュさせてあげましょう。

レンタルした着物を着て参拝をするときは、汚れの目立ちにくい色を選ぶのもポイントです。袴はグレーや白黒のストライプなどが良いでしょう。

草履はレンタル出来ても、足袋は汚してしまう可能性もあるので、2足は用意しておきたいものです。


レンタルを選ぶ良さとは

成長著しい3歳児と5歳児の男の子。

購入した着物では3歳当時は大き過ぎ、5歳当時だと小さくなり過ぎることも考えられます。

しかも男の子は女の子と違ってその後大きくなってから着物を着る機会はほとんどありません。なので、レンタルであればその年代の体形に合った着物を選びし、気持ちよく着つけてあげることが出来るのです。

また男の子は女の子と違ってヘアメイクなどがほとんどないので、自宅で着付けをして出かけるということも可能だと思います。

今では着物をレンタルするお店で着付けDVDの貸し出しも行っているところもあるそうです。

女の子に比べてぐっと簡単なので、器用なママならDVDを見るだけで着せられるようになると思います。もし不安なら近所の美容院などで着付けだけお願いしてみましょう。

レンタルなら自宅へ着物やその他の小物を まとめて届けてもらい、着終わったら自宅から宅配便で返却することもできてとても便利です。

最後に。もし着物は撮影用だけのレンタルで、長時間歩いたり待ち時間のあるお参りには、羽織袴でで行かせるのは汚したりぐずったりしそうで不安だわと言うママもいるかもしれません。

そんな時は撮影用には羽織袴をレンタルし、お参り用にはフォーマルスーツをレンタルしてみる手もあります。

これなら、着物よりは動きやすいし、子どもに負担もかからないでしょう。

七五三を思い出に残る一日にするためにも、下調べは入念に。

レンタルショップも出来るだけたくさん調べて、自分たちのニーズに合ったお店を選ぶようにしましょう。


まとめ

七五三で男の子の着物をレンタルする場合
男の子が袴を着るわけは?
七五三の男の子の着物とは
レンタルを選ぶ良さとは

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存