幼稚園と保育園その違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

フルタイムで働いているパパママの子供が通い、乳児から預かってもらえるのが 保育園

小学校入学前の数年間、基本的に昼間に預かってもらえるのが 幼稚園

二つの園の 違い はこのくらいの認識でいたのですが、実際に調べてみると幼稚園と保育園には大きな違いがあったのです。その違いについてまとめてみました。


スポンサーリンク

幼稚園と保育園その違いは?

保育園とはどんな所

保育園は、保護者である親が働いていたり、病気のために働けない状態だったり、就職活動中のためなどの理由によって、家庭で子どもを保育できない場合に、親に代わって子どもを保育するための「児童施設」のことを言います。一般に0才から小学校入学前の乳児及び幼児が対象で、親からの申し込みにより子どもを預かる施設です。利用するためには保護者である親の就労の程度の条件などが設けられており、認可保育園と呼ばれる国が認可している保育園では入園の選考が厳しいのに対し、無認可保育園と呼ばれる国の認可を受けていない保育園では、基本保護者の保育に欠ける理由は関係なく、児童は入園できます。しかし共働きがあたりまえになりつつある近年は、大都市を中心に需要は高まっているものの、保育園自体の数が足りない状態が続き、保護者は長時間労働に変更して入園のための審査に通りやすくしたり、育児休暇の切り上げや保育園入園を待つ待機児童の少ない地域への引っ越すなどして、保育園への入園を叶えるために大変な努力をしています。


幼稚園とはどんな所

幼稚園は、3才から小学校入学前までの幼児の心身の発達を手助けすることを目的とした「学校」と呼ばれる教育施設です。ただし小学校や中学校のような義務教育機関ではありません。保護者である親の申し込みにより、原則だれでも入園資格を持つことができます。 保育園と違い、幼稚園では親の就労や保育環境などに特に条件はありませんが、人気の高い幼稚園では、親子の面接や適正テストなど、入園試験を実施する場合もあります。


保育内容に違いはあるのでしょうか

まずその保育時間に大きな違いがあります。保育園では保育時間が原則8時間以上で、幼稚園では保育時間が標準4時間以上と決められております。また、働く保護者の子どものための保育園では保育日数の基準はありません。日曜日、祝日以外は基本的に保育園は開いています。これに対して幼稚園では保育日数が『39週を下らない』と決められているので、夏休みなど長期休暇が設けられており、休みの数も園によってばらつきがあります。

保育内容に関しては保育園と幼稚園では法律によって定められた目的から、両者の保育内容の目指すものに大きな違いがあります。児童福祉法第39条に定められているように、保育園では「日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること」となり、生活面を中心とした乳幼児の指導することが目的となります。一方、学校教育法第77条に定められているように、幼稚園では「幼児を保育し、適度な教育環境を与えてその心身の発達を助長すること」が目的とされています。簡単に言えば保育園は乳幼児の生活面のお世話をしながら、成長を手助けするところであり、幼稚園は生活面ももちろんですが、精神面の発達に重きを置いていると言えるのでは無いでしょうか。

以前は保育園は遊びが中心のところ、幼稚園は小学校入学前に集団生活をするところと考えられていましたが、今では保育園でも幼稚園でもそれぞれ独自に教育方針を持って子どもを保育しているところが増えました。保育園でも大きな子どもたちは勉強に力を入れているところもあるし、幼稚園でも勉強よりも体力をつけたり泥んこであ沿いまわることに重きを置いているところもあります。また幼稚園でも保育時間後に追加料金はかかりますが、延長保育を行うところも増え、働くパパマの選択肢の広がりもみせています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存