元気な赤ちゃんを産むために役立つ葉酸サプリ3つの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元気な赤ちゃんを産むために役立つ葉酸サプリ3つの知識

yousann

妊娠中や妊活中の女性であれば、一度は「葉酸」という言葉を聞いたことがあると思います。

ドラッグストアのマタニティコーナーにも、葉酸と名前のついた健康食品、タブレット、サプリメント等が数多く置かれていますよね。

葉酸とは、元気な赤ちゃんを産むために欠かすことのできない成分です。

葉酸の正しい効果と摂取方法を知って、妊娠・妊活に役立てましょう。


葉酸サプリってどんなもの?

葉酸は、主にほうれん草の葉から抽出される水溶性のビタミンB群の一種です。

葉酸には、体内で赤血球を作り出す働きを助ける作用があります。

また、細胞の新生に関わる効果を持つことも分かっています。

そのため、妊娠前~妊娠初期の細胞分裂が盛んな時期に葉酸を摂取すると、胎児の発育に良い影響を与えるとされているのです。

ただし、葉酸はビタミンCなどとは異なり、食事のみで十分な量を摂取するのは難しい部分があります。

毎日毎日、ほうれん草を山盛りで食べ続けるわけにはいきませんよね。

その点、葉酸サプリは必要な量を手軽に摂取することができるのでおすすめです。


葉酸サプリの効果的な摂り方は?

葉酸サプリは、妊活中~妊娠四カ月頃までに積極的に摂取するのが効果的です。

もちろん、四カ月目以降も摂取を続けることで、より高い効果を得ることができます。

葉酸の必要量の目安は以下の通りです。

・妊活中~妊娠四カ月:400マイクログラム/日

・妊娠五カ月~十カ月:240マイクログラム/日

・授乳中:100マイクログラム/日

これを見ると、妊活中~妊娠四カ月までに、より多くの葉酸が必要になるということが分かります。

特に妊娠初期の葉酸摂取は、自閉症や子宮内胎児発育遅延のリスクの低減、流産の予防につながるとも言われています。

もちろん五か月目以降も、母体の貧血予防や母乳の出が良くなるなど、妊婦にとって嬉しい効果がたくさんあります。


葉酸サプリを摂取する際の注意点

妊娠・出産にとって良いことづくめの葉酸サプリですが、摂取の際にはいくつかの注意点があります。

まず、市販されている葉酸サプリには、大まかに分けて、天然由来の成分のみで作られているものと、人工的に合成されたものの二種類が存在します。

そして、天然由来成分で作られている商品にも、添加物が加えられているものがあります。

葉酸サプリを選ぶ場合は、出来るだけ前者を選んだ方が安全です。

母体と赤ちゃんの健康のために摂取するのですから、体に優しい成分で出来ているものを選びたいですよね。

また、葉酸以外に、鉄分やビタミン、カルシウムなどが配合されているものを選べば、複数の栄養素を一気に摂ることができてお得です。

妊娠中は葉酸だけでなく、様々な栄養素が大量に消費されてしまいます。

鉄分が欠乏して貧血になったり、カルシウムが欠乏して歯が欠けてしまったり、という話も良く耳にします。

葉酸と一緒に、その他の栄養素も摂取できれば安心です。

そして、意外と見落としがちなのが飲みやすさです。

葉酸サプリは数カ月単位で飲み続けなければ十分は効果を得られません。

毎日飲むものだからこそ、飲みやすさは重要です。

錠剤の粒が大きすぎて喉に引っかかってしまったり、味や匂いが気になって飲めなかったりするケースもありますので、まずは事前に口コミなどで飲みやすさを調べてから購入すると良いでしょう。

お母さんの体は、赤ちゃんと密接に繋がっています。

お母さんの健康は赤ちゃんの成長にとって一番大切なことです。

葉酸サプリを日常生活に上手く取り入れて、幸せな妊娠・妊活ライフを送ってください。


まとめ

元気な赤ちゃんを産むために役立つ葉酸サプリ3つの知識
葉酸サプリってどんなもの?
葉酸サプリの効果的な摂り方は?
葉酸サプリを摂取する際の注意点

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存