つらい夜泣き!一体いつまで続く!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

赤ちゃんが産まれてすぐは、朝晩問わずに授乳やおむつ替えで、ママは毎晩フラフラですよね。

ですが、赤ちゃんが成長するにつれて授乳間隔が延びてくると、夜も長く寝てくれるようになってきます。

「ようやくぐっすり寝れる!」と思ったのも束の間…、今度は夜泣きが始まってまた寝れない日々が続く…というケースも少なくありません。

一体 夜泣き はいつから始まり、いつまで 続くのでしょうか?


スポンサーリンク

つらい夜泣き!一体いつまで続く!?

夜泣きって何?

夜泣きとは、お腹も満たされていて、おむつも濡れていないのに夜中に突然泣き出してしまうことを言います。

赤ちゃんによっては、夜泣きがなかったり、激しかったりと個人差があります。

夜泣きは原因が不明のため、ママも困惑してしまうことが多いです。

この原因不明なところが、ママにとっては厄介ですよね。

抱っこしても泣きやまず、夜に散歩をしたり、ドライブに出かけたりしたママもいるほど。


夜泣きはいつから?

夜泣きが始まるのはいつからでしょうか?

早い子だと生後3ヶ月頃から始まり、一般的には生後8ヶ月頃に夜泣きが始まる子が多いようです。


夜泣きはいつまで?

一般的には1歳半までの間におさまっていく子が多いようです。

ですが、2歳3歳を過ぎても夜泣きが続く子もいます。

夜泣きがいつまで続くかわからないのが、ママにとってはつらいことですよね。


夜泣きの原因って?

赤ちゃんが夜泣きをする原因はまだはっきりとはわかっていません。

ですが、赤ちゃんが成長する過程に原因があると言われています。

ここでは、月齢別に夜泣きの原因を探っていきます。

生後1~4ヶ月

産まれたばかりの赤ちゃんは、睡眠リズムが未発達です。

そのため、まだ赤ちゃんには昼と夜の区別がついていません。

短いサイクルで寝たり起きたりを繰り返すため、夜泣きが起こると考えられています。

生後5~6ヶ月

この時期の赤ちゃんの脳は、めまぐるしい発達をします。

赤ちゃんは寝ている時も、起きている間に受けた刺激や情報を、脳の中で処理しています。

起きている時に興奮しすぎてしまったり、強いストレスや刺激を受けたりすると、処理中に夜泣きに発展してしまうことがあります。

1歳前後

1歳になっても睡眠リズムや脳の発達は未熟です。

寝かしつけに授乳をしているママは、卒乳・断乳を考える時期でもありますね。

卒乳・断乳をしてから、夜泣きが減ったというママもいます。

これは、おっぱいを飲んでいた最中に寝てしまった赤ちゃんが、ふとした時に口におっぱいがないのに気付いて泣いてしまうことがなくなるからです。

2歳以降

2歳を過ぎると、脳も成長し、日中の出来事を記憶できるようになります。

この時期はいわゆる「イヤイヤ期」。

思い通りにならなかったり、ママに注意されたりすると泣き叫んでしまうことが多くなります。

そのため、日中に感じた刺激や不安、ママへの甘えなどで夜泣きが起こる場合があります。

自我が芽生えてきて、いろいろ自分でやりたい時もあれば、まだまだ赤ちゃんのように甘えてくることもあり、どう接したらいいのか悩むママも多いはず。

ついイライラして大声で叱ってしまったり、顔つきが怖かったりすると、子供が情緒不安定になり、夜中に目を覚ました時に不安になって夜泣きに繋がることがあります。


夜驚症の可能性も?

子供の夜泣きには上記のような原因以外に、「夜驚症」という睡眠障害の可能性もあります。

この「夜驚症」の原因はまだはっきりとはわかっていませんが、成長段階で起こるものとされています。

成長につれて自然とおさまっていくと言われていて、これといった対処法はありません。

自然におさまるのを辛抱強く待つしかありませんが、睡眠障害を専門とする病院などで相談するのもいいでしょう。


夜泣きはいつか終わる

夜泣きが始まると、いつ終わるかわからない不安がありますよね。

でも夜泣きはいずれ終わりがきます。

今は毎晩の夜泣きにしんどい思いもあるでしょうが、これも子供の成長過程と思って乗り切りましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存