横浜の初詣!ぜひ行ってみたい!あの神社!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

今回は 横浜 の 神社 を紹介します。

一年の始まり、1月1日元旦に神社、お寺などに参拝に行くことを 初詣 又は、初参りといいます。

1年の始まりですから、今年の目標に向けて、良い年を迎えられるようにとお願い事を祈願いたします。

1月1日に参拝に行くことを初詣といわれていましたが、今では3が日(1日~3日)松の内(1日~7日)に参拝に行く事が初詣(初参り)と呼ばれてきています。

混雑緩和の一環もあります。

初詣の由来は、恵方参りと神道の年籠りの二つの説があります。

2月に恵方巻きを方向に向けながら食するのはここから来たのでしょうか。

横浜といえば、外人墓地、中華街など外国を思わせる風情がありますが、歴史も古く荘厳の神社があるのをご存じでしょうか。

1年の始まりとなる1月1日元旦ですが、是非初詣に行かれてお願い事を祈願し、良い年を迎えられるようお薦めの横浜の神社を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

横浜の初詣!ぜひ行ってみたい!あの神社に!

伊勢山皇大神宮

横浜市の中心地となる西区宮崎町にある、明治3年の県知事が政府に願い、公費で造られた神社になります。

天照大御神を祭神として祀られ、横浜の総鎭守となります。

毎年5月15日に例際が行われ、明治時代の時に、初めてアイスクリームの屋台が出店したことからアイスクリームの名が知れ渡りました。

このことからも、縁結び、恋愛成就の神様と若者に人気を呼んでいます。

境内からは横浜みなとみらいの街並みが一望できることから約30万人の参拝客がお見えになられます。


瀬戸神社


横浜の金沢区にある、“せと”泥亀町から釜利谷に架けて昔は平潟湾(今の瀬戸橋)と海峡で繋がっていることから、渦を巻くことから“せと”と呼ばれ、人々は神を祀ることにしました。

このことから、ご祭神は大山秖神が祀られています。

ご祭神は港の神、海上渡航の神、交易の神として信仰されています。

歴史は古く、鎌倉時代に源頼朝が幕府を開いたころから、お祭りが盛大に行われていたとか・・・

又、境内には、榧の木や銀杏の木、けやきやくすのきの木などありますが、有名なのは、柏槇です。

なんと江戸時代から境内に横たわっている姿は感慨深い歴史を感じます。

重圧な歴史のある瀬戸神社だからこそ、初詣に向いていると思われます。

住所    横浜市金沢区瀬戸18-14

アクセス  京浜急行 金沢八景駅前

師岡熊野神社


横浜市港北区にある、伊弉冉尊、事解之男命、速玉之男命の3柱を御祭神とした神奈川県指定天然記念物の神社となります。

西暦724年、聖武天皇の時代、全寿仙人によって開かれた熊野三社(和歌山県)の御祭神と御一体となります。

8月24日に盛大に行われる大祭りです。

大正12年までは9月1日に行われていましたが、この年の9月1日には、関東大震災があり、その後は9月13日、昭和45年からは8月24日に行われるようになりました。

住所    横浜市港北区師岡町1137

アクセス  東急東横線 大倉山徒歩8分

お産の宮 日枝神社


横浜市南区にある、山王社、山王大権現、山王宮と呼ばれてきましたが、最近ではお三の宮、お三さまと親しみを込められて呼ばれるようになりました。

御祭神は、大山咋命を主祭神としています。

安産の神様、五穀豊穣の神、商売繁盛の神など信仰されています。

又、“横浜開拓の守護神”としても知られています。 

お三の宮秋祭りは毎年9月の敬老の日 前の金~日曜日にかけて、大小40基に及ぶ氏子による神輿の練り歩きの風景は、優雅さと荘厳さが街を酔わせています。

住所    横浜市南区山王町5-32

アクセス  京浜急行 南太田駅 徒歩5分

この他に、神社ではないのですが、金沢文庫 称名寺 国指定重要文化財でもある、弥勒菩薩が祀られており、仁王門をくぐると、浄土庭園が四季折々の風情を楽しむ事ができ、和やかな情緒があり、1年の始まりのお参りには、多くの参拝客が訪れます。

竹林に囲まれた中に、鐘櫻堂があり、大晦日には、竹とローソクによって境内を照らし、荘厳な雰囲気を醸し出している鶴見区にあるお釈迦様の建功寺です。

日本の和、竹とローソクの調和は見応えがあり、良い1年の始まりをお祝いができる事と思われます。

このように、神社に限らず、初詣(初参り)ができるお寺の存在もうれしいですね。

以上、横浜の初詣にお薦めの神社の紹介をいたしましたが、いかがでしょう?

横浜と言うこともあって、風情を楽しめる神社のイメージが沸いてきます。


初詣の豆知識 ※ 参拝方法の紹介・・・神社の場合・・・

  •  まず鳥居の前で一礼をします。(帽子は脱ぐ事)
  •  手水舎で体を清めます。
  •  お参りをします。(この時にお賽銭は投げない事)2拝2拍手1拝で、マフラーなどは脱いで、手荷物は下ろした状態で行います。

初詣の豆知識 ※ 参拝方法の紹介・・・お寺の場合・・・

  •  山門の前で一礼をします。
  •  手水舎で体を清めます。
  •  お線香を上げます。
  •  お参りをします。お賽銭を入れ、鐘を鳴らし、合掌し、一礼をします。

神社とお寺の初詣の参拝方法も少し違いがあるので、行く際はちょっと気に止めとくのも忘れないように!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存