よだれつわり(唾液過多症)の軽減対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

つわり の中でも、あまり知られていない「よだれつわり(唾液過多症)」。

しかし、延々と続く不快な症状に、ひと知れず悩んでいる人は意外と多いものです。

よだれつわりの症状や原因、軽減対策について詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

よだれつわり(唾液過多症)の軽減対策

よだれつわりってどんな症状?

「よだれつわり(唾液過多症)」とは、大量の唾液が口の中にあふれてきて、唾液を飲み込めなくなったり、唾液のせいで吐き気を催したりする症状をいいます。

妊娠前に比べてなんとなく唾液の量が増えたと感じる程度で済む人もいれば、食事や会話が難しくなるほど大量の唾液に悩まされる人もいます。

また、よだれつわりになると、唾液の味が気持ち悪く感じられて吐き気を催したり、粘ついた唾液が出て口の中の不快感が続いたりといった症状も現れます

単純に唾液の量が増えるだけでなく、唾液の味や質までもが変わったように感じられてしまうのが、よだれつわりの辛い点といえます。


よだれつわりの原因とは?

他のつわり同様、よだれつわりの原因も完全には解明されていません。

ただし、妊娠に伴って症状が現れることから、妊娠すると急激に分泌量が増加する「hCG(ヒト絨毛性ゴナドロピン)」や「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が関係しているのではないかといわれています。

hCGには脳の嘔吐中枢を刺激する作用が、プロゲステロンには胃腸の機能を低下させる作用があります。

これらの作用によって胃腸の働きが悪くなり、それを補うために、消化・吸収うを助ける役割を持つ唾液の分泌量が増加するというのが、よだれつわりの原因の1つと考えられています。


よだれつわりが続く期間は?

残念ながらよだれつわりは、一般的な吐きつわりや食べつわりに比べて、長い期間続く傾向があります。

通常、つわりは妊娠5~6週頃に始まり、妊娠12~16週頃に落ち着くのが一般的とされますが、よだれつわりの場合は吐き気が治まった後も続くケースが少なくありません。

出産まで大量の唾液に悩まされ続け、出産を終えると同時にぴたりと唾液が止まったという人もいます。

妊娠期間中ずっと唾液に悩まされ続けるのは本当に辛いことですが、妊娠に伴う症状である以上、出産を終えてもよだれつわりが治らないという人はいません。

よだれつわりが長引いてしまった場合も、「出産すれば必ず唾液は止まる」と前向きに考えるようにしましょう。


よだれつわりの軽減対策

よだれつわりを根本的に治す方法はありませんが、下記のような対策によって症状を軽減することは可能です。

主なよだれつわりの軽減対策をご紹介します。

漢方薬やツボによる治療

吐き気を緩和したり、消化の促進や唾液の抑制効果がある「益知(やくち)」「小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりゅうとう)」「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」などの漢方薬は、よだれつわりの軽減に一定の効果を期待できます。

また、手と手首の境目にあるしわの中央部分から、ひじに向かって指を三本置いた場所にある「内関(ないかん)」というツボも、吐き気、胃痛、二日酔いなどの症状緩和に効果があることが知られています。

ただし、漢方薬やツボの中には、妊娠中の使用・刺激は禁忌とされているものも多いため、必ず専門家のアドバイスを受けた上で試すようにしてください。

空のペットボトルに吐き出す

大量の唾液を無理やり飲み込み続けていると、吐き気を催す原因になってしまいます。

また、唾液を大量に飲むことで、さらに胃腸が弱り唾液の量が増えるという悪循環も生み出しかねません。

だからといって、一日中タオルやティッシュであふれる唾液を拭い続けるのは大変ですよね。

そんな時におすすめなのが、空のペットボトルに吐き出すという方法です。

ペットボトルであれば持ち運びも便利ですし、飲み物を飲むふりをして唾液を吐きだすこともできます。

見た目が気になる人は、ペットボトルカバーを使用すれば中身が見える心配もありません。特に、外出時にはおすすめの方法です。

水分をしっかり摂る

健康な人でも1日に1.5~2リットル近い量の唾液が分泌されています。

私たちは普段、自分でも気が付かない内に唾液を飲み込んでいるのです。

しかし、よだれつわりで唾液が飲み込めなくなり、ペットボトルやタオルなどに吐きだし続けていると、知らず知らずの内に脱水状態に陥ってしまう場合があります。

特に、体重が減少する、尿の回数や量が減る、尿の色が濃くなるなどの症状が見られる場合は、脱水を引き起こしている可能性が高いため注意が必要です。

つわり中は、吐き気があって水を飲むのもままならない……というケースも少なくありませんが、脱水状態に陥らないためにも水分補給は怠らないようにしましょう。


かかりつけ医に相談する

よだれつわりの症状が辛い場合は、遠慮せずかかりつけ医に相談しましょう。

ただちによだれつわりを止める方法はありませんが、点滴などの治療によって症状が緩和されるケースも珍しくありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存