つわり中の食べ物とおすすめ食材!NG食材!食事メニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

つわり中の食べ物とおすすめ食材!NG食材!食事メニュー

tuwari

原因がはっきりわかっていない つわり に有効とされている成分は今のところビタミンB6だけです。

海外ではつわりの症状の緩和に、積極的にビタミンB6の摂取を勧めています。

また、つわりを軽減するには食事の摂り方にもポイントがあります。

モーニングシックネスともいわれるように、空腹だと症状を感じやすいのです。

お腹がすき過ぎないようにちょこちょこ食べられる物が良いですね。


つわり中に摂りたいビタミンB6を含む食べ物

ピスタチオ  

ビタミンB6の含有量が100gあたり1.22mgとにんにくの次に多いのです。

ナッツなのでカロリーは高いですが、空腹が大敵のつわりに時期に、こまめにちょっとつまむにはぴったりです。

バナナ    

ビタミンB6を一本当たり0.34mg含みます。

何より手軽に食べられるのがつわりのときには嬉しいです。

一口大に切って冷凍しておくのもおすすめです。

煎り大豆    

大豆もビタミンB6が豊富です。

ピスタチオと同様ちょこちょこ食べるのに向いています。

国産の無農薬大豆をフライパンで乾煎りすれば安心です。

アボカド   

森のバターといわれるほど栄養満点です。

ビタミンB6のほか妊娠中に不可欠な葉酸を多く含みます。

レモン汁を少しかけると変色を防ぐと同時に酸味がプラスされて食べやすいです。

ポン酢をかけても美味しいです。

おにぎり   

一口で食べられるくらいの大きさに握っておきます。

温かいご飯は食べられなくてもおにぎりなら臭いがあまり気になりません。

海苔はビタミンB6やビタミンB12のほかミネラルも豊富です。

ミニトマト  

一口で食べられるのでちょこちょこ食べにぴったりです。

冷凍してから流水をかければ皮がきれいに剥けて口当たりも良くなります。

      

特にレモンやグレープフルーツなど柑橘系の飴はさっぱりとして吐き気の軽減になります。

糖分が脳神経を刺激するので空腹感が抑えられます。

ただし、妊娠中は歯のカルシウムが溶け出しやすくなっているので虫歯リスクは高まります。

炭酸水    

爽快感があって気持ちがすっきりしますが、発泡性なので一度にたくさん飲むと吐き気につながります。

干しプルーン 

緩下作用があるので便秘の解消に役立ちます。

ビタミン、ミネラルも豊富で美容効果もあります。


つわりの時のNG食材

steak-1138563_640

レバー   

水溶性ビタミンのビタミンB6、葉酸が豊富ですが脂溶性ビタミンのビタミンAやビタミンDの含有量も多く、これらは尿と一緒に排出される水溶性ビタミンとは違って体内に蓄積されるので過剰摂取になる可能性があります。

動物性ビタミンAの過剰摂取を続けると胎児に水頭症や口蓋裂があらわれる場合があります。

     

レバーと同様に動物性ビタミンA(レチノール)を含みます。

レアステーキやユッケなど肉の生食 

トキソプラズマ症の危険性があります。

トキソプラズマは寄生虫で家畜の肉にいます。

猫を最終宿主として繁殖するので、ペットの猫から感染する場合もあります。

しかし一度感染すると抗体ができるのでもう発症することはありません。

健康体であれば症状が出ないこともあり、軽い風邪くらいで気がつかない場合もあります。

しかし、抗体のない女性が妊娠直前~妊娠直後にトキソプラズマ症にかかると胎児に胎盤を通して感染する可能性があります。

その場合目や脳に支障が出たり、水頭症にかかったりすることもあります。

刺身    

なま物は食中毒の危険性があります。

食中毒による下痢や嘔吐は流産や早産の原因になることがあります。

加えて鮪や鰹などの大型魚は体内に水銀メチルが多く蓄積されており、水銀を排出できない胎児に胎盤を通じて移行した場合、発達障害の可能性があります。

魚卵    

魚卵には感染症の原因菌であるリステリア菌がいることがあり、リステリア感染症を発症する場合があります。

通常であれば重症化することは滅多にありませんが、妊娠中は免疫力が落ちるので注意が必要です。

生卵    

特に殻にはサルモネラ菌がいることがあるので気をつけます。

加熱によって死滅するので十分加熱して食べる分には大丈夫です。

揚げ物   

消化の悪い揚げ物は胸やけの原因になります。

油の臭いも催吐性があります。

また、カロリーオーバーで体重増加の要因になります。

香辛料   

通常使用する分には構いませんが、大量に摂取すると危険です。

ハーブティーも飲み過ぎには注意が必要です。

ナツメグは神経系に作用するので興奮、幻覚、眩暈、動悸、嘔吐などの症状がみられます。

ローズマリー、サフラン、セージ、ミント、フェンネルはいずれも子宮収縮にかかわるので気をつけます。

特にサフランは堕胎作用、経通作用があるので昔から妊婦には避けられています。

パセリやセロリに含まれるアピオールは中絶薬にも使用される成分なので大量に摂らない方が良いでしょう。

アロエには子宮収縮作用があるので過剰摂取は避けましょう。

炭酸飲料  

砂糖がたくさん入っているのでカロリーオーバーの原因になります。

砂糖の代わりに人工甘味料を使ったノンシュガーやノンカロリーのものは添加物が多いので注意が必要です。

カフェイン、アルコール 

妊娠期間全般を通してNGですが、特に胎児の基礎器官が形成される妊娠初期は、影響が大きいです。

大量のカフェインやアルコールは葉酸の吸収を妨げます。


つわりの時の食事のメニュー

pregnant

妊娠初期には葉酸が不可欠なことと、つわり にはビタミンB6が有効なことが知られています。

葉酸はレバーや鰻の肝、魚卵、にんにくなどにたくさん含まれていますが、妊娠中は注意が必要ですし、つわりのときに食べたいものでもありません。

緑黄色野菜や海藻、果物に含まれる葉酸とビタミンB群を上手に利用して、必要な栄養を摂りながらつわりを軽くできたらいいですよね。

つわりのときでも食べやすくて体に優しい メニュー を集めてみました。


つわりのときでも食べやすいメニュー

モロヘイヤのスープ

1.玉ねぎとにんじんの切れ端を煮出してスープを取ります。

2.塩少々で味を調え刻んだモロヘイヤを加えます。

3.さっと煮たらそのまま冷まします。

4.常温になったら冷蔵庫で冷たく冷やします。

5.食べるときにレモン汁を数滴垂らします。

かぼちゃのスープ

1.かぼちゃはレンジで加熱して柔らかくします。

2.皮を外して鍋に入れ、水と牛乳を少しずつ加えながら潰します。

3.滑らかになったら好みの濃さになるまで水と牛乳を加えて温めます。

4.ほんの少し塩を加えて味を調え、そのまま冷まします。

5.冷蔵庫で冷たく冷やしていただきます。

モロヘイヤのポン酢和え

1.モロヘイヤの葉をさっと湯がきます。

2.熱湯で30秒くらいです。

茎は1分ほど茹でれば美味しくいただけますが、つわりのときは葉のほうが食べやすいです)

3.ポン酢をかけていただきます。

4.ポン酢の味が尖っているときは煮切った日本酒か出汁で割るとまろやかになります。

日本酒は煮切ってあるのでアルコールは飛んでいますから大丈夫です。

ささ身のポン酢漬け

1.動物性たんぱく質も必要です。

2.ささ身はあっさりしているので比較的食べやすい食材です。

3.塩少々と酒を振りかけ、ラップをしてレンジに40秒~1分かけます。

4.ポリ袋にポン酢とささ身を入れ、そのまま冷まして細かく手で裂きます。

サラダに添えたり豆腐にのせたりしても美味しいです

枝豆のゼリー寄せ

1.枝豆は茹でて鞘から出し、薄皮も剥きます。

2.鰹と昆布でとった出汁600mlに粉寒天4gを加えてよく混ぜ、火にかけます。

3.完全に溶けたら混ぜながらさらに2分くつくつと煮て火を止めます。

4.枝豆を加えて器に流し入れ粗熱をとってから冷蔵庫で冷やし固めます。

ゼラチンでも出来ますが固まるまで時間がかかります

寒天だと室温で固まりますし、食物繊維が摂れます

ミニトマトの出汁浸し

1.ミニトマトは冷凍します。

2.凍ったミニトマトを流水で洗うと簡単に皮が剥けます。

3.飲めるくらいの濃さの出汁つゆでミニトマトをさっと煮て、つゆに浸けたまま冷蔵庫でよく冷やします。

豆苗のお浸し

1.豆苗は値段も安く、二回目の収穫もできるので買い物に行けないときも便利です。

2.熱湯で5秒茹でるだけであっという間に火が通ります。

ビタミンが豊富でミネラルも含んでいるので身体の調子を整えてくれます

二回目に収穫した物の方が豆の臭いが薄いので、臭いが気になる人でも食べやすいです

変わり冷ややっこ

冷たく冷やした豆腐は比較的喉を通りやすい食べ物です。

醤油よりポン酢の方がつわりのときは食べやすいです。

トマトポン酢かけ、梅しそ鰹節のせ、レモン汁塩オリーブオイルかけ、もずく酢のせ、ささ身のポン酢漬けのせ、など酸味を足すとさっぱりと食べられます

素麺

素麺ものど越しが良く食べやすい食材です。

意外と塩分が多いのでつゆは薄めを心掛けます

薬味にねぎやしそ、大根おろし、梅干し、ごま、海苔を加えて栄養バランスをとります。

梅キュウ巻き

白いご飯より酢飯の方が食べやすいかも知れません。

梅干しの酸味でさっぱりと食べられます。

冷やしおじや

ご飯をそのまま冷やすと硬くなるのでおじやにしてから冷やします。

少しのご飯でかさが増え、空腹感が抑えられます。

野菜や豆腐、白身の魚などを加えて一緒に煮ておけば栄養を摂ることもできます。

プルーン入りヨーグルトアイス

プレーンヨーグルトにドライプルーンを刻んで加えて冷凍庫で凍らせます。

プルーンが甘いので砂糖は入れません。

便秘対策にもなりますが、一度にたくさん食べるとお腹を壊すので気をつけてください

いちご

皮を剥いたり切ったりする手間がないこと、ビタミンB群が豊富なこと、ちょっとずつ食べられること、酸味があって食べやすいこと、全てにおいてつわり対策の強い味方です

食後のデザートや何か食べられそうなときにはいちごをどうぞ。

へたは洗ってから取ります。

先に取ると水っぽくなるうえに傷みやすくなります。

残ったら冷凍しておくといいですよ。


食べやすいものを

冷たい物、酸味のある物、さっぱりした物がつわりのときでも食べやすいです。

醤油の代わりにポン酢や柑橘類の搾り汁を使えば塩分の取り過ぎを防ぐのにも役立ちます。

素麺やうどんをポン酢で食べても美味しいですよ。

塩分が気になるときは出汁で割るとマイルドになります

料理は冷たい物の方が臭いません。

お味噌の臭いはつわりのときには結構つらいですが、お味噌汁も冷たく冷やせば飲みやすくなります。


まとめ

つわり中の食べ物とおすすめ食材!NG食材!食事メニュー
つわりに効く食べ物
つわりの時のNG食材
つわりの時の食事のメニュー
つわりのときでも食べやすいメニュー
食べやすいものを

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存