つわり中でも大丈夫! 手抜き&ニオイ無しの食事メニューをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

つわり中でも大丈夫! 手抜き&ニオイ無しの食事メニューをご紹介

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s

つわり 中は少しのにおいにも敏感になり、吐き気を催したり、食が細くなりがちですよね。

「気持ち悪いけど、でも、赤ちゃんのために食べなきゃ」と、食事 自体がプレッシャーになることもあります。

今回はそんな悩める妊婦さんに私自身の実体験やママ友などの話を元に、つわり中でも食べられた食事をまとめてご紹介します! 


もろきゅう

c140648bee13b21a8410fd7126ab927d_s

お腹がすいているのに、あらゆるニオイが気持ち悪くて食べられない時にかじっていたのが「キュウリ」でした。

味噌と砂糖とめんつゆ、鰹節を混ぜただけの簡単もろ味噌を付けて、ひたすらキュウリ生活が一週間ほど続きました。

あの程良い塩気とコリコリとした食感、なによりニオイがたたないという点でベストだった気がします。


【以下の記事もつわりについて書いてます参考にしてみてくださいね】

吐きつわりで辛い期間に!5つの対策でこの時期を乗り切ろう!!

家事を圧倒的に楽にする時短アイテム~調理器具ベスト~


サラダうどん

5d2473178ced8ec16902b88120295cc8_s

私の場合、つわりが一番きつい時間帯が夕方でした。

とくに2人目がお腹にいる時には、自分のペースで休むことができなかったり、上の子の夜泣きでまとめて寝られなかった翌日などは絶不調。

そんなときの夕食は決まって「サラダうどん」でした。

レンジでチンして使えるうどんは常に冷凍庫にストックしておき、いつものキュウリとトマト、ハム、もやし(スチームクッカー使用)を載せて、しゃぶしゃぶ用ゴマだれをかけるだけ。

このメニューのときには主人も「しんどいんだな」と察知して、家事を手伝ってくれました。


しゃけのホイル焼き

070b0fd8f0eb5e9b438d9c9f771c5686_s

「栄養は取りたいけれど、調理のニオイがしんどい」妊婦さんにお勧めなのが「しゃけのホイル焼き」です。

「つわりのときに魚なんて!?」と思われるかもしれませんが、これ、かなり便利なメニューなんです。

すでに切り身になっている塩鮭をホイルに載せて、薄切りにした玉ねぎ・ニンジン・ピーマン・しめじを載せて、バターひと欠片とブラックペッパーを振ったら、包んで焼くだけ。調理中のニオイがありませんし、冷めてから食べても充分美味しいので自分だけ常温になって、ニオイがたちにくくなってから食べていました。

濃いめの味が好きな方は食べる前にちょこっと醤油をたらしてどうぞ。私は酸味が欲しかったので、ポン酢をかけて食べていました。

そして、このメニューの一番良いところは、洗いものが魚臭くならないところです。

ホイルで包んでポイっとできるのが、かなり嬉しい。

私は、食べる時にホイルが破けるのがいやだったので、クッキングシートと二枚重ねで調理していました。


番外・スパイシーチキン

d394e7ba9d6e3cbe3a1e807644d9ea00_s

つわり中は臭いもきついはずなのに、なぜだか油っぽいものを欲してしまう妊婦さんが多いんです! 

フライドポテトがどうしようもなく食べたくなってしまう方は多く耳にしますが、私を含め、周りの友達では圧倒的に多かったのが「スパイシーチキン」。

コンビニでも手軽に買えますし、ケンタッキーフライドチキンのもの(期間限定品)は、ドライブスルーに何度吸い寄せられたことか数知れません。

胃もたれしそうに思いますが、身体が欲するときには案外と大丈夫な事がほとんどでした。

油分が多いので、便秘がちな妊婦さんには良いかもしれませんが、一般的にスパイスや唐辛子などの刺激物は避けるべきとも言われています。

何をするにも「過剰」はNGです。適度な量と回数でお試しを。


まとめ

つわり中の食事のつらさはそれぞれです。

食べられたり、食べれなかったりするのには個人差が大きいですし、その日が大丈夫でも次の日はだめだったりすることもあります。

酸味で吐き気がおさまるタイプの人には酸っぱくて口の中に変な甘さが残らないタイプの飴もオススメですよ。個人差はありますがこれなら食べられて悪祖が和らいだと言う方も多いですよ。


Preggie Pop Drops Organic (12Pieces) プレギー・ポップ・ドロップス・オーガニック つわり用サワーキャンディー

ゆっくりと自分に合った食事を探してみてくださいね。

妊娠中は、体調変化が著しく、メンタル的にも自分自身がついていけないこともあります。

妊娠期間中は今までにない経験をしますが、永遠に続くものではありません。

産後には必ず思い出になり、語り草になります。妊婦のみなさん、頑張ってください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ