東京の神社に初詣!東京にも穴場の神社があるんです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

 

関東平野中央部の東京湾に属する、人口、経済などでも世界最大の都市として、日本の首都 東京 となります。

慶応4年7月に“江戸”から“東京”に名前が変更になりました。

歴史を感じる東京には、幾つもの由緒ある 神社 がありますが、1年の始まりとなる、初詣 に相応しい神社を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

東京の神社に初詣!東京にも穴場の神社があるんです!

明治神宮

東京都渋谷区にあります。

珍しい事に、全国青年団によって、造園整備された境内、献木された樹木が植樹されております。

建立に明治天皇が携わっていることから、御祭神は明治天皇と昭憲皇太后が祀られております。

本殿を初め、神楽殿、宝物殿、武道場、至誠館などがあります。

毎年沢山の参拝客が訪れますが、他にはないご利益とパワースポットが4カ所も存在することもあって初詣の時期は特に賑わっています。

南参道・・大鳥居~三の鳥居・・良縁・縁の滞りを改善する癒しのスポット

社殿・・夫婦楠~拝殿前・・夫婦円満、家内安全

宝物殿・・宝物殿~芝生広場・亀石・北池・・道を切り開く、迷いのある時

御苑・・清正井~菖蒲田~南池・・道を切り開く、迷いの有るとき

以上4カ所のパワースポットを簡単に紹介致しましたが、迷いが有るとき、何かパワーを貰いたい時な行かれると良いと思われます。

尚、パワースポットに行かれる際、なるべく午前中に行かれる事をお薦めします。

住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

アクセス:R山手線 原宿駅 下車 徒歩2分

靖国神社

明治2年に明治天皇によって造られた東京招魂社が、明治12年に「靖国神社」と名前が変わりました。

平和の国家を造ると意味合いで、明治天皇が名前を付けられました。

国家の為に尊い生命を捧げられた御霊を慰め、後世に伝えていく役目で造られた神社です。

春秋の行われる大祭りは靖国神社にとって重要な祭事となります。

春は、4月21日から3日間に渡って行われます。

清戚、当日祭、第二日祭、直会の諸儀がとりおこなわれます。

特に清戚では、神職は勿論、祭事に用いる物一切を清める儀式、当日祭では、召し上がっている山の幸や海の幸など神鐉50台をお供えする事によって神霊を慰め、世の中の平和を祈ります。

秋の例大祭は10月17日から4日間にかけて行います。

春の例大祭より1日多く、当日祭の儀式を第二日会、第三日会と行い、4日目の直会では、感謝の儀式となります。

この他に、盆行事として、昭和22年から続いている「みたままつり」お盆の7月13日から16日に行われ、大小の提灯や青森のねぶた、神輿などの奉納行事が盛大に行われ、東京の夏の風物詩として沢山の参拝客が訪れます。

住所:東京都千代田区九段下3-1-1

アクセス:JR 中央線・総武線 飯田橋 下車 徒歩10分

荘厳な雰囲気を持っている神社ですが、行かれると心が和む、癒やされます。

尚、平成31年には御創立150年をお迎え致します。


大国魂神社

東京府中市にある大国魂大神を武蔵の国の守り神として祀られた神社となります。

人々に衣食住を教え、医療法も教えられたとされる出雲の大神と同様になります。

その事から、厄払い、厄除け、縁結びなど福神としての神様が祀られています。

「くらやみ祭り」は大国魂神社にとって最大なお祭りとなります。

4月30日から5月6日までの間に様々な行事が行われ、特にくらやみ祭りは、祭りの最高潮になります。

4月30日、「汐盛り」とは、神職の一行が品川の海で清め、その汐水を持ち帰って、期間中に汐水を使用することを言います。

盛大なお祭りの始まりとなります。

見応え十分、堪能され、日本お祭り と思われると思います。

「大国魂神社の七つ不思議」をご存じでしょうか。

★御供田の苗・・田植え祭が終了後、荒らされた苗が元に戻り、収穫に至る。

★縦の雫・・・・拝殿前のたての樹木から常に雫が絶え間なく流れている。

★境内の鳥類・・境内には数多くの鳥類が飛び回っていいますが、社殿を汚す事はしなかった。

★矢竹の根・・・源頼朝が背負っていた箙のうわ矢を抜いて奉納した祭に根付をした竹が拝殿の前にある。

★大銀杏の螧貝・・樹齢1000年の銀杏の木には、螧貝が生息しており、産後の肥立ちが良くなる。

★大杉の根・・・参道には、数十本の杉がありますが、杉の根が参道に生えてくることはなかった。

★境内には松の木はなし・・境内には1本も松の木は無く、植樹しても枯れるとのことから府中では、正月の門松も松の木は使用しない。

初詣に行かれた際、7つ不思議 も一緒に確認するのも、楽しみの一つとなりますね。

住所:東京都府中市宮町3-1

アクセス:京王線 府中駅 下車 徒歩5分

芝大神宮

一条天皇によって御創立された、伊勢神宮の御祭神、天照大御神を内宮に祀られ、豊受大神を外宮に祀られている歴史を感じる神社となります。

“関東のお伊勢さん”と呼ばれている事から、特に女性に人気があり縁結びの神様とも呼ばれています。

更に、立地がオフィス街にある事から、商売繁盛の祈念したお守りも有名です。

又、宝くじの発祥地と言われ、黒猫のくうちゃん が有名になり、毎日くうちゃんは忙しい日々を送っているとか・・・

住所:東京都港区芝大門1-12-7

アクセス:JR山手線 浜松町駅 下車 徒歩6分

日本の中心地、東京の神社の紹介を致しましたが、東京 を感じることができましたか。

華やかな雰囲気がある東京のイメージがありますが、どこか古風で昔ながらの風情を大切に醸し出している神社が数多くある事に気がつきました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存