共働き夫婦の家事分担・揉めないための「3つのコツ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

family

近年は結婚・出産後も仕事を続ける女性が増え、共働き 夫婦の 家事 分担が大きな問題となっています。

中には、あまりにも家事に非協力的な夫に嫌気がさし、離婚に発展してしまうケースもあります。

そのような事態を招かないためにも、共働き夫婦が上手く家事分担をするための「3つのコツ」をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

共働き夫婦の家事分担・揉めないための「3つのコツ」とは?

役割分担をしっかり決める

まず、1つめのコツは「役割分担をしっかり決める」ことです。

たとえば、妻の分担は「食事の支度・掃除機がけ」、夫の分担は「食事の後片付け・風呂&トイレ掃除」というように担当を決めておけば、やるべきことが明確になり、それぞれの家事スケジュールが立てやすくなります。

また、特に男性の場合は「家事をやれ」とだけ言われても何をすればいいのか分からない……というケースが多いため、あらかじめ役割分担を決めておくことはとても重要です。

役割分担さえしっかり決めておけば、例えば「食べた後の皿を洗っていない」という時に、どちらがその作業をやるかで揉めることもないので安心です。

揉めごとの火種になりそうなものはあらかじめ消しておく、というのが家事分担で揉めないための大原則ですね。


その時々で臨機応変に対応する

2つめのコツは「その時々で臨機応変に対応する」ことです。

一見、1つめのコツでご紹介した「役割分担をしっかり決める」に矛盾するように感じるかもしれませんが、まるで法律のようにがちがちに決め込み過ぎると、却って衝突を招く場合があります。

仕事をしていると、突然残業になってしまったり、大量の持ち帰り仕事が発生してしまったり……なんてこともよくあります。

そんな時は、時間に余裕のある方が家事を多めにこなすことで、夫婦間のバランスを上手く保てるのです。

また、子育て中の夫婦の場合は、子供が急に熱を出してしまった、というようなトラブルも頻繁に起こります。

保育園のお迎えや病院の受診、看病など、突発的な出来事で普段のリズムが崩れてしまった時こそ、互いに助け合い、臨機応変に対応できると、夫婦の絆もさらに深まるのではないでしょうか。


感謝の気持ちを忘れない

3つめのコツは「感謝の気持ちを忘れない」ことです。

よく、「一生懸命家事をやっても、夫からはありがとうのひと言も言われたことがない」という女性側(妻側)の愚痴を耳にしますが、「相手がやって当たり前」という態度では、やる方も嫌気がさしてしまいますよね。

逆に、「良かれと思ってやったことにことごとくダメ出しをされて、家事をやるのが嫌になった」という男性の声を聞かされることもあります。

男は褒めて育てろ、なんて言葉もありますが、女性の側もケチをつけるばかりではなく、「やってくれてありがとう」という気持ちをちゃんと言葉や態度で示すことが大切です。

誰でもありがとうと言われれば嬉しくなって、「もっと頑張ろう」と思うものです。

互いに対する感謝の気持ち・思いやりの気持ちを忘れないことが、家事分担で揉めないためには必要だと思います。

共働き夫婦は互いに忙しいだけに、色々と大変なことも多いと思います。

ましてや子育て中とあれば、仕事に家事に育児にと、毎日が戦争状態です。

ひと昔前までは「家事は女性がするもの」という風潮がありましたが、今は「家事も育児も夫婦が助け合ってするもの」という考え方に変わりつつあります。

いつまでも夫婦円満に、幸せに暮らすためにも、上記に挙げた3つのコツを参考にして、上手に家事分担をしてみていただければと思います。


まとめ

共働き夫婦の家事分担・揉めないための「3つのコツ」とは?
役割分担をしっかり決める
その時々で臨機応変に対応する
感謝の気持ちを忘れない

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存