鉄分不足を食材だけでは大変!?効率よく摂取する方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

 

こんにちは^^

1歳の息子を育てている、1児のママです!

突然ですが、鉄分って女性にとって大切な成分ですよね。

生理の日や妊娠中、出産後などこの他にも日頃から 鉄分不足 で貧血気味でちょっとしたことでめまいがしたりなど…

私も思春期の頃からひどい貧血に悩まされて、朝礼の時に倒れてしまったり、満員電車で気分が悪くなってしまったり、立ちくらみなど…

本当に貧血のせいで悩むことが多かったです。

鉄分って本当に不足すると体に不調が出ますよ!

でもこの鉄分って野菜だけで摂取するのはとっても大変なこと!

じゃあ、どうしたらいいの?

毎日忙しくて「鉄分」のことなんて考えていられない!

もっと簡単に手軽に摂取できる方法はないの!?

こんな疑問をお持ちの方に今回はサプリメントとうまく付き合う方法や妊娠中・授乳中などのときは飲んでも大丈夫なのかどうかなど、疑問にもお答えいたします!


スポンサーリンク

鉄分不足を食材だけでは大変!?効率よく摂取する方法とは?

まずは「鉄分」について知ろう!

「鉄分を摂取しなさい!」と言われても、1日どれくらい取らなくてはいけないのか分らないですよね^^;?

目安として1日の摂取量は以下の通りです

成人男性10mg

成人女性12mg

妊娠後期・授乳中20mg

と一般的に言われています。

また、鉄分には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」というものがあります。

皆さん知っていましたか!?

非ヘム鉄

豆類・野菜・海藻などの植物性食品に含まれています。

ヘム鉄

肉類などの動物性食品に含まれており、一般的にヘム鉄のほうが吸収率が良いとされています。

非ヘム鉄の5~6倍の吸収率があるのが特徴です!

非ヘム鉄でも、妊娠中などの鉄分補給が必要な時には気にすることなく摂取するといいでしょう。

全く含まれていないわけではないので、非ヘム鉄でも効率よく摂取すれば効果は期待できますよ!


鉄分を野菜で摂取すると…!?

鉄分が多く含まれている食材は、レバーやひじき・小松菜・納豆・あさりなどが多く知られていると思います。

ですが食材で鉄分を全て補おうとすると、とてもではない量を食べなくてはなりません。

毎日の食事に取り入れるのは、少し面倒ですし、また出先や家事や育児・仕事などで忙しい方にとって鉄分を考えながらでは大変ですよね…

そんな時に便利なのが「サプリメント」です!


サプリメントを効率よく摂取しよう!

私がおすすめするサプリメントです^^

妊娠中にも飲んでいたので、安心して口にすることができますよ!

妊娠中や授乳中は「薬」など気を使わなければならないことが多いですが下記でご紹介しているものは安心・安全です♪

ベルタ葉酸サプリ

鉄分が15mg入っています。

妊活中・妊娠中・授乳中など口にするものにとても気を使う時期でも安心して摂取できるサプリメントとなっています。

鉄分の他にも、女性に必要なカルシウムや葉酸なども含まれていますので、とてもオススメです☆

AFC葉酸サプリ

合成着色料・香料・保存料未使用なので安全です!

また、こちらの商品も妊活中・妊娠中でも安心して飲めるようになっています。

雑誌やテレビなどで紹介されているほどの商品です♪


まとめ

いかがでしたでしょうか?

鉄分は女性にとってとても必要な成分なので、毎日必要な摂取量だけ取れるようにしましょう!

サプリメントは「薬」と思ってしまいがちですが、毎日の食事にプラスαで補っているものだと思えばいいのです。

食材以外のものは口にしたくないと考える方もいらっしゃると思いますが、サプリメントのおかげで体調が良くなったということもたくさんあるのですよ^^

今では、お店に行かなくてもコンビニやネットでも簡単に手に入りますし、ネットだと口コミもリアルなものが見れますので参考にしてみてください!

もちろんサプリメントだけに頼ってしまうのではなく、食事をしっかりバランス良くとった上で飲みましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存