手遊びで心の発達に1歳児にオススメする手遊びをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

1歳3ヶ月の息子を育てている1児のママです!

お子さんと遊ぶ時って、普段どんな遊びをしていますか?

定番のおもちゃで遊ぶ?

公園で遊具や砂場遊び?

デパートやショッピングモールにお出かけ?

一言で「遊ぶ」って言っても、いろいろあると思います。

ですが、「手遊び」をお子さんとやっている方は少ないのではないでしょうか。

じつはこの「手遊び」にはたくさんのメリットがあり、お子さんの成長にも大きく関係する遊びなのです!!

今回は、1歳児におすすめする手遊びをいくつがご紹介いたします♪


スポンサーリンク

手遊びは心の発達に大きく影響する?1歳児にオススメする手遊びをご紹介!

「手遊び」とは?メリットは!?

保育園や幼稚園では必ずと言っていいほど、やるのではないでしょうか。

私も息子と毎日のように児童館に通っています。児童館でも毎回終わりに手遊びをしています。

そのぐらい、子供向けの場所では手遊びが主流となっているのです!

そんな手遊びですが、具体的なメリットがあります。

心の発達に影響する

手遊びを通じて「愛情ホルモン」が分泌されることによって、心の安定や情緒安定に繋がります。

また、手遊びの歌の中にはたくさんの「モノ」の名前が出てくるため想像しながら遊ぶことで想像力も養われます。

脳の発達を促進

左右の手をバランス良く使うため、脳が活性化され、発達に大きく影響します

手先が器用になる

遊びながら手先を使うため感覚が養われ、手先が器用になります

体の発達を促進

手遊びは繰り返し行う動作が多いのでリズム感や反射神経が養われます。また、日頃なかなか使うことがない手先や体の動きをすることで、感覚を身につけることができます。

言葉やコミュニケーション能力を養う

自分の気持ちを相手に伝えたい!という気持ちが自然と生まれてくることで、コミュニケーションをはかろうとしたり、言葉で伝えたりしたいなどの気持ちが出てきます。


1歳児におすすめする手遊びをご紹介

1匹の野ネズミ

「1匹の野ネズミが穴ぐらに落っこちて、チュチュチュチュチュチュチュチュ、大騒ぎ~♪」

これを5匹まで繰り返し行います。

  1.  人差し指を出す
  2.  左手で穴を作る
  3.  右手を穴に入れる
  4.  最後は両人差し指でバツを作るようにトントンする

最近は指のトントンを短い指で真似しようとするので、本当に可愛らしいです^^

全然できていませんが…笑

パンダ・うさぎ・コアラ

「おいでおいでおいでおいで、パンダ!おいでおいでおいでおいで、うさぎ!おいでおいでおいでおいで、コアラ!パンダ、うさぎ、コアラ~♪」

  1. おいでおいでおいでおいでの時に、手招きを両手でする
  2. 「パンダ」は手で輪っかを作って目の前に
  3. 「うさぎ」は両手を頭に乗せて耳を作るように
  4. 「コアラ」は両手を前にして輪っかを作って、木をかかえるように

私のオリジナルは、コアラの時に息子をギュッとしてあげるととっても笑ってくれます^^

いっぽんばしこちょこちょ

「いっぽんばしこーちょこちょ、すべって、たたいて、つねって、かいだんのぼって、こーちょこちょ~♪」

  1. 「いっぽんばし」子供の手のひらに人差し指を置く
  2. 「こーちょこちょ」で子供の腕を、ママの指でてくてく上っていく
  3. 「すべって」で手のひらまですべる
  4. 「たたいて」で子供の手のひらをたたく
  5. 「つねって」で子供の手のひらをつねる
  6. 「かいだんのぼって」で子供の腕を、ママの指でてくてく上っていく
  7. 「こーちょこちょ」でくすぐってあげる

我が子が一番大好きな手遊びです!「こーちょこちょ」と言う前に来るのが分かっているのですでに笑ってしまいます^^


まとめ

いかがでしたでしょうか?

手遊びって本当にメリットがたくさんありますし、何よりも子供の発育に大きく影響するところが良いですよね(^^)

私も手遊びのメリットに気付いた時から毎日のように家でもやっていますが、やはり他の子よりも感情表現が豊かだな~と感じる場面があります。

※他の子と比べるのは良くないですが…

手遊びはお金も道具もいらなく簡単にできるので、ぜひ手遊びを習慣つけてみてください♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存