立ち会い出産を成功させるには?旦那さんの役割は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

近年は、立ち会い出産 を希望する夫婦が増えています。

しかし、いざその時を迎えると、旦那さんは右往左往するだけでまったく役に立たなかったと嘆く女性が多いのも事実です。

立ち会い出産を成功させるにはどうすればいいのでしょう?

また、立ち会い出産における旦那さんの 役割 とはどんなものなのでしょう?

それらについて詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

立ち会い出産を成功させるには?旦那さんの役割は

立ち会い出産とは?

立ち会い出産とは、出産の場に旦那さんや上の子供、その他の家族などが立ち会うことを言います。

近年は立ち会い出産を希望する夫婦が増加しており、7割以上の夫婦が実際に立ち会い出産をしたという調査結果もあります。

出産という壮絶にして神秘的な場に立ち会うことで、夫婦や家族の絆が深まる・旦那さんにも父親としての自覚が芽生えるなどの効果があるとされています。


立ち会い出産を成功させるために大切なこと

せっかく立ち会い出産をするのなら、夫婦でしっかり協力をして、後悔のない出産にしたいですよね。

そこで、立ち会い出産を成功させるために大切なことをご紹介します。

妊娠や出産に対する知識を深める

妊娠の当事者である女性は、妊娠期間中に育児本や母親教室などを通じて、妊娠や出産に対する知識を深めていきます。

一方、男性は女性に比べて知識が浅い人も少なくありません。

中には出産に対する知識がほとんどないまま立ち会い出産に臨み、あまりの無知ぶりに妻から呆れられてしまったという人もいます。

出産時に妻を正しくサポートするためにも、あらかじめ妊娠や出産に対する知識を深めておくことは大切です。

ママや赤ちゃんのことを第一に考える

妻が陣痛で苦しんでいるのに自分はうたた寝をしていたり、お腹が空いたからと自分だけ食事をとったり……そんな自分本位の行動で妻を幻滅させてしまう旦那さんも少なくありません。

出産の主役は妻(ママ)と赤ちゃんです。

自分のことは後回しにしてでも、妻と赤ちゃんをサポートする気持ちを持つようにしましょう。

長丁場に備えて準備をしておく

個人差はありますが、一般的に出産は12~16時間かかる長丁場です。

人によっては陣痛が始まってから出産まで2~3日かかったという場合もあるほどです。

陣痛の間は、「お腹が空いたからちょっとコンビニに行ってくる」というワケにもいきません。

旦那さんも長丁場に備えて、食べ物や飲み物などを準備しておきましょう。

合間にサッと食べられるゼリーやパンなどがオススメです。

無理や痩せ我慢はしない

分娩の際は、同時に出血が起きることも珍しくありません。

しかし、男性の中には血を見るのが苦手という人も多く、中には分娩室で貧血を起こし倒れてしまったなんてケースもあります。

妻も医療スタッフもお産で手一杯のところに、旦那さんが倒れてしまっては大迷惑ですよね。

どうしても血が苦手な場合は、無理や痩せ我慢はせず、血が見えにくいポジションに移動するなど、自分なりの工夫をしましょう。


立ち会い出産をする際の旦那さんの役割とは

いざ出産の場に臨んだ時に、何をすればいいのか分からず右往左往することのないように、立ち会い出産をする際の旦那さんの役割をしっかり把握しておきましょう。

ママの体をさするなどして痛みを和らげる手助けをする

陣痛の苦しみは大変なものです。

もし男性が陣痛を経験したら、痛みのショックで死んでしまうとも言われているほどです。

痛みの波が来ている時に背中や腰をさすってあげたり、お尻を押さえてあげたりすることで、妻の苦しみを和らげることができます。

どこをさすったり押したりして欲しいか聞きながら、都度必要な手助けをするようにしましょう。

ママが安心できるような声がけをする

出産は、何度経験しても不安なものです。

特に初産の場合は、痛みと不安でパニックに陥ってしまう人も少なくありません。

そんな時は、「大丈夫」など妻が安心できるような声がけをしてあげましょう。

また、呼吸法などをマスターしておくと、痛みで乱れがちな妻の呼吸をリードしてあげることができます。

ぜひ事前に夫婦で練習しておきましょう。

飲み物など必要なものを渡してあげる

先にも書いたように、出産は長丁場です。途中で喉が渇いたり、お腹が空いたりすることもあります。

妻が欲しいと言った時に、必要なものをすぐに渡してあげるのも旦那さんの大切な役割です。

また、ペットボトルにストローをさしておくなど、ベッドに横たわったままの姿勢でも水などが飲める工夫をしておくと便利です。

出産の瞬間を記録する

我が子が生まれた瞬間をデジカメなどで記録するのも、旦那さんの役目です。

慌てふためいて写真やビデオを撮り忘れたなんてことないように気をつけましょう。

ただし、人によっては出産直後の姿を映されたくない女性もいるので、事前に夫婦間で確認しておくと安心です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存