国産たんぽぽ茶で母乳育児をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

春から夏にかけて黄色い可愛らしい花をつける国産たんぽぽ

花の後にできるふわふわの綿毛に息を吹きかけ空に飛ばした思い出のある人も多いでしょう。

可憐な姿に似合わず公園や空き地、街路樹の脇、アスファルトやコンクリートの隙間でも繁殖することができる強い生命力を持っています。

黄色い花びらがたくさんあるように見えますが、一つ一つが小さな花です。

世界各国で自生又は栽培されており、インドのアーユルヴェーダやアラビアのユナニ医学では肝胆系の不調やリュウマチの改善に用いられていました。

中国では生薬を蒲公英(ほこうえい)といい、その根を乾燥したものは蒲公英根(ほこうえいこん)と呼ばれ、ニキビ、吹き出物、喉の腫れ、結膜炎、浮腫、便秘、急性乳腺炎、催乳などの漢方薬に使われています。

ヨーロッパでは昔から葉をサラダにしたり、根を炒って焙煎したハーブティーをコーヒーの代用品にしたりして食用にするほか、便秘の解消や利尿、肝機能改善のための薬用植物として利用してきました。

日本でも平安時代の薬辞典『本草和名(ほんぞうわみょう)』に「たな(田菜)」「ふじな(不知菜)」が蒲公草にあたると記載があり、古くから食用や薬用に用いられていたことがうかがえます。

民間療法ではたんぽぽの根と牛蒡子(牛蒡の種)を煎じたお茶が乳腺炎の特効薬として用いられてきました。


スポンサーリンク

国産たんぽぽ茶で母乳育児をサポート

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒー

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーは同じものとする向きもありますが、本来は製法が違います。

和薬としてのたんぽぽ茶は根(葉や茎を混ぜる場合もあります)を乾燥させて煎じたもので非常に苦いです。

「ダンディライオン」として知られるハーブティーの中にも乾燥させて砕いた根を煎出するタイプのものもあります。

一方たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーとして市販されているものは、乾燥させた根砕いてさらに焙煎し、フィルターで濾したものです。

焙煎することで香ばしい香りが生まれ、たんぽぽ本来の苦味と相まってコーヒーのような風味になります。

焙煎すると薬効が変化すると考えられますので、煎じたたんぽぽ茶と焙煎して淹れたたんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)の効能が同等であるかは疑問です。

漢方ではたんぽぽの根(蒲公英根)は寒冷~平(冷温どちらでもない)の性質を持つとされているので身体を温める効果は期待できません。


たんぽぽの効能

たんぽぽは清熱解毒作用、消腫散結作用があり、主に根が胃炎、結膜炎、乳腺炎、扁桃炎など各種炎症の鎮静、おでき、吹き出物、腫物の解消、母乳不足の改善のための漢方薬に使われています

女性ホルモンのエストロゲンの働きを助け、乳腺の通りをよくして母乳の分泌を促し、生理痛、生理不順、排卵障害、更年期障害を緩和します。

利尿作用があり、むくみの解消や腎機能の改善にも効果が期待されます。また、肝機能の向上のほか抗C型肝炎ウィルス作用も認められています。

たんぽぽの根は菊芋に多く含まれることで有名な多糖類のイヌリンを含んでおり、脂肪の蓄積を防ぎ、血糖値の上昇を抑制するなど生活習慣病の予防にも効果が期待されます。

女性ホルモンの働きを助けることから不妊の解消にも役立ちますが、たんぽぽは漢方では清熱解熱作用をもつ寒冷~平(冷温どちらでもない)の性質の薬草とされていますので熱の取り過ぎからくる冷えには注意が必要です。


母乳不足には蒲公英湯

蒲公英根、当帰(とうき)、香附子(こうぶし)、牡丹皮(ぼたんぴ)、山薬(さんやく)を配合した漢方薬の「蒲公英湯(ほこうえいとう)」は乳汁欠乏症の改善に用いられます。

そのことから蒲公英根は身体を温めて血行を良くし、母乳の量を増やすと誤解されがちですが、その効果は乳腺を開きやすくして通乳を促し、母乳の分泌がスムーズにおこなわれるようにすることです。

配合されている当帰の血行促進、造血作用、香附子の気鬱の解消作用、牡丹皮の消炎、活血作用、山薬の強壮作用が相互に働くことで催乳効果が得られます。


たんぽぽ茶ティーライフの魅力

たんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)はカフェインを取りたくない妊婦さんや子どもにも安心して飲める健康飲料です。

煎出法のたんぽぽ茶と違い苦みが少なく、根を焙煎してあるので清熱効果が弱まり、身体を冷やし過ぎる心配もありません。

乾燥や焙煎の加減により風味が大きく変わるので製品によっては飲みづらいと感じる人もいるかもしれませんが、産地を限定した良質な原料を厳選し、丁寧に仕上げたティーライフのたんぽぽ茶は、効能豊富な素材を配合したブレンド茶なので、健康茶にありがちな苦味やクセがなく、香ばしい香りと嫌みのない口あたりでどんな料理にも合い、食事中でも美味しく飲めます。

女性ホルモンと似たような働きをする大豆イソフラボンや血行促進、コレステロール値の改善、免疫機能の向上の効果が期待されるサポニンを含む黒豆を丁寧に焙煎して甘味と香ばしさを引き出し、母乳に欠かせないカルシウムや鉄、その他多くのミネラルを含んだ醗酵ギンネムを配合し、女性の身体と母乳育児を強力にサポートしてくれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存