姑との関係!大切な距離感のとり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

昔から、嫁姑問題 は女性にとって永遠のテーマです。

「同居の姑と上手くいかなくて毎日イライラしてばかり」「年末年始やお盆に義実家に帰省するのが憂鬱で仕方ない」などなど、巷では 姑 との 関係 に悩む声がよく聞かれます。

姑との関係を良好にするためには、なによりも距離感が大切です。

嫁姑問題で悩まないために、姑との上手な距離の取り方や関わり方についてご紹介します。


スポンサーリンク

姑との関係!大切な距離感のとり方

近すぎる距離はトラブルの元

義理とはいえ、結婚して家族になったのだから、姑も実の母親と同じように大切にしなければ……。

その考え方自体は間違いではありませんが、姑との距離を縮めすぎるのはトラブルの元ともいえます。

特に、姑と同居や近居をする場合は、物理的な距離が近い分、精神的な距離感はある程度持ち続けていた方が、長期間にわたって良好な関係を維持することができます。

いくら「家族」になったとはいえ、姑は姑、実の母親ではありません。

生活習慣や物事に対する考え方など、関係が深くなるにつれ違いが見えてくるものも多々あります。

そんな時、互いの距離が近すぎると、意見の相違から衝突をしてしまったり、関係に溝が出来てしまったりする恐れがあります。

その逆に、精神的に一歩引いた距離感を保てていれば、自分と姑の意見が違う場合でも、「そんな意見もあるのだな」と客観的に捉えることができます。

正面からの衝突を避けるためにも、適度な距離感を保つことは大切と言えます。


姑と円満な関係を築くコツとは

適度な距離感を保つ以外にも、姑と円満な関係を築くコツはたくさんあります。

今日からでもすぐに実践できるものをいくつかご紹介します。

過剰な苦手意識を持たない

「姑」という言葉を聞いただけで身構えてしまう人も少なくありませんが、過剰な苦手意識を持ってしまうと、上手くいくはずのものも上手くいかなくなってしまいます。

テレビや小説には「嫁姑バトル」を題材にした作品も少なくなく、また、インターネットや雑誌などでも嫁姑問題に悩む女性の話に触れる機会は多いため、どうしても先入観的に苦手に思ってしまう人もいますが、世の中には実の親子以上に嫁姑の仲が良いという家族もたくさんあります。

「姑」という言葉だけで過剰な苦手意識を持たないように注意しましょう。

誕生日や母の日にはプレゼントを贈る

誕生日や母の日にきちんとプレゼントを贈るのも、姑との関係を良好に保つ秘訣です。

高価なものでなくても、気持ちのこもったものであれば、贈られた相手はきっと喜んでくれるはずです。

特に、実の母親に必ずプレゼントを贈っている場合は、姑にも同じようにプレゼントを贈るようにしましょう。

何かの拍子に、実の母親にはプレゼントを欠かさないのに姑には何もない……なんてことが知られてしまったら、姑との関係に亀裂が入りかねません。

そのような事態を招かないためにも、日頃から心遣いは忘れないようにしましょう。

出しゃばりすぎずに姑を立てる

年長者であり、主婦や母親としても大先輩である姑を立てることも、良好な関係を維持するためには大切です。

もちろん、すべてにおいて姑の言いなりになる必要はありませんが、意見を聞くべきところでは姑の言うことにも耳を傾け、一理あると思ったら時には従う姿勢も大事です。

特に同居の場合は家事のやり方など日常の細々した事柄や育児の仕方について、姑と意見が衝突するケースも少なくありません。

そんな時は、自分のやり方や考え方を一方的に押し通すのではなく、姑を立てる気持ちを忘れずに、冷静な頭で「何がベストなのか」を考えてみると良いでしょう。

掃除の仕方など些末事の場合は、自分の意見は一端取り下げて、姑に任せてしまうのも1つの方法です。

どんな時でも「出しゃばり過ぎない」「姑を立てる」ということを頭の片隅に置いておくと、不必要なぶつかり合いを避けるのに役立ちます。

姑の前では夫を立てる

姑の前で絶対にしてはいけないことの1つが「夫の悪口を言う」です。

自分にとっては夫であっても、姑にとっては大切な息子。嫁に悪口を言われて良い気がするわけはありません。

姑の前では夫を立て、呼び方も名前を呼び捨てにするのではなく、○○さんと「さん付け」で呼ぶようにすると、夫を立てる良い嫁という印象を与えることができます。

もちろん、姑の前だけでなく、日頃の生活の中でも夫をぞんざいに扱うことは避けた方が良いでしょう。

夫婦仲を良好に保つためというのはもちろんのこと、子供の前で夫をバカにしたり、悪口を言ったりしていると、子供が姑に他意なくそれを話してしまう恐れがあるからです。

いくら姑の前では取り繕っていても、「家ではパパはママにバカって言われているんだよ」と子供に暴露されてしまえばすべて終わりです。

普段から夫を大切に扱うことも、嫁姑問題を引き起こさないためには重要なことと言えるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存