就学援助制度について知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

就学援助制度について知ろう!

syuugakuennjyoseido

学校に通い始めると案内のある 就学援助制度 

これって何?どういう人が援助してもらえるの?どういう援助があるの?返す必要はあるの?など、不明な点が多くありませんか?

就学援助制度について少し勉強してみましょう。


就学援助制度の内容を知ろう

学校教育法第19条において、「経済的理由によって、就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない」とされています。

その制度が就学援助制度なのです。

補助の対象となるのは、学用品費・体育実技用具費・新入学児童生徒学用品費・通学用品費・通学費・修学旅行費・校外活動費・医療費・学校給食費・クラブ活動費・生徒会費・PTA会費等です。

かなり多くの対象があります。

要するに、子供の学校生活のためであれば自由に使っていいということです。

お住まいの地域によりますが、年額にすると5~10万円くらいもらえます。

1年生の方が準備物品が多いので、多くもらえる傾向にあります。

「入学して、1年くらいしてから考える」という人もいるようですが、1年目こそもらいたいところです。


就学援助制度をもらえる人はどんな人?

全ての人が就学援助の受給を認められるわけではなく、認定される基準があります。

国が定めている基準によると、「要保護者」と「準要保護者」です。

要保護者とは、おおむね生活保護を受給している者という解釈でいいと思います。

準要保護者とは、住んでいる自治体によって異なるので確認が必要です。

おおむね母子家庭や父子家庭の場合はもらえる傾向にあります。

しかし、収入によっても変わってきます。自治体や学校に確認をしてみてください。

ある自治体の対象者を紹介したいと思います。

  • 市民税非課税世帯
  • 児童扶養手当受給世帯
  • 前年の所得額が所得基準額を下回る世帯(例:四人世帯の場合、所得が約350万円以下)
  • 災害、疾病、失業等により生計に著しい変化を生じ、生活が困難であると認められる世帯
  • 生活保護がこの1年以内に停止又は廃止になった。
  • 国民年金の掛け金の減免を受けている。
  • 国民健康保険量の減免又は徴収の猶予をうけている。
  • 保護者の職業が不安定で、生活が極めて困難である。

デリケートな問題ですので、「就学援助を受けませんか?」なんて学校側から聞かれることは稀です。

自分から担任の先生や事務の先生に聞いてみましょう。


就学援助制度の申請の仕方を知ろう

 申請をするには、学校から配布される用紙で申請するか、お住まいの地域の役所・役場等で申請します。

学校からの申請用紙はだいたい4月上旬に配られることが多いです。

4月下旬頃になって届いていないようであれば、学校側に確認してみてください。なお、年度の途中でも申請をすることは可能です。

自治体によって違いますが小学校から中学校への入学の際は入学前の説明会で申請用紙をもらい制服注文の時に申請書を提出する場合もあります。

更新は1月くらいに申請用紙をもらい生活保護の証明書や非課税証明書、母子家庭、父子家庭、世帯収入の収入によって申請が受理されるか変わります。

お住まいの自治体によっては自動更新で就学援助制度を受けれないこともあります。

およそ3ヶ月くらいで認定の可否がわかるそうです。

詳しくはお住まいの自治体、もしくは学校に相談してください。

義務教育無償化とは言え、学校に行くというのはお金がかかることです。

申請手続きが難しかったり、面倒だったりしますが、お子さんのためにまずはもらえそうかの確認からスタートしてみてはどうでしょうか。


まとめ

就学援助制度について知ろう!
就学援助制度の内容を知ろう
就学援助制度をもらえる人はどんな人?
就学援助制度の申請の仕方を知ろう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存