出産時の呼吸方法で陣痛の痛みを和らげる本番でとっても役に立つテクニック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

最近何でも「ママ、ママ」と言ってくる小さな息子を育てているママです!

わたしは痛みに強い方の人だと思っていましたが、出産時の「陣痛」は想像以上の出来事でした。※妊婦さんに最初から恐怖を与えるのは良くないと思いますが…^^;

出産が終わると痛みも忘れちゃうなんて言う方もいらっしゃいますが、私は今でも鮮明に覚えています…

まだ1人目なので次の子を産むときには少しでもお産を軽くしたいという気持ちがあります!!

そんな私のように出産時の陣痛を少しでも和らげたい方必見です!

呼吸法」で陣痛は和らげられるのです♪出産本番でとっても役に立つその方法とテクニックをご紹介いたします。

ぜひ参考にしていただければと思います^^!


スポンサーリンク

出産時の呼吸方法で陣痛の痛みを和らげる!?本番でとっても役に立つそのテクニックをご紹介!!

そもそも「呼吸法」ってなに!?

じつは「呼吸法」によって、リラックス効果が期待できます。

出産時のリラックス効果は、産道を柔らかくし痛みを和らげる働きが期待できます。

また、赤ちゃんにも十分な酸素を送ることが可能です。

リラックスは「安産」への近道!!

陣痛がピークの時ほど、騒がず慌てずに「リラックス」することを頭に入れておいてくださいね♪

ぜひ、このあとご紹介する呼吸法をマスターしてくださいね(^^)

Step1 陣痛開始

陣痛が始まったばかりは、あまり痛みが強くありません。

「3秒鼻から空気を吸い込み、3秒口から空気を吐き出す」

陣痛の波が治ったら、深呼吸してリラックスしましょう。あまり早い段階から呼吸法を意識してしまうと疲れてしまうので、この段階ではあくまでも自然な呼吸をしていいでしょう!

Step2 陣痛が強くなる

陣痛が強くなり、波の感覚が狭くなってきたら

「2秒間鼻から吸って、2秒間で口から吐き出す」のペースを掴みましょう。

さらに、痛みが増してきたら陣痛のタイミングに合わせて1秒間に変更してください。

痛みのピークが去ったら、ゆっくりと普通の呼吸に戻します。次の陣痛がきても、力を入れすぎずにしましょう!

陣痛が1分間隔になってくると、「鼻で軽く吸って、口で「ヒー」や「フー」と長めに吐きます」

この時は痛みがピークで耐えるのに必死ですが、少しでも気持ちを落ち着かせリラックスを心がけてみましょう。

Step3 最高潮の陣痛

痛みがなくなるまで「ヒッヒッフー」のリズムで呼吸しましょう。

力みがちになってきますが、「ふわー」と声に出すと力が抜けやすくなりますよ!

もう、この時ばかりは自分の楽な方法で乗り越えるというしかないでしょう。

私も痛くて叫びたくなりましたが、叫ぶと変に力が入り産まれにくくなると言われたので、グッとこらえてしました…

Step4 産まれた後

おつかれさまでした。

やっと赤ちゃんに会えることができて、一安心。

でも、ママはきっとヘトヘトですよね?

きっと脱力感でぼーっとする人も居れば、やっとお腹の赤ちゃんに会うことができて感動する方もいらっしゃるでしょう。

そんな時でもゆっくり・ゆったりと呼吸をして呼吸を整えながら、少しずつリラックスしましょう♪


まとめ

いかがでしたでしょうか?

出産時は痛みや緊張で体が固くなってしまいがちです。大切なのは少しでも「リラックス」することですよ!

今回ご紹介した呼吸法を事前に練習しておいて、いざ本番で役立てられるようにしてください(^^)

赤ちゃんに会えるまでもうすぐですよ!

出産は女性なら誰でも乗り越えられることなので、気を強く持って頑張りましょう♪

そして出産後が本当の本番ですよ!

お腹の痛みやお産の疲れがどこかへ行ってしまうほど忙しくなります。

そんな多忙な毎日が待ち受けていたとしても、イライラせずに呼吸法で「リラックス」をしてみましょう♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存