出産祝いのお返しの基本!人気商品はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

child

赤ちゃんを出産すると、親戚や友人に 出産祝い を頂くことがありますよね。

初産の場合は、お返し のマナーや相場もわからないママも多いかと思います。

また、出産した直後は、母体の回復もままならない中、子供のお世話につきっきりでゆっくりお返しの品を選ぶ時間もありません。

ここでは、出産祝いのお返しについての基本と人気商品をご紹介します。


出産祝いのお返しの基本!人気商品はこれ!

出産祝いのお返しの基本

お返しを送る時期

出産祝いのお返しを送る時期は生後2週間から1ヶ月過ぎを目処にしましょう。

産まれた直後は慣れない育児にバタバタしがち。

そのため、産後1ヶ月前後に手配するママが多いようです。

産後1ヶ月を過ぎてから頂いた出産祝いに関しては、頂いてから1ヶ月以内にはお返しを送るようにしましょう。

お返しの相場

お返しの相場は頂いたものの「1/2」または「1/3」くらいとされています。

現金で頂いた場合はわかりやすいですが、物で頂くと値段がわからないものもありますよね。

そういう時はネットで調べたり、似たような物の値段で当たりをつけましょう。

渡し方は手渡し・郵送どちらでもOK

購入先から郵送してもらうと手間がかからないのでおススメです。

お返し用のギフト専門のサイトなどでは、赤ちゃんの写真入りのメッセージカードを同封できるサービスもあります。

親族や親しい友人には子供のお披露目も兼ねて直接手渡しされるのもいいと思います。

熨斗や包装紙は適切なものを

熨斗・包装紙は適切なものを選びましょう。

お返しに使う包装紙はあまり派手なものや奇抜なものにはせず、縁起の良い柄や可愛らしい色合いのものを選びましょう。

水引は紅白の蝶結びで、水引の上には「内祝」、下には子供の名前を書きます。

熨斗のほかに命名札をつける風習もあります。

相手が気に入るものを選ぶ

せっかくなら送った相手が喜ぶものを送りたいですよね。自分の好みも一つの基準ではありますが、相手の好みやライフスタイルに合うものを考えて選びましょう。


出産祝いのお返しに!人気商品

カタログギフト

高額なものを頂いた方や年輩の方などにはカタログギフトが無難です。

豊富な商品の中から好きなものを選んでいただけるので、好みがわからなくても安心。

金額設定も幅広く、頂いたお祝いに応じた価格のカタログを選べます。

出生時の写真や手形・足形などを彫ったメモリアルボードを添えたり出来る商品もあり、親族へ贈ると喜ばれます。

タオル

お返しにタオルなんてありきたり?いやいや、とんでもない!

日用品はもらってすぐに使える嬉しいギフトのひとつ。

その中でも今治タオルはダントツの人気を誇ります。

上質な肌触りとその使い心地は他のタオルと一線を画します。

高級なタオルはなかなか自分じゃ買わないもの。

出産祝いのお返しには十分素敵な商品です。


お菓子

「物」だと嵩張るし、好みもあるし…という方には消え物がおススメです。

和菓子に洋菓子、いろいろ種類も豊富ですが、カステラやクッキー・焼き菓子などが人気です。

お茶や紅茶がセットになっているものや、お菓子に名入れをしてくれるサービスがあります。

佃煮・西京焼きなどのグルメ

ごはんのおともにぴったりな佃煮や西京焼きの詰め合わせも、出産祝いのお返しに人気の商品。

目上の方には老舗のグルメで感謝の気持ちを伝えましょう。

お米

毎日食べるお米は、貰って嬉しいお返しのひとつ。

子供の出生体重と同じ重さのお米を贈るのも、出産祝いのお返しならではですね。

抱っこしやすいような形状で、産まれた赤ちゃんの重みを体感できます。

贈った相手からの反響も多く、話のネタにもなりやすい商品です。


出産祝いを頂いたらきちんとお返しを

産まれた赤ちゃん、両親へのお祝いとして頂く出産祝い。

頂いたらきちんとお返しして、失礼のないようにしましょう。




まとめ

出産祝いのお返しの基本!人気商品はこれ!
出産祝いのお返しの基本
出産祝いのお返しに!人気商品
出産祝いを頂いたらきちんとお返しを

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ