「出産する時にかけてほしい言葉」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

「出産する時にかけてほしい言葉」

baby-belly

近年、我が子の誕生の瞬間を一緒に迎え、喜びあえる立ち会い 出産 が増えています。

陣痛が始まり、いよいよ分娩…!という時に、慌てふためいている姿や余計な一言を発する夫にイライラしてしまう奥様もいるようです。

お腹の赤ちゃんに会えて幸せな瞬間を迎える前に、夫婦の関係にヒビが入ってしまっては今後の生活に支障が出そうですよね…。

出産する時に起きた出来事は良いことも悪いこともよく覚えているものです。

ここでは、出産する時の言葉がけや立ち会い出産の心構えなどをご紹介します。


パパが知っておきたい出産のアレコレ

初産の妊婦さんはもちろんですが、初めて立ち会い出産に挑む旦那様も、陣痛室や分娩室でどういう風に過ごせばいいのかわからないですよね。

まずは、出産の流れを簡単に予習しましょう。

陣痛が10分間隔

規則的な陣痛が始まると、いよいよ出産に向けてお産が始まります。

この時はまだ間隔も長く、痛みもそれほど強くありません。

リラックスして過ごしましょう。

陣痛が3~5分間隔

陣痛間隔が短くなってくると、痛む時間も長くなります。

少しずつ痛みが増してきます。

子宮口が全開に。陣痛は2~3分間隔

子宮口が10cmまで開いたら、陣痛のピークに合わせていきみます。

いきむタイミングや呼吸の仕方は助産師さんがそばで指示してくれます。

赤ちゃんの頭が見えてきた!

赤ちゃんの頭が出たら、いきむのをやめて身体の力を抜きます。

「ハッハッハッハ」と息を吐き、短い呼吸をすることで、身体の緊張を解きほぐします。

肩・全身が出てきて赤ちゃん誕生!

陣痛はまだ続いています。頭が出ると子宮の収縮に任せて自然と肩~全身が出てきます。

そして待望の赤ちゃんが誕生します♪

後産

赤ちゃんが産まれた後はまた軽い陣痛があり、胎盤が出てきます。

この胎盤が赤ちゃんをずっと支え、守ってきてくれたのです。

最後は会陰の縫合をして、2時間ほど休息を取ります。

陣痛が始まってから出産までの時間は人それぞれ。

病院に行って2~3時間で産まれたという人もいれば、24時間以上陣痛に苦しむ人もいます。

早く終わってほしい。まだなの?と一番思っているのは陣痛に苦しんでいる奥様です。

痛みをこらえている奥様の前で、旦那様からは決して「まだかな?」なんて言ってはいけません。


頑張っている奥さんにかけたい言葉とは

陣痛開始から出産まで、妊婦さんはひたすら痛みに耐えなくてはいけません。辛そうなパートナーに何か励ましの言葉をかけてあげたいと思う旦那様も少なくありません。

ですが、良かれと思った一言が、奥様の地雷を踏み抜いてしまうことも。

ここでは、出産時にかけられて嬉しかった言葉をご紹介します。

頑張れー!

定番中の定番ですが、やはりシンプルな励ましの言葉は何よりの力になります。

頑張れてるよ!

頑張れ!と似ていますが、頑張っているのに「頑張れ!」と言われるのが腹立つ!と思う妊婦さんもいます。頑張っている姿を褒めてくれる言葉は、妊婦さんの不安を取り除いてくれます。

赤ちゃんも頑張ってるよ!

お腹の赤ちゃんも狭くて暗い産道を少しずつ少しずつ頑張って進んでいます。

陣痛の間隔が短くなり、痛みの強さも増してくると「早く終われー!」とめげそうになりますが、この痛みは赤ちゃんも頑張っているサインなんだ!と思うと頑張れます。

もう少しだよ!

陣痛に苦しんでいる妊婦さんは、自分がどんな状態になっているのかわからないほど大変な状態です。

「今頭が見えてるよ!」とか「もう少しで肩が出るよ!」など、状況を説明しながら励ましてくれると、あと少しだ!と希望が見えてきて頑張る力が湧いてきます。

陣痛で辛い時は、励ましの言葉も煩わしく感じることもあります。

何も言わずにそばでサポートしてくれるだけでいいという奥様もいますので、奥様の性格や状況に応じて声かけしてあげてください。


励まし以外にも出来るサポート

そばで励ますことも奥様の力になりますが、それ以外にも出来ることはたくさんあります。

いきみ逃がしのために腰をさすったり、押したりするのは結構力が必要なので、旦那様の出番です。

他には水分補給や食事の介助、汗を拭いてあげたりなど、この時ばかりは召使いのように奥様の指示に従ってサポートに徹しましょう。


陣痛中はいつもの奥様ではありません

陣痛は人生で一番といっていいほど痛いです。それがいつ終わるのかわからない不安とともに耐えなくてはいけない妊婦さんは、旦那様がいつも接している奥様とは違うかもしれません。

あまりの痛さで暴言を吐かれたり、物を投げられたりと理不尽な行動を取られたりするかもしれませんが、そこはグッとこらえていただきたいです。

そして無事に赤ちゃんを出産した際には「頑張ったね、ありがとう」と労いの言葉をかけてあげてください。

さらに夫婦の愛情が深まり、幸福感に満ちた出産の記憶になるはずです。


まとめ

「出産する時にかけてほしい言葉」
パパが知っておきたい出産のアレコレ
頑張っている奥さんにかけたい言葉とは
励まし以外にも出来るサポート
陣痛中はいつもの奥様ではありません

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ