初めての出産で痛みに不安を感じている方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

お腹の赤ちゃんに会えるのは嬉しいけれど、初めての 出産 は分からないことだらけで 不安 がいっぱい……。

そんなママも多いことでしょう。

ここでは、出産前に準備しておくべきことや、陣痛等の痛み・分娩に対する不安の乗り越え方、出産に役立つグッズなどをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

初めての出産で痛みに不安を感じている方へ

出産前に準備しておくもの

出産予定日が近づいたら、準備リストを作成し、必要品一式をバッグに入れた『入院セット』を作っておきましょう。

事前にちゃんと準備をしておくことで、いざ陣痛が始まってからも慌てずに済みます。

主に必要なものは下記の通りです。

母子手帳、印鑑、筆記用具

母子手帳ケースにひとまとめにしておくと便利です。

特に、母子手帳は重要なので、絶対に忘れないようにしましょう。

授乳用のパジャマや下着、産褥ショーツ

授乳しやすい形に作られたパジャマや下着を用意しておきましょう。

ただし、病院によっては病衣をかりられる場合もあります。

出産後は大量の悪露が出るため、産褥ショーツも必須です。

それぞれ3着程度ずつあると安心です。

母乳パッド

出産から3日ほど経つと、絞らなくても母乳が溢れ出てきます。

普通のブラジャーでは染みてしまうので、母乳パッドを用意しておきましょう。

生理用ナプキン

悪露の量が落ち着いてきたら、産褥ナプキンから生理用ナプキンにチェンジします。

サイズは昼用だけでなく、夜用の大きなものも用意しておくと良いでしょう。

新生児用の服

新生児は母乳やミルクを吐いてしまうことが多く、1日に何度も着替えさせる場合もあるため、5~6着程度用意しておくと安心です。

出産直後に着せたい服がある場合は、事前に看護師や助産師に渡しておきましょう。

授乳クッション

授乳に慣れない内は、授乳クッションがあると便利です

授乳時以外はママのリラックスアイテムとしても使えます。

生活用品

出産後は5日~2週間程度入院するため、シャンプーやリンス、歯ブラシや歯磨き粉、基礎化粧品などの生活用品も必要です。

また、本やミュージックプレイヤーなどの娯楽品や、耳栓なども用意しておくと良いでしょう。

特に、病院の中は意外とうるさくて、物音に敏感な人は不眠になってしまう場合があります。そんな時は耳栓をすると良く眠れるのでお勧めです。

準備をしっかりしておけば『痛みが来ても準備はしてあるから大丈夫!』という安心感につながります。


出産の不安を和らげるために出来ること

経験者の話を聞く

母親や先輩ママから分娩時のエピソードを聞くことは、『未知の経験』に対する不安を和らげてくれます。

陣痛や分娩の乗り越え方など、具体的な方法を聞いておくと、出産に対するイメージを描きやすくなります。

情報を集める

妊娠・出産情報誌や育児本などから情報を集めることも大切です。

人間は『知らない』ことに対して不安を抱きやすい生き物なので、情報収集は不安の緩和に有効です。

母親教室に参加する

病院や市町村で開催される母親教室に参加するのも、出産の不安を和らげるのには効果的です。

同時期に出産を控えたママたちと気持ちを分かちあい、励ましあうことで、分娩や出産を乗り越えよう!という前向きな思いを持ちやすくなります。


出産時にあると嬉しいお役立ちグッズ!

ストロー

陣痛に耐えている最中は、体を起こすのが大変な時もあるので、横になったままでも水分補給ができるように、ペットボトルにストローをさしておくと便利です。

陣痛や分娩の最中はとても喉が渇くので、あらかじめ準備をしておきましょう。

テニスボール

陣痛中にテニスボールをお尻の穴に押し当てると、痛みが少し楽になるという人が多いようです。

ボールは柔らかいものよりも、しっかりお尻を圧迫してくれる硬めのものの方がお勧めです。

抱き枕

痛みが強い時には何かにしがみつきたい気持ちになります。

そんな時は抱き枕があると助かります。足の間に挟んだり、ぎゅっと抱え込んだりと、様々なシーンで役に立ちます。

ぜひ持参してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存