面白いだけじゃない!?小学校高学年の読書感想文におススメ3冊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

必勝・読書感想文!面白いのは物語だけじゃない!?小学校高学年におススメ3選

dokusyo

小学校高学年 になると、何を読むかは自分で決めることが多いかと思います。

読みたい本を自分で選べる子は、きっと 読書感想文 も難なく書き終えることが出来るでしょうが、たくさん本がありすぎてどれを読んだらいいか選んでいる間にお休みがどんどん減ってしまう!なんて子もたくさんいるはず。

高学年ともなれば、習い事やクラブなどで放課後も忙しいですよね。

そんな子ども達のために、読書感想文におススメな3冊をご紹介。

正統派ファンタジーから、科学の不思議満載の1冊までいろいろ取り揃えています。

ぜひ、参考になさってくださいね。


トモ、ぼくは元気です」 

香坂直/作 講談社

小学校最後の夏休み、ぼくは浪速の商店街にいた。

中学受験を控えた小学6年生の和樹は、障害を抱える兄のトモをめぐって家で問題を起こしてしまいます。

その罰として、夏休みの間大阪の祖父母の癒えに預けられることになったのですが…。

タイプは違えど、障害を持つ子はいまや珍しいことではありません。

それでも、家族だからこそたくさんのことを考えてしまう和樹が、夏休みを過ごす家の向かいに住む双子の姉妹と関わることで少しずつ成長していく姿を描いています。

トモと同じ障害をもつ双子の妹、桃花。彼女を必死に守ろうとするお姉ちゃんの姿を見ながら、和樹は少しずつ変わっていくのです。

けして他人事ではない、実はすごく身近にあるリアル。

読書感想文を書きながら、自分だったらどうだろうと、お休みの時間を使ってじっくりと考えてみるのもいいかもしれません。


ころりん」 

島野公利・小出雅之・宮地祐司/共著 仮説社

世の中には、不思議がたくさん隠れています。謎の大きさには関係なく、知らないことはたくさん。

たとえば、「シーチキンの缶と缶ジュースを坂の上から同時に転がすと、先に下に着くのはどっち?」なんて質問に、貴方は答えられますか?

缶の直径、重さ、中身まで条件を変えながら、ただ実験するだけではなく、こういう理由でこうなるだろうという「仮説」をたてて、実験を繰り返す「ころりん」。

もはや自由研究のような1冊ですが、まさにこれはガリレオの落下実験の再現。

楽しみながら、世の中の謎にも迫れる、科学の読み物。

物語を読むのに飽きちゃった、なんて人は、科学の読み物をたくさん読んで、自分なりの考えをまとめてみるのも楽しいかもしれませんね。


精霊の守り人」 

上橋菜穂子/作 二木真希子/絵 偕成社

ドラマやアニメにもなり、世代を超えてたくさんの人に愛される、まさに正統派ファンタジー「精霊の守り人」。

精霊に卵を産み付けられた皇子チャグムは、父親と魔物の両方から命を狙われてしまいます。

チャグムの母に雇われた女用心棒バルサと、ともにその追っ手から逃れるチャグム。

いつしか彼らは、遠い昔に忘れられてしまった世界の秘密にたどり着くのです…。

「精霊の守り人」は、一時たりとも目が離せない緊張感も物語の大きな魅力ですが、何よりも、物語に出て来る食べ物がどれもこれもとっても美味しそうなんです!

食いしん坊なら、よだれが止まらなくなることうけあい!

おなかが減っているときに読むと大変なことになるかもしれません。

文化人類学を研究する学者でもある作者は、入念なフィールドワークの経験によって各地の伝承や狩りの描写などを生き生きと描ききっています。

命を狙われる旅の中でも、ご飯をしっかり食べながら、生きることに必死で向き合うチャグムの旅は、思わぬ形で進みます。

精霊に卵を産み付けられた子は夏至の日に命を奪われてしまう、そんな運命からチャグムを守ろうと奮闘するバルサ達の旅の終わりはどこに向かうのか。

アニメやドラマをすでに楽しんでいる人も、原作の豊かな世界観に触れてみませんか?


まとめ

面白いだけじゃない!?小学校高学年の読書感想文におススメ3冊
「トモ、ぼくは元気です」
「ころりん」
「精霊の守り人」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ