女の子の七五三、いつどんな風にやるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女の子の七五三、いつどんな風にやるの?

sitigosan--onnnanoko

子どもの成長を年中行事のひとつである 七五三。親にとっても子どもにとっても楽しみなイベントの一つですよね。

でも七五三って一体いつお祝いするのかよくわからないってことはないですか?

女の子 の場合の七五三について紹介します。


七五三ってどういうお祝いなの?

七五三は子どもが3歳・5歳・7歳になった節目の年の11月15日に、地域の氏神様に参拝し、子どもの成長を感謝し今後の健やかな成長を願う行事のことです。

子どもたちは晴れ着に身を包み、千歳飴を持って家族に連れられて神社にお参りし、記念撮影を行うのが一般的です。

子どもの成長を願い、子ども自身にもその自覚を与えるために行い、千歳飴には子どもが元気よく成長し長生きできるようにという願いが込められています。


女の子は七五三、何歳でお祝いするの?

七五三は3歳と5歳と7歳でお祝いするということはわかっても、実際何歳で行うの?と悩んでしまう親御さんも多いんです。

七五三をお祝いする年齢は男のこと女の子で違ってきます。

一般的には男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳と言われています。というのも、それぞれの年齢でお祝いする意味が異なるのです。

3歳:髪置の儀(男女ともに赤ちゃんの時代は剃っていた髪を伸ばし始める儀式)

5歳:袴着の儀(男の子がこの日から袴を着用するようになる儀式)

7歳:帯階の儀(女の子がこの日から子ども用の着物をきるのをやめて、帯を締めるようになる儀式)

満年齢と数えの年齢、どちらで行うのかと悩まれる方もいらっしゃると思いますが、満年齢を使われているケースが多いです。

もちろん地域や各家庭によっては数えで行うところもありますので、ご両親に聞いてみると良いかと思います。

兄や姉に合わせて数えで行ったり満年齢で行ったり、臨機応変に行うケースも多いですよ。

早生まれの場合も同様に、その家庭の都合によって前の年に行ったりその年齢になってから行ったりと様々です。周りに流されずに各家庭の都合に合わせて行ってあげるのが一番ですね。


七五三のお参りの時期はいつ?

もともと七五三は11月15日に行われる行事です。

しかし、現在では必ずしも11月15日ではなく、その前後の土日や家族の都合が合う日や天気の良い日に行うというケースが増えてきています。

雪が降る地域では11月はもう寒くなっているので10月にすませてしまうというケースも多いようです。

子どもの体調などの問題もありますので、11月15日にこだわらずにみんなが元気に揃う日に行うのが一番ですね。


女の子の着物はどういうものを着るの?

七五三の着物は、3歳と7歳では装いが変わってきます。

3歳の場合は、晴れ着の着物に兵児帯を結んで、被布コートと呼ばれる袖なしの上着を羽織らせます。手元には着物にあった巾着をもちます。

お宮参りの着物がある場合は、仕立て直すことによって3歳の着物として使うこともできます。

7歳の場合は、大人の着物とつくりはほぼ同様の振袖を着せ、帯も大人と同じように締めます。手元にはハンドバッグをもちます。

3歳と7歳では基本的には着物は違うものを着せます。

しかし、同じ着物を着せたい場合、着回しできる着物も売ってありますのでそういったものを購入しましょう。

同じものを着ることによって目で見て成長がわかるのが楽しいですね。


おわりに

子どもの成長を祈る七五三。

大人にとっても子どもにとっても特別な日。一緒に2回だけしかありません。

ぜひ家族みんなで集まって、思い出に残る七五三にしましょうね。

みんなで楽しくお祝いしてあげましょう。


まとめ

女の子の七五三、いつどんな風にやるの?
七五三ってどういうお祝いなの?
女の子は七五三、何歳でお祝いするの?
七五三のお参りの時期はいつ?
女の子の着物はどういうものを着るの?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存