七五三(しちごさん)のお祝いとその由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

七五三(しちごさん)のお祝いとその由来

sitigosan-oiwai

10月から11月にかけての秋晴れの気持ちの良い週末は、着物を着た小さな子を連れた家族の姿を神社などでたくさん見かけます。

七五三のお祝い は秋に行われるのが一般的ですが、では七五三の由来とは何なのでしょうか?またどのようなお祝いをしたら良いのでしょうか。


七五三の由来

七五三とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う行事で、3歳の男女、5歳の男子、7歳の女子が11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝うことを言います。

ただ現在では親族が集まるのが難しかったり、神社が混む時期を避けたりということで、10月から11月の週末に行われることが多いようです。

七五三の起源は室町時代と言われ、一般に広まったのは江戸時代からと言われています。

現代のように医療が発達していなかった時代は、飢餓や伝染病などで、新生児から乳幼児の生存率は今ほど高いものではありませんでした。

その時代に3歳まで無事に大きくなってくれることは、大きな喜びでした。

そこで言葉を理解すると言われる3歳、知恵がつくと言われる5歳、永久歯が生えてくると言われる7歳をそれぞれ節目として、それまで子供が無事に育ったことを祝い、これからの健やかな成長を祈願する目的で神社や氏神様にお参りする行事が定着し、それが現在でも七五三と言う行事として残っているのです。

男女のお祝い年齢の違いですが、昔は男子は数え年の3歳と5歳、女子は3歳と7歳でお祝いをしました。

江戸時代には3歳までは髪をそり、3歳でそれを終わらせて髪を伸ばし始めるのが3歳のお祝いの由来です。

男の子の5歳は、江戸時代の男の子の衣服である袴を着始める時期が5歳からということから女の子の7歳は、大人と同じじ幅の広い帯を締め始めるのが7歳からだったためと言われています。

現在では満年齢で男子が5歳(地方によって3歳も行うところもあります)、女子が3歳と7歳でお祝いする事が一般的になっています。

兄弟姉妹がいる場合は、年齢が合えば一緒に行ってもにぎやかで楽しいですね。


七五三で行うこと

七五三を祝う子どもを中心に、家族や親族で集まり、近所にある神社や氏神様をお参りするのが一般的です。

その際に着る着物は昔パパママが着た着物を譲り受けて着ることもあるでしょうし、レンタルショップで着物を借りて当日着る場合もあるでしょう。

着物を着ない場合は、女の子ならワンピース、男の子ならスーツにネクタイなどお祝いごとにふさわしい改まった服装をしましょう。

まず神社に参拝し、七五三の祝詞をあげてもらいます。

祝詞の時間はそんなに長いものではありませんが七五三の時期は祝詞をあげる人数が多く、待たされる場合もあるので、事前予約が出来るか神社に問い合わせ、可能なら予約をしたほうが良いでしょう。

記念の写真を撮りたい場合は、当日写真館に行くことも出来ますが、長時間着物を着たまま過ごす子供は大変です。

特に3才の子の場合は途中でぐずったりすることも考えられるので、写真は七五三とは別の日に撮っておくことが無難でしょう。

写真館などでは七五三の前撮りセットが組まれているので探して先に撮影しておくと便利ですよ。


七五三の日の流れ

七五三当日は着物を着る場合は着付けや準備をしてから神社に集合します。

神社で祝詞をあげてもらい、お参りを済ませたら、その後家族や親族で食事会に出かけるのが一般的です。

七五三プランが設定されているホテルなどもあるので、探してみると良いでしょう。

レストランや近所の食事処を選ぶ場合も、七五三の集まりと言うことを一言告げておくと、広いお部屋を用意してくれる場合もあります。


まとめ

七五三(しちごさん)のお祝いとその由来
七五三の由来
七五三で行うこと
七五三の日の流れ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存