新生児のげっぷをうまく出してあげる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

新生児 のおっぱいやミルクのあとの げっぷ がうまく出せずに悩んでいる新米ママも多いのではないでしょうか。

毎回背中をトントンしてあげてもなかなか出なくて気づいたらかなり長い時間同じ体勢になってしまっているときも。

そこで、スムーズにげっぷを出してあげる方法を紹介します。


スポンサーリンク

新生児のげっぷをうまく出してあげる方法

どうして赤ちゃんにはげっぷが必要なの

赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませたあとは必ずげっぷをしてあげてくださいと言われますよね。

でもどうしてげっぷをさせないといけないのでしょう。

赤ちゃんは母乳やミルクを飲むときに一緒に空気も飲んでしまいます。

そのままにしておくと胃の中に空気が入ったままになってしまい、飲んだ母乳やミルクを一気に吐き出してしまう恐れがあります。

ですので、体内にたまった空気を抜いて吐き戻し防止のためにきちんとげっぷをさせてあげる必要があるのです。

それでは、スムーズにげっぷを出してあげる方法を紹介します。


げっぷが出やすくなる方法①

げっぷの上手な出し方は赤ちゃんの抱き方にあります。

なかなか出ないからといって強くさすったり、力を加える必要はありません。

スムーズなげっぷの方法としては2種類あり、肩にかつぐ方法とママの膝に座らせる方法があります。

まずは肩にかつぐ方法です。

ママはソファに浅めに座ります。

そして赤ちゃんを縦抱きにします。

この際、げっぷと一緒にミルクが出てくることもあるので、肩にガーゼなどをのせておくと安心です。

そして赤ちゃんの胸がママの肩に乗るまでぐっと押し上げます。

片方の手で赤ちゃんのお尻を支え、あと片方で赤ちゃんの腰から背中をとんとんと優しくたたいたりさすったりしてあげてください

げっぷの出やすい角度も赤ちゃんによって異なります。ママの上体の角度を変えて赤ちゃんが出やすい角度をみつけてみましょう。


げっぷが出やすくなる方法②

ママの膝に座らせる方法も紹介します。

赤ちゃんをママの膝の上に座らせて、ママの肩手を赤ちゃんの脇に入れて上半身を起こすようにする方法です。

肩にかつぐにはちょっと重くなってきたというときや、疲れているときにはこちらの方法が楽だというママが多いようです。

その際には、背中を胃のあたりから首の後ろまでをさすってあげてください。

必ず下から上へとたまった空気を押し上げていくイメージで。


もしそれでもげっぷが出なかったら?

色々やってみて、それでもげっぷが出ないことってありますよね。

そういったときはいつまでもしつこくやらずに諦めて寝かせてしまいましょう。

万が一吐いたときには寝がえりのできない新生児では吐いたものがのどに詰まってしまう可能性もあります。

背中に丸めたタオルやクッションを当てて右側を下にして横向きに寝かせてあげれば大丈夫です。

げっぷが出ないのは、飲んだ空気がげっぷではなくおならとしてでてくることもありますし、そもそも空気自体をあまり飲んでいないという可能性もあります。


げっぷはいつまでしてあげたらいいんだろう?

赤ちゃんは数カ月たつと空気を一緒に飲みこまずにミルクを飲むコツを自然にマスターし始めます。

首がすわって寝返りが始まると、お腹の中に空気が入っていても自然と空気が排出されるようになってげっぷをよくなります。

個人差はありますが、4~6か月すれば縦抱っこしてげっぷをしてあげても何も出てこないようになってきます。

げっぷが出ないと悩んでいてもたった数ヶ月だけのこと。

げっぷをしている無防備な可愛い顔を見れるのも少しだけの期間なんです。

深刻に考えず、気を楽にもって子育てしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存