新生児の服を準備するときのサイズの目安について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

新生児 の洋 服 って小さくて可愛らしくて、見ているだけでわくわくしちゃいますよね。

まもなく出産を控えているプレママさんにとっては、もうすぐ生まれてくる我が子にどんなお洋服を着せようか想像が膨らんで、お買い物に行ったらどれもこれも欲しくなっちゃいます。

でも、実際に新生児に着せるにはどの サイズ で何枚ぐらい買ったらいいの?と悩んでしまうことも。

肌着や洋服別に、新生児で使うサイズや枚数、洋服の特徴を紹介します。


新生児の服を準備するときのサイズの目安について

ベビー服のサイズの表示ってどうなっているの?

ベビー服のサイズは、実際に子どもを育てたことがないとなかなかわかりずらいですよね。

また、国内のベビー服と海外のものでは表示も違います。

基本的に、ベビー服はジャストサイズを着せましょう。

ちょっと大きめの方が長く使えると思って大きめを買いがちですが、あまりぶかぶかだと赤ちゃんも動きにくいです。

すぐに大きくなって買い替えになりますが、それも成長の証でわが子が大きくなる喜びですよね。

日本のベビー服は「50」「60」「70」といったようにサイズ表記されています。

赤ちゃんの成長は個人差も大きいので、これは目安ですが新生児は50を着せることが多いです。

大きめ赤ちゃんだと生まれてすぐに50がきついということもありますので、50~60を購入しておくといいですね。

また、海外のものは「3M」「6M」と言ったように月齢で表示されています。

新生児には「3M」を選びましょう。

それでは、新生児期に使う肌着や洋服のそれぞれの特徴とサイズを紹介します。


短肌着・長肌着

短肌着は新生児の基本となる肌着で、着丈が腰ぐらいまでの短いものです。

内側に2本、外側にも2本の紐で打ち合わせをするタイプが一般的です。

季節を問わず使えるため、5枚程度準備しておくのが良いでしょう。

長肌着は短肌着の丈を長くしたもので、足まですっぽりと包んでくれます。

スカート型になっているため、スナップがなくおむつ替えが多い新生児期にはぴったりです。

コンビ肌着でも代用が可能なため短肌着よりも少ない枚数で良いでしょう。

サイズはいずれも50~60です。


コンビ肌着

コンビ肌着とは、長肌着のように丈が長く股の部分をスナップでとめることができるものです。

スナップで止めるため、足の動きが盛んになってくる3か月以降でもはだける心配がなく着せることができます。

長肌着とどちらかを使用するので、枚数は多くは必要ありません。

好みの方を多く買うのもいいですね。

サイズは50~60です。3か月目以降まで使うのであれば最初から60を買うのもオススメです。


ボディ肌着

ボディ肌着とは、股の部分をスナップでとめる肌着です。

頭からかぶせるタイプのものが多く、首がすわるまでは着せにくいので新生児期には前開きのものが使い勝手がいいですね。

月齢が低いうちはあまり使わないので、準備するとしても1~2枚程度で充分です。

サイズは50~60です。


ツーウェイオール

ツーウェイオールとは股下にスナップがあり、とめかたを変えることによってスカート型にもズボン型にもなるウェアです。

おむつ替えが頻繁な新生児期にはドレスタイプの使用ができるので便利です。

動くようになったらズボン型にも変えられるので、1歳ごろまで長く使えます。

3~4枚用意しておきましょう。

サイズは50~60です。


ベビードレス

ベビードレスとは、裾がスカート上になっており、動きが少ない新生児向けのウェア。

性別関係なく男女使えます。

動き出す前の新生児期しか使わないので、1~2枚あれば充分です。

サイズは50~60です。


カバーオール

カバーオールは全身を包むつなぎ服のようなウェアのことです。

袖と裾にゴムが入っており、保温性が高いのも特徴です。

新生児期から、動くようになっても着ることができるので長期間使えるウェアです。

1~2枚準備しておくといいですね。

サイズは50~70です。


ベスト

冬生まれの赤ちゃんに欠かせないアイテムがベストです。

生まれたばかりの新生児は自分で体温調節をすることができません。

ですので、ちょっと肌寒いときなどに活躍するのがベストです。

1枚は準備しておくといいですね。

サイズは50~70の表記のものを選びましょう。


最後に

いかがでしたか。

赤ちゃんの肌着やお洋服、種類が色々ありますよね。

メーカーによって同じサイズでも大きめのものと小さめのものがあります。

出産準備のときに、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ