子宮体がんの症状と早期発見のために出来ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子宮体がんの症状と早期発見のために出来ること

sikyuutaigannsyoujyou

自治体の健康診断などで「子宮がん検診」を行うと、ほとんどの場合子宮頸がんの検診がされます。

しかし子宮頸がんと並んで 子宮体癌 のリスクも年々増えてきています。

子宮体がんとはどのような 症状 を言うのでしょうか。

またそれを発見するために気を付けなければいけないことはあるのでしょうか。


子宮体がんとは

婦人科のガンで最も多いのは子宮がんです。

子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんに分けられます。

子宮体がんは別名子宮内膜がんとも呼ばれ、子宮内膜に発生するがんのことを指します。

女性の体には卵巣から分泌される排卵と子宮内膜が増殖するのを促すエストロゲンと言うホルモンがあります。

子宮体がんはこのエストロゲンの分泌が長期間続くことが原因で発症する場合が多く、月経不順や更年期などで排卵に障害があると、月経時に子宮内膜がうまくはがれず、子宮内でこの子宮内膜がどんどん増え続けてしまいます。

それがある程度の時間の経過とともに子宮体がんへと進行します。

子宮体がんが発見されるのは50才以上に多いと言われていましたが、近年では広い年齢層で増加の傾向が見られます。


子宮体がんになるリスクが高い人

子宮体がんは子宮内膜を再生し、増殖を促すエストロゲンというホルモンの、長期間の分泌による刺激のために起こることが大部分です。

閉経が遅い人、妊娠・出産経験がない人、肥満の人、乳がんのホルモン治療を受けている人、更年期障害の治療を行っている人は子宮体がんにかかるリスクが高いと言えるでしょう。

また近年では食生活の欧米化が進み、肉類や乳製品を使った油分塩分の多い食事が増えていることで、今後欧米諸国の女性と同じように子宮体ガンが増えていくと考えられています。

また、エストロゲンの影響を受けていなくても、子宮体がんになるリスクが高い人としては、高血圧、糖尿病、親や血縁者にがん患者がいる、子宮以外のがんにかかったことがある人などが要因として挙げられます。


初期症状とは

子宮から分泌される「おりもの」には膣内への細菌の侵入や増殖を防いで清潔に保つ働きをしています。

普通閉経後はおりものの分泌が減っていきます。

すると膣内の自浄作用が弱まって細菌に感染しやすくなるのです。

子宮体がんにかかりやすい年代は50才くらいといわれているので、閉経後に不正出血、おりものが増加したり異臭、色の異常などがしたら初期症状が疑われます。

また閉経前であってもおりものの異常や出血が長く続く場合には子宮体がんの可能性もあります。

子宮体がんの初期症状は、子宮内膜に血液や膿が溜まってくることになるため、下腹部が生理痛のように痛むことが多く、ひどい場合は陣痛のような痛みになると言われています。


健康診断の子宮がん検診という名前に注意

自治体などで行われている健康診断の中で、子宮がん検診があります。

毎年子宮がん検診を受けているから、がんのチェックに関しては安心だと思っていられる方もいるかもしれません。

でも通常「子宮がん検診」とは子宮頸がんのほうを指します。これは20代、30代の若い世代に子宮頚がんの発症数が多いため、一般的な健康診断ではこちらが優先されるのです。

検診の仕方も子宮頸がんは子宮内部の細胞を採取するだけで、痛みもほとんどなく、所要時間も短時間で終わります。

これに対して子宮体がんは子宮の奥にある子宮内膜の細胞を採取するので、痛みを感じることもあります。

そして子宮体がん検診は追加で申し込みをしない限り検査はされません。

発症年齢が50代に多いことなどから、40代を迎えたら「子宮がん検診」に子宮頸がんと子宮体がんの両方の検診を受けたいものです。

早めの予防が最良の方法です。


まとめ

子宮体がんの症状と早期発見のために出来ること
子宮体がんとは
子宮体がんになるリスクが高い人
初期症状とは
健康診断の子宮がん検診という名前に注意

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存