子宮筋腫があっても妊娠は可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

子宮筋腫 という病気を耳にしたことはありますか?

大きさは様々ですが、小さいものまで含めると成人女性の4人に1人はあると考えられており、婦人科の腫瘍の中では最も多い疾患だと言われています。

そんな子宮筋腫、自分の体にあると 妊娠 に影響はないのかと心配になる方も多いですよね。妊娠したときに初めて子宮筋腫があると気付くケースも。

妊娠はちゃんと継続できるのかとも不安になる方も多いとか。

子宮筋腫と妊娠の関係について紹介します。


スポンサーリンク

子宮筋腫があっても妊娠は可能?

子宮筋腫って?

子宮筋腫、名前はよく聞くけれど実際にどういったものかご存じですか?

子宮筋腫は子宮の様々な部分にこぶ(腫瘍)ができる病気です。この腫瘍は良性のもので、命を脅かすものではありません

もともと子宮を構成している筋肉由来のもので、大きさは顕微鏡でしか見ることのできないほど小さいものから大きくなると数十センチに及ぶものまで様々です。

また、こぶの数も1個から数個や多いと数十個もできる人もいるほど。

子宮筋腫はできる場所によって症状や妊娠への影響もかわります。

子宮の外側に出来る漿膜下筋腫・子宮の内側にできる粘膜下筋腫・子宮筋腫の筋肉の中にできる筋層内筋腫の3つです。


子宮筋腫の症状はどんなものがあるの?

子宮筋腫があっても、場所によって症状はさまざま。個人差もありますので、全く自覚症状を感じたことがないという方もいます。

症状が出ているかたの代表的なものとしては、月経量の増加と月経痛です。

以前と比べて出血量が増えたりレバー状の血の塊が出てきた要注意です。

そのほかにも、不正出血や腰痛、頻尿や便秘になることも。

いずれにせよ普段とは違う痛みやなんとなく体調がずっと悪いという方は一度病院で見てもらうのがいいですね。


子宮筋腫と不妊の関係は?

子宮筋腫があると聞くと、妊娠しずらいのではないかと心配になってしまいますよね。

子宮筋腫がある場合、不妊症の原因になるものもあれば特に影響のないものもあります。

子宮筋腫ができてしまうと、大きさによっては受精卵が着床するスペースがなくなってしまったり、子宮の内壁が固くなってしまったり凸凹になっているので着床しにくい状態になってしまいます。

また、妊娠しても固くなってしまっている子宮は大きくなりにくいため流産につながってしまうケースもあるのです。


子宮筋腫の治療法は?

不妊症の原因となってしまう子宮筋腫、どのように治療するのが良いのでしょうか?

症状がなかったり、日常生活に支障をきたさなければ筋腫の大きさの経過観察で様子をみます。

筋腫が大きくなったり、症状がひどくなってくると薬物療法や手術療法を行います。

大きさや出来ている場所によって手術療法になるか薬物療法で様子を見るかは様々なのですが、一般的に5センチを超えると手術の目安であると言われています。


子宮筋腫で妊娠・出産は無事にできるの?

子宮筋腫を持ったまま妊娠すると、妊娠継続は無事にできるの?出産は大丈夫なの?と気になりますよね。

もちろん子宮筋腫があるまま無事に妊娠出産を終えている人はたくさんいます。

子宮筋腫の大きさや数によって妊娠に与える影響は変わってきます。

10個以上あったり、直径が5センチ以上ある方はしっかりと病院で管理してもらいながらの出産がいいですね。

子宮筋腫があるとどうしても流産や早産の率が高くなってしまいます。

お腹が張ったり痛みを感じると無理をせずに安静にしてくださいね。

また、子宮筋腫があると帝王切開になるというイメージがありますが、これも場所と大きさ、個数によって変わってきます。

心配なことは担当の先生に尋ねて、少しでも不安を取り除いてから出産に挑んでくださいね。


おわりに

いかがでしたか。

実はとっても身近な病気である子宮筋腫。

全く自覚症状がなくても自分の体にあるという可能性もありますよね。

妊娠希望の方はぜひ一度産婦人科で検査を受けてみるのがおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存