節分の由来と豆まきの豆は何をまくの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

setubunn

節分 は子どもから高齢の方まで、気軽に楽しめる行事ですよね。

「鬼はー外!福はー内!」と言いながら鬼に向かって豆を投げる、という簡単な物ですが、何で鬼に豆を投げるのでしょう。

そして、その豆の種類って何が良いのか知っていますか?

今回は節分の由来や豆についてご説明します。

節分について理解を深めることで、次回の節分からは更に鬼を祓うことが出来るかもしれませんよ?


節分の由来と豆まきの豆は何をまくの?

節分の由来

雑節(ざっせつ)の一つで、元々は「せち分かれ」とも呼ばれていて、季節の変わり目の前日を指す言葉です。

季節の変わり目とは、すなわち立春、立夏、立秋、立冬を差し、江戸時代以降特に立春の前日を「節分」と言うのです。

古来より季節の変わり目には鬼(邪気)が生じると考えられていました。

その為昔からその鬼を追い払うための悪霊払いが行われていたのです。

元来、節分の行事は宮中の年中行事の一つでした。

「延喜式(えんぎしき)」によると、大内裏の各門に赤、青、黄色、白、黒の5色に色付けした土で作った牛と童子の人形を飾るが行われていたとされています。


牛と子どもで鬼払い?

飾られる牛と童子の人形は「土牛童子(どぎゅうどうじ)」と言われています。

大寒の前夜に立てた後、立春の前夜に撤去するのです。

続日本書紀には706年(慶雲3年)文武天皇の世で疫病が流行り多くの人々が無くなった為に、土牛を作って邪気を追い払ったという記述が残っています。

元は中国の礼記(らいき)を参考にしたものだと考えられています。

また童子が牛をひく形でいるのですが、この童子は易で言うと艮(ごん)となり、方角は東北を表しています。

東北は丑寅の方位ですが、丑は12月、寅は1月となり、童子は12月から1月の移り変わりを表しています。

また、丑寅の方位は鬼門と言われ、鬼が出入りする方角と昔から言われていました。

その為、この土牛童子は邪気を吸い取ってくれ、それを捨ててしまえば邪気を払えると考えられていたのです。

文武天皇の世の後、平安時代の頃には上記のような「土牛童子」の形に発展していました。


何で豆をまくの?

豆まきの由来は邪気払いです。魔目とは鬼の目を指し、そこをめがけて豆を投げると魔が滅する、つまり魔滅という意味が込められています。

その為、豆は鬼を払う(邪気払い)の道具でありつつ、鬼そのものとも捉えられていました。

豆まきでは家の外に向かいながら「鬼は外」と言いますよね?

これは邪気(鬼)を払うという意味と、鬼である豆を外に出すという意味があるのです。

いつの頃から豆まきをしていたというはっきりとしたことは分かっていませんが、室町時代頃には炒った豆で鬼を払う行事となっていたとされています。

また1477年(文安4年)に「鬼外福内」と唱えたと、「臥雲日件録(瑞渓周鳳)」に記述があります。


「鬼は外、福は内」だけ?

一般的には豆まきの際に「鬼は外、福は内」と言いますが、地域や寺社によってその言葉が変わります。

例えば、鬼が祭神もしくは神の御遣いとして祀っている神社や方避けの寺社では、「鬼も内」もしくは「鬼は内」と言っています。

また一般家庭でも苗字に「鬼」の漢字が付く家庭や、鬼が付く地名でも「鬼は内」の掛け声の所もあります。


何の豆を使って、誰がまいて、何個食べるの?

毎年何気なく投げている豆ですが、種類はご存知ですか?

豆まきに使用する豆は、大豆(だいず)です。

きちんとお祓いをし炒った豆(炒り豆)を使用します。

豆を炒る理由としては、節分は旧年の厄災を払い捨てるものでもある為に、まいた豆から芽が出ては都合が悪かったためとされています。

現代では子どもがこぞって豆まきをしたり、誰とは決めず一家総出で豆まきをすることも珍しくありません。

しかし、本来は家長である父親や、年男が豆をまいて鬼払いをするものでした。

また何個豆を食べますか?豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べたり、年齢の数より1つ多く食べたりと、地域によって異なるようですが、どちらにせよ撒いた豆を食べることによって一年間無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。


鰯、柊の意味は?

節分というと豆まき以外にも鰯(いわし)や柊(ひいらぎ)を飾りますよね。

一般的には鰯の頭を柊にさして、軒先や戸口にたてておくと鬼払いになると言われています。

鰯も柊も鬼が嫌うものとされていて、鰯は鬼が生臭さや焼いた時に出る煙を嫌うと言われていることから、鬼(邪気)を寄せ付けないとされているのです。

また地域によっては鰯を食べることで、身体の中の鬼を追い払うということから「健康を祈る」としている所もあります。

また柊は、そのトゲが鬼を刺すとされていて、痛い思いをしたくない鬼は家に入れないということです。

この風習は江戸時代頃から一般庶民にも始まったと言われています。


まとめ

節分についてお話ししましたが、いかがでしたか?

「鬼は外、福は内」と言いながら豆まきをし鬼(邪気)を払うだけでなく、一年間の無病息災を祈る行事ということがお分かりいただけたかと思います。

古くから伝わる豆まきを、今後も続けていけたらいいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ