せのびと~るの特徴 おやつ代わりに食べられる栄養補助食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

体操選手やプロのジョッキーを目指すなど特殊な場合を除いて、子どもの身長をせめて平均並みに伸ばしたいと思う保護者は多いのではないでしょうか。

両親の身長から子どもの身長を予測する計算式は、男子=(父親の身長+母親の身長+13)÷2、女子=(父親の身長+母親の身長-13)÷2です。

この予測が必ずしも当たるとは限りませんが、身長は遺伝子の影響を受けるのも事実です。

しかしそれだけが全てではありません。

両親ともに小柄なのにスラリと背の高い子どももいますし、その反対もあります。

兄弟姉妹の中で一人だけ背が高かったり低かったりするのも珍しいことではありません。

子どもの身長は遺伝、食生活、睡眠、環境が相互に作用して決まります。

運動に関しては適度な運動は骨を丈夫にし、成長を促すという説もありますが、過度な運動はかえって成長を妨げるとの意見もあります。


スポンサーリンク

せのびと~るの特徴 おやつ代わりに食べられるチュアブルタイプの栄養補助食品

背を伸ばすために必要な栄養

  • たんぱく質 成長ホルモンはたんぱく質から生成されます。
  • ビタミンD カルシウムの吸収率を高めます。
  • ビタミンK 骨を丈夫にします。
  • カルシウム 丈夫な骨や歯をつくる基になります。
  • マグネシウム カルシウムの吸収と代謝を助けます。
  • リン カルシウムの働きを助け、骨を形成します。
  • 亜鉛 たんぱく質が細胞をつくるのを助けます。成長ホルモンの分泌に関わります。
  • アルギニン 幼少期には体内で十分な量を生成できないため必須アミノ酸となります。
  • バリン 成長促進、筋肉増強の働きがあります。
  • ロイシン 筋肉の強化や肝機能の向上に作用します。体力がなく、疲れやすい人に効果的です。
  • イソロイシン 疲労回復、成長促進に効果的です。

バリン、ロイシン、イソロイシンは構造が似ており、合わせて分岐鎖アミノ酸(BACC)と呼ばれます。

3つのバランスが崩れると体重減少や免疫力の低下などの弊害を招きます。


グングン背が伸びる?せのびと~る


これさえ食べれば背が伸びるといった、決定的な食べ物はありません。

毎日規則正しく食事を摂り、栄養バランスに気をつけることが一番です。

その上で、骨や筋肉の成長に重要な役割を持つ必須アミノ酸をしっかりと摂取することが大切です。

必須アミノ酸は体内で生成できないため食事から摂る必要がありますが、好き嫌いがあったりアレルギーがあったりすると十分な量を摂ることが難しくなります。

しかし、一つ一つの栄養素をサプリメントで補おうとすると、何種類もの錠剤を飲むことになって面倒です。

その点、「せのびと~る」ならアルギニン、BACCのほかに、卵黄から発見されたペプチドたんぱく質のボーンペップ、カルシウムがバランスよく含まれています。

チュアブルタイプなので錠剤を飲むのが苦手な子どもでもおやつ感覚で手軽に食べられますし、味のバリエーションが7種類と豊富なので飽きることがありません。


睡眠と成長の関係

子どもの睡眠時間はこの70年間でおよそ1時間も短くなっており、6~7歳平均8.5時間という統計があります。

諸外国と比べても日本人の睡眠時間は短く、とくに成長期は欧米では9~10.5時間あるのに対し、日本では7~8.5時間と大きな開きがあります。

食生活に大きな差がなくなったにもかかわらず欧米人に比べて日本人が体格的に劣っているのは睡眠時間の短さも一部関係しているといわれています。

また、身長を伸ばすために必要なのは成長ホルモンの分泌ですが、成長ホルモンは最初に訪れるノンレム睡眠(徐波睡眠)で最も多く分泌され、入眠後の3時間がピークですので、このときにしっかりと深い眠りについていることが重要です。

その後はレム睡眠とノンレム睡眠を繰返しながら徐々に覚醒して起床するのですが、午前0時を過ぎると睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量が減少し始め深い眠りにつくのが難しくなってきます。

そのため午前0時以前には入眠から最低でも1.5時間が経過しているのが理想です。

午後10時に寝て午前7時に起きる習慣ができれば成長ホルモンの恩恵を十分に受けることができます。

まさに「寝る子は育つ」です。


AVANTEK ホワイトノイズマシン 20種の癒しサウンド USB給電 オフタイマー機能 快眠グッズ ブラック WN-1B


愛情遮断症候群

虐待やネグレクトなど、愛情を感じられない環境で育った子どもは身体が小さい傾向にあります。

精神面での発達の遅れも見られ、それらを愛情遮断症候群と言います。

十分な愛情を感じると精神が安定し、成長ホルモンの分泌が促されるのです。


子どもの背を伸ばすには

一番重要な栄養については日々の食事から摂るのが基本ですが、小食や偏食、アレルギーなどで十分な栄養を摂ることができない場合もあります。

必要な栄養が不足したままでは肉体的にも精神的にもよくありません。

子どもの食事に何が足りないかは毎回の食事の内容をちゃんと把握していないとわかりません。

常に手作りは無理でも個食や孤食を避け、子どもが何を食べているのかは知っておきましょう。

栄養補助食品はあくまでも補助であることを忘れずに上手に利用するのが効果的です。

成長ホルモンは夜間に多く分泌されますが、睡眠時間が短かったり、眠りが浅かったりすると十分分泌されません。夜更かしをせず良質な睡眠をたっぷりとることが大切です。

バランスのとれた食事、状況に応じた適切な栄養補給、規則正しい生活、愛情のある家庭環境が後天的に身長を伸ばす秘訣です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存