戦争の絵本!戦争について考えさせられる絵本5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

sennsou-ehonn

8月15日は終戦記念日。

戦争 が終わった1945年から幾年もの時が経ちました。

日本では戦争を経験した人たちが少なくなりましたが、まだ世界中のいろいろな場所で戦争やテロが起きています。

ここでは、そんな戦争の悲惨さを忘れずに後世に伝えてくれる 絵本 をご紹介します。


スポンサーリンク

戦争の絵本!戦争について考えさせられる絵本5選

へいわってすてきだね


へいわってすてきだね

2013年6月23日の沖縄慰霊の日に、沖縄全戦没者追悼式で当時6歳だった安里有生くんが朗読する姿が全国で大きな反響を呼んだ「平和の詩

この詩は沖縄県平和祈念資料館主催の「第23回 児童・生徒の平和メッセージ」詩部門で、小学校低学年の部の最優秀賞に選ばれました。

「みんなのこころから、へいわがうまれるんだね。」

有生くんが綴るストレートな言葉が心を揺さぶります。

そんな詩に寄り添うように、長谷川義史さんの描くキャラクターが魅力的。

幼児や小学校低学年の子供にもわかりやすい詩と優しい絵柄で、平和について考えるはじめての絵本にピッタリです。


おとなになれなかった弟たちに…


おとなになれなかった弟たちに…

米倉斉加年が自身の少年時代の戦争経験をもとに綴った絵本です。

「ぼく」が小学4年生だったときに生まれた弟「ヒロユキ」のミルクを盗み飲みしてしまったために、ヒロユキが栄養失調で亡くなってしまうというお話。

当時は日本中が食糧不足で満足するほどごはんが食べられず、甘いものは滅多に食べられなかったことや、親戚に邪険にされた経験やひもじい思いをしたことなどを淡々と綴っています。

子どもを守ろうと必死な母親の姿とミルクを盗み飲みしてしまう少年の罪悪感、戦時中の切迫した状況を思うと涙が止まらなくなることは必至です。

わかりやすい文章で心にすっと入ってくる詩が、より戦争のむごさを際立たせています。

戦争がどんなに辛く悲しいものかを伝えることが出来る1冊です。


せんそうしない


せんそうしない

谷川俊太郎の戦争への思いを言葉にし、江頭路子のやわらかな絵が強い生命力を感じる絵本です。

子どもに戦争を伝えるのはとても難しいですよね。

この絵本は、最小限の言葉で本質を表現しようと試みている1冊です。

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない

きんぎょと きんぎょも せんそうしない

くじらと くじらは せんそうしない

すずめと かもめは せんそうしない

すみれと ひまわり せんそうしない

なぜ人間同士は戦争してしまうのか?

大人が守らなければならないものは、子どもたちの何気ない日常と笑顔だということを強く感じさせてくれます。

大切なことをシンプルに伝えてくれるそんな絵本です。


せかいいちうつくしいぼくの村


せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)

内戦がアフガニスタンを舞台にした絵本です。

すももやさくらんぼ、なしにピスタチオ。

春になって美しい花に包まれた村に住む少年が、戦争へ行ってしまったお兄さんの代わりにお父さんと一緒に町まで果物を売りに行くというお話です。

絵本を読み進めていっても直接的な戦争の悲惨さは描かれていません。

美しい村と戦争中でも明るく力強く生きる人々の様子が綴られ、そのまま物語が終わるのかと思いきや、最後の数行ですべてがひっくり返ります。

衝撃的なラストに平和を願うメッセージを強く感じる1冊です。

こちらは続編として「ぼくの村にサーカスがきた (えほんはともだち)」「せかいいちうつくしい村へかえる (えほんはともだち)」が刊行されています。

ぜひ合わせて読んでみてください。


いわたくんちのおばあちゃん


いわたくんちのおばあちゃん

小学4年生の男の子の仲良しの友達、6年生の「いわたくん」。

いわたくんのお母さんが、「ぼく」と家族の写真を撮ってくれたので、お返しに「ぼく」のお母さんがいわたくんの家族写真を撮ります。

そこにいわたくんのおばあちゃんを誘ったのですが、おばあちゃんはニコニコしながら断るというところから物語が始まります。

いわたくんのおばあちゃんがなぜ一緒に写真を撮らないのか?

それはいわたくんのおばあちゃんが広島原爆に合ったことにあります。

戦争は「過去」の話なのでしょうか?ひょっとしたらこの先の「未来」の話になるかもしれません。

子どもと一緒に読んで考えたくなる絵本です。

いかかでしたか?

今の日本は平和が当たり前になっています。

それでもほんの少し前は日本でも戦争が行われていて、世界ではいまだにたくさんの戦争が起きています。

これからも日本が平和で在り続けるために、世界が平和になるように、絵本をきっかけに子どもと一緒に考えてみませんか?


まとめ

戦争について考えさせられる絵本5選
へいわってすてきだね
おとなになれなかった弟たちに…
せんそうしない
せかいいちうつくしいぼくの村
いわたくんちのおばあちゃん

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存