生理痛で下痢になるのはなぜ?そのメカニズムとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

 

生理痛 はいろいろな症状が出て辛いですよね。

個人差はありますが、多くの女性が生理痛に悩まされていると思います。

その中でも、生理になるとお腹がゆるくなったり、下痢 になったりする症状が表れる人も。

腹痛や下痢は、症状が悪化していけば日常生活にも支障をきたします。

生理ではない時は症状がないという人が多いということは、やはり生理痛が関係していると言えますね。

ここでは、生理痛と下痢のメカニズムを知り、下痢の症状を緩和する方法をご紹介します!


生理痛で下痢になるのはなぜ?そのメカニズムとは!?

生理痛で腹痛・下痢を起こす原因

普段はお腹がゆるいわけでもないのに、生理になるとなぜか下痢になる…。

そんな悩みを持つ女性は多くいます。

腹痛は生理痛の代表的な症状ですよね。

この腹痛を起こす原因の一つに、「プロスタグランジン」という生理活性物質が関係しています。

このプロスタグランジンという物質は、人間の身体の様々な組織や器官に存在しており、女性の体内では生理周期に合わせて分泌されています。

生理中では、このプロスタグランジンが子宮内膜から分泌され、子宮収縮を促します。

それによって、経血をスムーズに体外に出してくれるのです。

しかし、プロスタグランジンには人が痛みを感じるレベルを下げる作用もあるため、痛みを感じる原因になっています。

また、この物質は子宮だけでなく、胃や腸などの内臓も収縮させる作用もあるのです。痛みを感じるレベルが下がっている状態で普段より内臓を収縮させる機能が働くことで、過剰な刺激となり、腹痛や下痢の症状を引き起こしてしまうのです。


生理痛で起こる下痢症状を緩和するには?

辛い生理痛に加えて、お腹がゆるくなってしまうと本当に困りますよね。ただでさえ憂鬱になりがちな生理時期が、より一層不快な状態になってしまいます。

そんな辛い下痢の症状を緩和する方法をご紹介します♪

身体を温める

プロスタグランジンが過剰に分泌してしまう要因なのが「血行不良」です。

腹痛になったとき、カイロや湯たんぽなどをお腹や腰に当てると症状が和らぎませんか?

恥骨周辺には「丹田」と呼ばれるツボがあります。ここを温めることでホルモンのバランスを整える効果があります。

また、おしりの真ん中にある三角形、「仙骨」を温めると「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが分泌され、生理痛を和らげてくれます。

身体の冷えを取り除くことで、プロスタグランジンの過剰分泌を抑えましょう!

お灸や足湯なども冷え取りには効果的です!

今は香りが選べるもの、煙が出ないタイプや火を使わないタイプのお灸もあり、バリエーションが豊富です。

足湯は好きなアロマオイルを垂らして浸かるのがポイントです♪

お気に入りの香りでリラックス出来て、ホルモンバランスの整調に繋がりますよ♪

漢方薬を服用する

漢方薬は身体のバランスを整え、症状を緩和してくれる身体に優しいお薬です。

自然の生薬の効果が腸の動きを正常に戻してくれ、乱れたホルモンバランスも整えてくれます。

ホルモンバランスを整えることで、過剰に分泌したプロスタグランジンを抑制する効果が期待できます。

漢方は本来、時間をかけて根本的に体質を改善していくためのお薬ですが、即効性が期待できるものもあるので、市販薬や病院でもらった薬では体調が悪化した…という方はぜひ試してみてください。


生活習慣を変えて下痢の悪化を防ごう!

生理痛のもとである「プロスタグランジン」の過剰分泌の要因は「ホルモンバランスの乱れ」と「血行不良」です。

暴飲暴食、運動不足、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレスなど、不規則な生活が生理痛を悪化させ、下痢の症状をひどくしている可能性があります。

生活習慣を整えて根本的な身体の改善をしていくことで、生理痛や下痢の症状を改善することが出来ます。

一時的な緩和ケアを行うことも大切ですが、日常生活を見直して血流や代謝を上げていくというのもとても重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ