生理前の腹痛は妊娠初期の知らせかも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

生理前 に 腹痛 を感じるという人は少なくありませんが、場合によっては妊娠初期を知らせるサインの可能性があることをご存知でしょうか。生理前に起きる腹痛の種類や、腹痛を感じた場合の対処方法について詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

生理前の腹痛は妊娠初期の知らせかも?

生理前の腹痛にはどんな種類があるの?

生理前は腹痛だけでなく、さまざまな体調不良を感じやすい時期です。中には、体調不良になることで「そろそろ生理が来るな」と分かる人もいるほどです。大半の女性にとって、生理前はとても憂鬱な時期といえます。

そして、生理前の体調不良の中でも、よく見られる症状の1つが腹痛です。生理前の腹痛には、特に心配がいらないものから、病気が原因で引き起こされるもの、そして妊娠を知らせるものまで、色々な種類があります。

それでは、生理前の腹痛から考えられる主な原因について見ていきましょう。

月経前症候群による腹痛

まず、生理前の腹痛で真っ先に挙げられるのが、月経前症候群(PMS)による腹痛です。月経前症候群とは、排卵日から生理までの約2週間に現れる様々な精神的、身体的症状の総称です。中でも腹痛は、月経前症候群の代表的な症状の1つとされています。

下腹部に鈍い痛みがある、なんとなく重だるい感じがするなど、症状の現れ方は人それぞれですが、月経前症候群による腹痛で共通しているのは「生理が始まると痛みが消失する(軽くなる)」という点です。つまり、生理前に腹痛があっても、生理の開始と共に症状が治まるようであれば、月経前症候群による腹痛と考えて良いでしょう。

便秘による腹痛

便秘による腹痛も、生理前の腹痛の原因としてはよくあるものの1つです。排卵日から生理にかけて分泌量が増加する女性ホルモン「プロゲステロン」には、体に水分を溜め込みやすくする、胃腸の働きを鈍くするといった作用があります。

このプロゲステロンの作用によって、生理前は便秘がちになるという女性も少なくありません。つまり、プロゲステロンが原因の便秘によって、生理前に腹痛を起こすケースも多いのです。

病気による腹痛

次に、生理前の腹痛で心配なのが、子宮や卵巣の病気による腹痛です。子宮筋腫、子宮頚がん、子宮体がん、卵巣嚢腫、卵巣がんなど、腹痛を引き起こす女性器の病気はたくさんあります。生理が始まった後も腹痛が続くようであれば、これらの病気が原因となっている可能性もあるため、産婦人科で検査を受けることをおすすめします。

また、病気による腹痛の場合は、腹痛以外に不正出血、おりものの変化、腹部の膨満感など何らかの症状が見られるケースが多いとされています。そのような症状が見られる時は、できるだけ早めに病院を受診するようにしましょう。

妊娠初期の着床痛

生理前の腹痛だと思っていたら、妊娠初期の着床痛だったというケースもあります。着床痛とは、受精卵が子宮内膜に着床する際に生じる痛みで、少量の出血を伴うこともあります(着床出血)。

実際に着床痛を感じたという人の体験談を見てみると、チクチクした痛み、キューっとした痛み、引っ張られるような痛みなど、痛み方は人それぞれのようです。ただし、着床痛は医学的には立証されておらず、あくまでも俗説であると考えられています。

着床痛はなかったけれど妊娠していたという人も多く、すべての人に着床痛が起こるわけでないということを、あらかじめ理解しておきましょう。


いつもと違う腹痛を感じたらどうすればいいの?

それでは、妊娠の可能性があり、生理前にいつもと違う腹痛を感じた場合はどうすればいいのでしょう? 主な対策についてご紹介します。

市販の妊娠検査薬を使ってみる

生理前にいつもと違う腹痛があり、さらには生理が予定日より遅れている、高温期が続いているなどの症状が見られる場合は、妊娠している可能性があります。「もしかして?」と思った時は、市販の妊娠検査薬を使ってみると良いでしょう。

妊娠検査薬はドラックストアなどで手軽に購入できます。ここで注意をしなければいけないのは、妊娠検査薬の結果は100%ではないという点です。

腹痛の原因を確実に突き止めるためには、産婦人科の受診が必要です。

妊娠検査薬で陽性の反応が出た時はもちろんのこと、検査薬の結果は陰性だけど腹痛が続く場合、不正出血などの症状が見られる場合も、念のため専門医の診察を受けるようにしましょう。

・病院を受診する

先にも述べたように、いつもと違う腹痛を感じた場合、最も優先的に行うべきなのは病院を受診することです。

生理前の腹痛には、妊娠初期の着床痛の他に、月経前症候群や便秘、そして子宮や卵巣の病気によるものも考えられます。

繰り返しになりますが、どのような原因で腹痛が起きているのかを確かめるためにも、いつもと違う痛みを感じたり、痛みが長引く時は病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存